STORYS.JP

大島 亜紀

大島 亜紀の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

大島 亜紀の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Ken Zhao
550
16

ここが変だよ日本企業

全然おなじみではありませんが 日本語が通じないド田舎で生まれた猿が、気がついたら東京でニートになっていた話 を書いた中国人のkenと申します。 数カ月ぶりの更新のような気がするのですが、何事もなかったかのように、しれっと予め設定していたストーリーについて、更新します。 今回、本来のタイトルは「日本企業と中国企業の違い」というタイトルでしたが、どう考えても比べられるものではありませんでした。 なので、
Kuribara Kao
441
12

定時制卒が帝六の博士さまに娶られた話 その2 ~純朴と真面目と偽りのマッチングシート〜

  その1で結婚相談所に入った私ですがその時29歳。  考えてみると定時制高校を卒業して丸10年です。その間におつきあいした人は全くおりません(笑) 2年フリーター、5年学校、3年勤務のその間は今思うと嵐のように忙しく、恋がしたいと思ってもそんな時間も心の余裕もなかったのでした(笑) 唯一おつきあいと呼べるのは高校時代3か月だけ清く正しい高校生らしい(笑)お付き合いした元彼くらいでしょうか?    
Kuribara Kao
1549
17

婚活してみて分かった大切なこと3つ 

 皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?  我が家はこのゴールデンウィーク中にx年目の「入籍記念日」を迎えました(もちろんであった記念日と結婚記念日は別にある←笑)  数年前のこの日に婚姻届を出したのだな~と思うと感慨も深く、同時に「1年持ったら御の字だわw」という夢のなさではじまったこの結婚生活。  以外にも長く続き、今でも仲良く暮らしています。  私と私の親族以外(笑)の周囲は「この
溝部 拓郎
74
1

スマートフォン版開発

Webのスマホ版開発 プロジェクトチームで、新規企画の開発をしていく中で、私はそのスマートフォン版の開発を担当しました。 スピード感を最優先されたので、細部のクオリティよりもまずは全体が正確に動作し、スマートフォンで閲覧しやすくすることを目的に掲げました。 Androidの特殊機種バグ 当時はスマートフォン版の作成の仕方もまだ統一されておらず、幾つかのサイトの構成の仕方を参考にしながら、iPhone
溝部 拓郎
1895
42

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話

爆速で成長していた、ベンチャー企業ピクシブ 面接の時の話はこちら=> ピクシブに入るときの話 そんな訳で、ピクシブでアルバイトとして働くこととなった私は、初出勤の日を迎えた。 (↑ピクシブのユニークなオフィス) ほぼ何も分からず始まった開発 プログラミングスキルはほぼ無く、やることも決まっていなかった私は、早速開発の統括をしていたCTOの青木さんからの指示を仰いだ。 私 青木さん、何をすれば良いです
堺 崇行
43
1

私立文系出身のド文系人間が、最先端の理系学会で発表する話。

文系•理系ってどうして僕ら人間はこうも比べたがるのでしょう? 僕はもともと数学が得意ではなかったので文系人間だと思ってきました。 中学校の時にそれは確信に変わります。学校で受けた適性診断では、理系文系や職業の適性の判定があったのですが、そこで自己評価の点数を上回って、あなたは文系ですと言われてしまったからです。 うちの中学•高校は元々工業高校がルーツなので、文系は理系より下にあります。いわんや私立文
Has gods Emma
48

なぜ、ここにいるのか。

なぜ自分がいまnyにいるのか。 日本でメイクやっててまだ駆け出しなんですが、NYでやってみたくて来ました。 とまぁ、NYらしい理由を語ってみる。 それも一つはある。だけど、本当は違う。それは、まぁただの世間体っていうか、そんなかんじ。 2013年の冬。当時付きあっていた彼氏が自殺した。 それまで、長い事DVをされていて、友達と会えない。仕事にも行かせてもらえず貯金も底をつき始めていた。 本当にしねか
Has gods Emma
40
2

ny life

このストーリーは主に愚痴?やりきれない思いを書いていくと思います。 23歳で単身NY渡米。 帰国予定なし。金なし、人脈なし、英語力なし。そんなあたしが苦しくもなんとかいろんなやり方をみつけては失敗しての繰り返しでやっと一年経ちました。 NYLIFE?ただ、ただ苦しいです。 悔しくて、辛くて逃げ場もない。 お母さんの料理食べたい。 おしゃれしてカラオケ、クラブ行きたい。。。そんな風に考えながらただただ
中山 祐次郎
6823
44

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA
富田 来夢
173
1

離婚から学んだ5つのこと。~消えた新郎、決意した花嫁~【前編】

永遠の愛を誓い、一生を共にすると決意するはずの結婚式。 しかし、花嫁だった私は笑顔の裏で「離婚」を決意したのであった。 この話は、結婚式からわずか2か月後に別居し、その4か月後に離婚した経験を自戒を込めて振り返ったものである。 あくまで私の個人的な見解の話として、お楽しみいただきたい。 ストーリーは3部構成となっている。 <前編>元夫との出会いと同棲 <中編>マリッジブルー?そして結婚式へ <後編>

書きかけのストーリー

大島 亜紀さんの書きかけのストーリーはありません

大島 亜紀さんにもっと聞きたい話リクエストする

|