STORYS.JP

美月 ゆう

◆1978年栃木県日光市出身 / 千葉県在住
幼少期より「自分は愛される価値も生きる価値もない人間」と思い込み、居場所を求め続け放浪。25歳で妊娠、未婚の母となる。いくつもの出逢いと体験を経て、‘愛を試し、確認し続ける人生’ から ‘自ら、ひとを愛し尊ぶ人生’ へシフト。『自分らしく人生を愉しみ、遊び、分かち合い、まるごと味わう』をテーマに個人セッションを行なうほか、世界の美しさ・人・もの・自然とのつながりを発見し居場所をともに創る場として【つながり発見の旅プロジェクト】を企画。2012年南三陸、2014年奥多摩実施。
一児の母・ステップファミリー。

心から望むこと
誰もが「生まれてきてよかった!」と心の底から笑いあえる世界♡

ストーリーをリクエストする

美月 ゆうの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

只石 昌幸
2866
14

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

今、振り返っても・・一番辛くて、一番カネもなく、一番人生に投げやりだった頃に、彼女と出逢った 人生、 こんなはずじゃなかった・・・ 大学だって六大学に入れたし、就職は氷河期と言われる時代に第一希望の超優良企業である一部上場企業に入って、あれほど迷惑をかけてしまった両親に最高の親孝行をしたつもりでいた。 おかしいぞ。 「勉強して、良い会社に入社できたら、人生に勝てる」と教わったはずなのに・・・ 親や社
野本 愛
276
17

CMで有名なSoftBankのお父さん犬のiPhoneケースをデコレーションしたら、孫社長のTwitterでリプライされた話

私は2年半ほど前から、下絵を作りスワロフスキーのストーンを使って スマホのケースにデコレーションを施す仕事をしている。 お世話になっている方の誕生日に手作りのものをプレゼントしたくて 独学で始めたのを切欠に、全国各地から注文が来るようになった。 当時付き合っていた彼にも日頃の感謝も込めてデコスマホケースをプレゼントしたいと思った。 彼はそこまでキラキラに興味はなさそうだったが、 会えない日も毎日スマ

書きかけのストーリー

美月 ゆうさんにもっと聞きたい話リクエストする

|