STORYS.JP

Omura Kaori Shanti

Omura Kaori Shantiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Omura Kaori Shantiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

渡邊 真紀
29
2

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<6章>

「心拍数」 価値を上げていく。 とはいえ、カリスマを目指そうとか、チョコレート業界の重鎮に下剋上を仕掛けるわけじゃない。 世界に名前を轟かせているパティシエ、ショコラティエに挑むつもりでローチョコレートを始めたわけではないからだ。 妹がローチョコレートにのめりこんだのは ・自閉症の自分の息子にとって、よい食材だった ・アレルギーの子供たちが食べられるチョコレートを作りたかった ・自分自身のチョコレー
アルバート 伊藤
17
1

南の島の英語が僕を潰し、僕を活かせた話 -活かせた編-

この話はある日突然英語が共通語の島で暮らし始めた「僕と英語」との役27年間の葛藤の話です。 今、「英語」に関してなんらかのモヤモヤを持たれている人ならば何がしらヒントになる答えがあるかもしれません。 [振り替える僕と英語 パート①] ● 全く英語ができない僕は8歳のある日、南の島に引っ越します。 ● 8歳ながら英語は一生無理だと思いつつ、小中高を南の島で卒業。 ● 帰国後大学進学、西洋人に英語の発音
只石 昌幸
1427
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
水田 くるみ えだまめ
465
14

女の子の可愛いは、女の子にしか作れない。私がカメラマンになった理由

モデル: micha えだまめ 「インターネットにいるカメラマンって、女の子を廃墟とか路地裏とか、暗いところで撮っているのが多いよね」 友人 「みんなセーラー服を着て、悲しそうな顔で、露出をしたりしている」 インターネットの闇 そんな話をしたのは、今年の4月頃だったと思う。 私はインターネット、特にツイッター、さらに言うとサブカルが大好きで、いつもパソコンにかじりついていた。 その中でも特に「被写体
馬場 峻樹
963
24

ダメバンドマンの人生がMac一台で180度変わった話 ③ 完結

Appleの製品はご存知の通り、美しい。 化粧箱まで美しい。 ロックをやっていた僕には、ロックスター的な先輩がたくさんいた。彼らが口癖のように言っていた言葉がある。 ロックスター先輩 ハッタリかましながら成長しろ ロックスター先輩 セクシーじゃないやつは出しゃばるな 編集 おつむのアレなシュンキは都合よく受け取っていたので、自分がイケテルと思うならそれを信じろ!という美しい言葉だと思っていた。(今も
重田 大吾
723
9

自信喪失のヒョロガリ体型、うつ病介護士だった俺がたった半年でカルフォルニアボディビル王者になった話

僕に残された道は、2つに1つだった。 1つは、死ぬか。 もう1つは、脱ぐか。 意味がわからないと思う。だけど、当時の僕にはその2つしか選択肢がなかった。 何度か、自殺を試みた。 どうやったら苦しまずに死ねるだろう?と自殺サイトを徘徊しては、 「やっぱり俺には死ぬ勇気すらない・・・」 と自己嫌悪に陥る毎日。 当時の写真が奇跡的に残っていたので公開しておこう。 ああ、自分で見ても本当にやばい顔をしている
麻丘 亜希
1119
12

海外ノマドな姉が、引きこもり4年目の弟を芥川賞作家にしようとする話

私は現在、起業4年目です。 自分でデザインしたエプロンを、ネットショップで販売しています。 ショップ運営の他には起業支援、時間と場所にとらわれない働き方を目指す「海外ノマド倶楽部」のディレクター(運営)をしています。 基本はどこでも仕事が出来るので、国内外を問わず気分や気候に合わせてふらっと出かけています。 午前中は仕事、午後は観光。 30歳、まさに 独身貴族です。 そんな私には、引きこもりの弟がい
大塚 れな
76

天と地の間を生きて*現実とスピリチュアルというふたつの世界を生きていく苦しみと喜び【5】最終回

私は、病院の診察室に入ってから、不安と恐怖がマックスになっていて、 巨大に膨れ上がった恐怖に押し潰されそうになっていた。 涙が止まらなかった。 私は、小さな子どものように泣いた。 「こんにちは。大変だったんだね。 落ち着いたらでいいから、ゆっくりお話きかせてね。」と先生は言った。 ちいさな子どもをあやすように・・・。 私の嗚咽が収まるまで、看護師さんが背中をさすってくれた。 先生は、ただただ待ってい
大塚 れな
129

自閉症スペクトラムの私が生きる世界(2)

私が、パニックになるのは、自分の思っていることが、うまく伝えられないからです。 そのことで、大切な人に、嫌われるかもしれないと思うからです。 なにか、悪いことをしてしまったような気になるからです。 押し寄せる不安と恐怖に押しつぶされるように感じるからです。 疲れてしまった時も、自分の身体の状態や、疲れたことがわからず、パニックになります。 いつも、出かけるときは大変でした。 まず、靴をはくことが苦痛
Riney James
423
9

私が何故STORYS.JPを作ったか。

私の 父 は、旅人でした。 旅人と言っても、単なる旅行好きという意味ではなく、普通の人は中々経験しないような未知の出来事に積極的に飛び込んでいくという意味で、本当の意味での旅人でした。 父親は、私が幼い頃から世界中で遭遇した様々なストーリーを話してくれました。 大学時代にアメリカ中部からフロリダまでヒッチハイクをした話、アラスカまで車で友達とドライブして、アラスカの鉄道で働いた話…。 何度も何度も

書きかけのストーリー

Omura Kaori Shantiさんの書きかけのストーリーはありません

Omura Kaori Shantiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|