STORYS.JP

金子 瑞恵

職業:金子瑞恵(旧姓 山下瑞恵)
東京志ん宿生まれ
現在 千葉県勝浦市在住

『バカでいられる自分を取り戻す学校』SOB創始者
自身の裏側を直視する体験を基にしたメンタルセッションにより
この世の表裏一体を多くの方々が肚に落とす
http://r.goope.jp/verita

ストーリーをリクエストする

金子 瑞恵の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

金子 瑞恵
722
4

50年生きてみて

1966年8月28日 新宿歌舞伎町の ラブホテル街の一角にあった病院で 生まれました 血液型 O型 算命学のことは詳しくわかりませんが ド真ん中に「調舒星」というのを持っているそうです メンドクサい象徴 のような星らしいです(笑) 両手に K(空気)Y(読めない)線を持ってます 左手に 仏眼があります 父の死後 明らかにされますが 母ひとり 子ひとりの環境で育ちました キリスト教の私立の幼稚園に通っ
大貫 恵
10837
131

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
taro kotori
1123
46

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

前回のお話では、私の生い立ちについて簡単に触れました。 その後、両親だけでなく、私の人生も上手くいかなくなっていました。 大学進学のために、家を出たものの、3年のときに、中退してしまいました。 外側の言い訳は、 「父親がリストラされたから家計の負担を減らすため。あと、このまま大学に残っても別に得るものもないだろうし。」 というような、かっこつけた理由を付けていました。 しかし、ホントのところの中退の
只石 昌幸
1332
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の

書きかけのストーリー

金子 瑞恵さんにもっと聞きたい話リクエストする

|