STORYS.JP

渡辺 匡章

乗り遅れまいと始めてみました。

ストーリーをリクエストする

渡辺 匡章の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kuribara Kao
618
20

若年性脳梗塞になってみた  その8(終) ~ 小さくなったって末広がれば大きな幸せ ~

 一晩たってみると親に言われた言葉を真に受けた自分が恥ずかしくなってきました(笑)  第一今の自分の家族は誰でもない、夫です。両親や姉は夫の次の人。  そんな人の言葉に惑わされ、自分が生きる価値があるかどうかなんて考えるなんて恥ずかしいたりゃありゃしない!(笑)  第一それを決めるのは自分自身なのにね。  まあそれが血族ゆえの想いというか呪いというか・・・難しい心であることに違いはありませんでしょう
Suzuki Takuya
17957
169

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
荒牧 国晴
587
7

東大法卒32歳が何も考えずに起業して1年経った結果

何も考えずに仕事を辞めました。 仕事を辞めるとき、普通だったらなんらかの準備をしておくもの。 私の場合、「“いま”の自分を変えたい」想いが強かった。 だから、何も“先のこと”を考えず、仕事を辞めました。 安定した職をなげうち、 自分の足で立ってみようと決意してからの1年間を 振り返りたいと思います。 ●なんでもできると思っていた1ヶ月目 「こんなこといいな できたらいいな」 スタートは、まるでドラえ
荒木 賢二郎
2903
19

10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに参加した話

グルメアプリTERIYAKI主催イベントの話になります  iPhoneアプリ   Androidアプリ みなさんは堀江貴文さんをご存知でしょうか? 以前はホリエモンと呼ばれ、ITバブルの寵児としてヒルズ族の象徴だったあの堀江貴文さんのことです。近鉄バッファーローズ買収提案からのプロ野球参入争い(結局楽天が参入)、広島6区での衆議院議員選挙出馬、ニッポン放送株買い集めからのフジテレビとの提携。 …から
大貫 恵
10635
130

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
寳槻 泰伸
27912
93

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
堀口 悠冴
5486
1

ブラック会社の最高経営責任者になった。4回目

ここで簡単にうちの事業内容と歴史について軽く振り返る。我が社は創業25年。26年目において先代から私に事業継承を行った。事業内容は電気通信業。 携帯電話基地局の建設。地上デジタル放送受信設備の構築。光ファイバーの敷設。集合住宅における高速インターネット回線の構築といった内容である。稀に新設トンネルのなかに非常用のラジオ放送設備を受信する基地を建設する工事や警察や消防用の緊急無線の設備構築も行うことも
池森 裕毅
1054
47

ダメ人間が逆転サヨナラ満塁ホームランを打った後、金に溺れたストーリー

はじめまして、池森と申します。 これは僕が高校を卒業し大学を中退した後、起業して成功し、それからの凋落までを描いたストーリーです。 あまり大したお話ではありませんが、良かったらご覧ください。 高校生までの僕は、勉強が大嫌いでただ騒いでるだけの人間でした。 どこの学校にもいるような、体育祭の時だけヒーローになれる、そんな類です。 授業中は寝てるか、本読んでるか、騒いでるか。 部活はずっとサッカー部でフ
Takai Rei
538
18

母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑭ エピローグ 完結編

エピローグ・4(2003年9月12日~20日) とても大切なこと 家を引き払う日、それまで沢山の物や家具があったのがうそのように部屋はがらんとしてた。 とてもシンプルで広かった。 もうここに戻ることはないのかと思いながら、家に対して 「今までお世話になりました。ありがとうございました」 って気持ちになった。 深々とお辞儀をして、玄関から出た。 本当に俺も母もずいぶん世話になった。 本当に今までありが
Sayuri Sugawara
2348
35

メジャーアーティストを辞めました。メジャーデビューから、インディーズデビューをもくろむ話。

はじめまして。 菅原紗由理といいます。 私は2009年、19歳のときに FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT から、歌手としてメジャーデビューし、活動してきました。 そんな私ですが、2013年11月某日、 メジャーアーティストを辞めました。 幼い頃から、ずっとずっと夢だった憧れの舞台を飛び降りて、まっさらな「インディーズ」の状態から、すべてをスタートさせます。 メジャーアーティス

書きかけのストーリー

渡辺 匡章さんの書きかけのストーリーはありません

渡辺 匡章さんにもっと聞きたい話リクエストする

|