STORYS.JP

千田 悠華

千田 悠華の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

千田 悠華の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

川本 和
428
5

英語が嫌いで苦手だった僕が高校でTOEFL iTPのスコアを147上げて、日本の大学の推薦を蹴りイギリスの大学に進学する話

僕は今年の秋から、イギリスのサウサンプトン大学に進学します。 サウサンプトン大学は世界ランキング100位以内に入ったこともある「イギリスのトップ校」 そんな大学に、京都の私立高校から直接進学します。 もちろん、入学には英語力も必要でした。 今でこそ「英語は得意!」と言えますが、高校当初はぜんぜん。 むしろ英語が大の苦手 ちなみに目安としてだしたTOEFL iTPですが、当初は380。これは 英語を知
本間 佑史子
254

今のわたしは28才社長みならい。大学時代は社会人みならい。

前編でははしょりながらも高校時代のわたしの一部を紹介。 これからは大学生活後半について書こうと思う。 前編でも書いた通り、親孝行も含めて外大の英米学科へ進学。 家から電車で五分のその大学に通う事に決めたわけだが。 再度1から英語を学び直すモチベーションがあがらず。 1〜2年で必須科目のみ24単位を取得し、たった24単位しか持たずに 大学3年生に進学してしまった(逆にダブればよかったのにと今なら思える
阿部 真人
29

私が夢に見た10年後の横浜・・・正夢であって欲しくない・・・

私、一般社団法人の役員、50歳、現在世直し事業を進める。少子高齢化の進む日本の身の丈に合った社会改革の推進だ。 そのワタクシが今年1月心不全で倒れた。救急車で搬送先の病院で見た夢だ。 2025年、何故か舞台は横浜線鴨居駅。横浜線電車を降りる際、何事も普通だった。鴨居といえばパナソニック、ららぽーとなどが有り若い人達に溢れている。その駅に降り立った。 何かおかしい。まず若い人たちがいない。女子高生、買
阿部 真人
108

45歳でゼロから中国へ渡り、HSK6級を1年で取得した

第二外国語をマスターする秘訣 日本の学校でしこたま勉強した英語と違い、他国の外国語をマスターするというのは至難の業ですよね?ここでは私が最低限の中国語の知識を持って中国上海へ行き、1年でHSK6級を取得したストーリーを書きます。 日本では中国語検定3級をまぐれで受かり、それ以外はほとんど勉強しておらずヒアリングは壊滅的という状態でした。中国上海にわたり、現地の言葉がまったくわからない。(方言や上海語
Azuma Y
946
13

どうしたら、ビバリーヒルズに住めるのか?ビバリーヒルズの住民にインタビューした。

気付いたら、ビバリーヒルズに住む富豪のメルセデス・ベンツに座っていた。 この記事は、自分のブログに転載いたしました。 下記リンクがその記事になります。 よろしければ、下記から読んでみてください。 「Be Excited」 人が面白がってくれるコンテンツを発信していきたい。 記事はこちら
Riney James
414
9

私が何故STORYS.JPを作ったか。

私の 父 は、旅人でした。 旅人と言っても、単なる旅行好きという意味ではなく、普通の人は中々経験しないような未知の出来事に積極的に飛び込んでいくという意味で、本当の意味での旅人でした。 父親は、私が幼い頃から世界中で遭遇した様々なストーリーを話してくれました。 大学時代にアメリカ中部からフロリダまでヒッチハイクをした話、アラスカまで車で友達とドライブして、アラスカの鉄道で働いた話…。 何度も何度も
小泉 憲一
518
6

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

数年前のある夏の日、1通の手紙が届きました。 30度を超えた、めちゃくちゃ暑い日だったけど、 クーラーがキライだった私は窓を全開にして パソコンに向かって仕事をしていました。 郵便やさんがポストに郵便物を入れた音がしたので、 汗を拭きながらトントンと階段を降りて、 冷凍庫から取り出したアイスをくわえながら、 郵便物を取りに行きました。 ポストに入っていたその手紙を見て、 心臓が止まりそうになりました
Suzuki Nana
10966
32

やくざを泣かせた5歳の息子の話

こころ を すまして みてごらん はな は はな として うつくしく あなた は あなた として うつくしい ただ それだけのこと が いとおしい あれは暑い夏の日のお昼過ぎ・・・ いつものように、2歳の娘を連れて息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。 「アイスクリーム、食べようか?」 暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、アイスクリームを食べることにした。 そんな日常の一場面。 もし、あのやく
家入 一真
1817
9

paperboy&co.創業記 VOL.3: 東京進出、そして変化。混乱。

福岡時代、僕はペパボはいわゆる”ベンチャー企業”では無いと思っていたし、スタッフにもそう言い聞かせていた。ITベンチャーで連想される、ヒルズ族といった様なギラギラとしたキーワードが嫌いだったというのもあるし、そもそもペパボ自体は起業した月から、ロリポップで順調に売り上げが伸びて経営は安定していたから、がつがつとする必要が無かった。家族経営スタイル。これが福岡時代のペパボだった。 GMOグループにジョ
岡田 智紗
618
10

就活を中断し初めてのひとり旅。何もかも分からなくなって辿りついた1つの答え。「自分で証明するしかない!」

人はなぜ旅へ出るんだろう。 「旅行」と「旅」は違うと私は思う。 「旅行」っていうときは 自分が普段暮らしている場所とは違うところへ行って その知らない土地の風景や文化を楽しんだり 食べ物を楽しんだり、お土産物を見たりとか 純粋にそういった行為自体を楽しむ、観光的要素が強いイメージ。 表面的な感じというか。 でも、「旅」というとき。 これは、もちろん上に書いたような「旅行」と同じ要素が含まれるのだけど

書きかけのストーリー

千田 悠華さんの書きかけのストーリーはありません

千田 悠華さんにもっと聞きたい話リクエストする

|