STORYS.JP

田中 裕一郎

田中 裕一郎の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

田中 裕一郎の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

吉田 勇気
3719
20

ヤクザに殴られてから刑事訴訟をするまで私のしたこと

皆さん、ヤクザ怖いですか? 私もこのようなことになるまで怖かったです。 ええ、過去形です 。私の体験談を共有することで皆さんの恐怖が軽減できればと思います。 無知だとなすすべもない 西暦2000年の話 です。私は当時二十歳、すすきののカラオケ店に勤務しておりました。16時くらいから3人組の男の受付をしたところ、しばらくして別の部屋からクレームが入りました。いわく「勝手に部屋に入ってきて一緒に歌おう
笠井 レオ
3297
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Funamizu Mac
519
2

デザイナーの役割

自分は英語講師の後デザイナーになり、2年ほどしてからある銀行のインハウスデザイナーとして温々と5年ほど過ごした後、フリーランスでデザイナーをしていました。フリーランスは自分自信が会社なので、デザインのスキル以外に学ぶ点が非常に多く、同時にデザイナーとしても数多くの同業者の中で選ばれ、生き残っていく術を身につけることができました。おかげさまでヨーロッパと北米では少し著名になり、名指しでプロジェクトに呼
Osaki Kotaro
158
4

ミスターマリックとなぜ僕が戦うことになったのか(第二章 ~蹉跌~)

そんな数奇な運命の糸(意図)に手繰りよされた出会い。それがマリックさんとの出会いであった。 僕は、子供の頃に劇団ひまわりに通っていた持ち前の演技力を発揮し、鼓動が聞こえるほど心の中では大きな動揺をしていたが、全く同様をするそぶりを見せず無表情を装った。 「あんた誰?」顔である。 しかしながら、そこは百戦錬磨なマリックさん、僕の一瞬の顔のひきつりを見逃さなかった。 その証拠に僕がイリュージョニストであ
Konishi Yusuke
880
5

システムを速度改善して1時間の処理を10分に短縮したら怒られた話

パッケージベンダーのエンジニアとして配属された僕は、とある機能の速度改善を任された。当時開発経験0・Javaってなに?状態だった僕。事の大きさもわからないのでとりあえず全力でやるかと思い、とにかく勉強して改善することにした。 結果、二度と忘れられない得難き経験をすることになったわけである。 「遅いからいい感じにしといて」と言われ、とにかくやってみた 遅かったのは、月に1回自動実行されるバッチだった。

書きかけのストーリー

田中 裕一郎さんにもっと聞きたい話リクエストする

|