STORYS.JP

長野 美香

長野 美香の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

長野 美香の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

佐藤 政樹
18672
120

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんのわずかな違い~生き残る人・消える人~11のポイント 「劇団四季に入るためにはどうしたらいいですか?」 この質問、僕のところにネット経由で頻繁に来る。 この二年位は、劇団四季のステージを夢見る若者たちのためになれればと丁寧に返信していたのだが ・有益な情報をもらうことしか考えていない ・あまりにも意識が低い ・まったく行動しない という人が多すぎて
西澤 佳子
687
5

「死」が突然目の前にやってきた 〜出会いから看取るまでの2年半の記録

2010年3月。 突然現れた、「死」の問題。 人は「死」の問題が目の前に来た時にどのように対処するのだろう。 同棲中のパートナーが、末期ガンの宣告を受けた。 すーっと身体を冷たいものが駆け抜けていった。 嘘だと思いたかった。 なぜ私がこの問題の前に立っているのか。 本当に私がパートナーと共に、ガンなどというものと闘うのだろうか。 この私が、パートナーと共に、「死」と闘うのだろうか。 実質闘病期間半年
Yamada Risako
1268
20

偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

=================================== 「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」 家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る 「私がスーパー馬鹿だった時の話」 =================================== ◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D 」◆ それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母
Kawaguchi Yoshiki
1979
21

MacBook Airが愛媛県警察を「ちょっとだけ」動かした話。

これは...もしかして...詐欺、なのか?? この壮絶な物語は、いまから3か月前の友人のフェイスブック投稿でした。 友人 MacBook Airを4万円で買ってしまった~。インターネットすごい!! ちょうどその時僕もなんとかMacBook Air を安く手に入れられないかと考えていたので、その友人にどうやってそんな破格で手に入れたのかを聞きました。(ちなみにMacBook Airは新品で買うと10万
内藤 涼子
735
5

さらば子宮よ~ぱぱぱぱーん(ささきいさおの声で)左卵巣癒着!子宮全摘出開腹手術決行!

生まれた時から性別に違和感を感じ続けて36年、ついにこのときがやってきた! 子宮と左卵巣全摘開腹手術! 生理が無くなる!もう一生ずっと!永遠に!健康保険が使えてしかも医療保険出る! もうこれだけで私はこれが人生の転機としか思えません。というより、生まれ変わるというか、新しい真っ白いキャンパスを渡されたように嬉しかったです。 「子どもが産めなくなる」と同情するような目で説明されましたが、私にとって、私
神崎 晃
268
3

【広島3】ひいおばあちゃんは160歳。2

ひいばあちゃんは、借金取りに行ってた ひいばあちゃんは土地持ちで、その日、いつものように、 家賃を払っていない人々のもとへ行っていた。ひいばあちゃんに借金をしていた人もいる。 田舎にいる人たちは、お金の代わりに食料をくれる。 それで、ひいばあちゃんとおばあちゃんたち一家は生きていた。 おばあちゃんは、ちいさな貿易会社の経理の仕事をしていて、 その日は、出張していた。 ドンという音を聞いて、出張先の山
神崎 晃
1886

【広島2】ひいおばあちゃんは160歳。

「世界の最高年齢は116歳。日本女性の平均年齢は88歳。 でも、あなたのおばあちゃんは、今年で160歳になる。長生きでしょう? おばあちゃんと同じくらい長生きな方がね、沢山いる町があるの。どこだと思う?」 と母は言った。 子どもの頃、広島の話を聞くのは怖かった。 それは毎年夏。お盆に帰った時に行われる。 ”死んでいない方の祖母”は私を膝に乗せて、私の手を握って、語り始めるのだ。 広島の夏は、少しおか
神崎 晃
2200
22

【広島1】原爆ドームになったおばあちゃん。

むかし、太陽は、ふたつあった。 1945年8月6日の朝8時15分。 おばあちゃんの上に、太陽が落ちた。 おばあちゃんは『広島県産業奨励館』で働いていた。日本で初めてバームクーヘンを作った場所だ。 おばあちゃんはドイツ人とのハーフで、広島市にいたドイツ人たちとも会話ができた。 それで私のお母さんを育てながら、ずっと『広島県産業奨励館』で働いていた。 1945年の8月6日も、おばあちゃんはいつも通り出勤
中山 祐次郎
6486
43

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA
Sasaki Shin
2168
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志

書きかけのストーリー

長野 美香さんの書きかけのストーリーはありません

長野 美香さんにもっと聞きたい話リクエストする

|