STORYS.JP

菊谷 光幸

さあ行きます!

前例がなければ前例を作る。

世間は甘くないから面白い。甘けりゃつまらん。
一般的に言われている逆境とか不遇とか、しょせんは心の持ちよう。
諦めなければ「失敗」ということなどはない。

著書「ニュー・アース」からの言葉、「抵抗せず 判断せず 執着せず」が好きです。

自分で判断する、できる事柄などしょせんは知れている。もっともっと大きな「何か」があるような気がするんだよな。

‥‥ということで、こんなちゃらんぽらんなオッサンですが、よろしくです!

ストーリーをリクエストする

菊谷 光幸の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Handa Naoto
50579
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
只石 昌幸
2867
14

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

今、振り返っても・・一番辛くて、一番カネもなく、一番人生に投げやりだった頃に、彼女と出逢った 人生、 こんなはずじゃなかった・・・ 大学だって六大学に入れたし、就職は氷河期と言われる時代に第一希望の超優良企業である一部上場企業に入って、あれほど迷惑をかけてしまった両親に最高の親孝行をしたつもりでいた。 おかしいぞ。 「勉強して、良い会社に入社できたら、人生に勝てる」と教わったはずなのに・・・ 親や社
只石 昌幸
1423
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
清田 豊
573
1

マルチ商法に関わってた時の事と今。

最初はアムウェイでした。 声優目指してる時に誘われたんですが、未成年だった為登録には到りませんでした。 ただ、そこには夢を語り、すごく輝いて見える大人達がいました。 まあ・・・、三十路も過ぎればそれがどんなものだったのかは言うまでもないのですが、 夢も希望もそれなりに明るく持っていた19歳には、新鮮では済まされない世界でしたが、 未成年ということで取りこぼした夢のカケラだったのです。 それから3年を

書きかけのストーリー

菊谷 光幸さんの書きかけのストーリーはありません

菊谷 光幸さんにもっと聞きたい話リクエストする

|