STORYS.JP

澤口 美季

澤口 美季の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

澤口 美季の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大貫 恵
1488
16

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(退院後~そして今)

こんにちは、おおぬきです。甲状腺腫瘍体験談も、この回で終わりを迎えます。前作から読んでいただいた皆さん、ありがとうございます。 実はこの回を書く前に、 旦那が他界した時の話 を書かせていただいたんですが、この順番には意味がありまして…その辺も後半で書かせていただきますね。 手術後、微熱が続く 手術後2日間(だったかな)、抗生物質の点滴をしっぱなしだったにも関わらず、なかなか熱が36℃台まで下がってく
大貫 恵
11342
133

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
大貫 恵
104617
13

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

こんにちは、おおぬきです。前編を読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。そしてここからは、なにも言わなくなった旦那と過ごす、私と家族の最後の3日間です。いま思い出しても涙が出てくるけど、頑張って書くので、最後までおつきあいよろしくお願いします。 旦那を一般病棟(個室)へ移してもらったのが、2月14日のお昼過ぎ。人工呼吸器を装着し、太ももの付け根から血圧を維持する薬を入れるためにカテーテルを挿
大貫 恵
128205
16

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

暗い話ですいません。 最初に謝っておきます。 暗い話です。嫌な話です。 ですが死は誰にでも訪れ、それはどのタイミングでやってくるのかわかりません。 これは私の主人が脳出血を発症し、急逝した時の「私の行動と心情をまとめた話」です。 命に関わる病気をいきなり発症する確率は誰にでもあると思います。 もし身近な人にそれが起こったとき…この話が少しでも役に立てば…。 まずは、私の旦那がなぜ死ぬことになったのか
室田 泰文
430
19

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.10 ~繰り返される神秘体験~

気づくと信仰(信じる力)は心のなかに! 『信じる力』が得られれば、自然と目の前の現実は自分の望むものに沿ったものになるだろう、、、 過去を振り返っても、心から信じることができたことは実際に目の前に現れていたので、自分は『信じる力』を手に入れたいとずっと頑張っていた。 『信じる力』を得るのは非常に難しく、長い年月はかかったものの、次第に自分の中で培われていった。 そして遂には、 目の前の出来事よりも自
室田 泰文
1964
11

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.7 ~思考実験~

『出きっこない!』と思っていたことが、本気で取り組んだら出来てしまったり、、、 今までの自分の人生を振り返っても、どうも自分の『心』は目の前の現象に大きな影響を与えていたようだった。 『思考は現実化する』というのは本当なのだろうか、、 私はこれに対するはっきりとした答えを得るべく、更に一歩進めてみることにした。 具体的に言うと、『思考実験』をしてみたのだ。 超能力の実験などで得た知見から、『本当に心
嶋津 幸樹
395
1

17歳で起業した会社を売却!学生起業家のオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格法

CHAPTER1〜4はこちらをご覧ください。 「 英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格 」 CHAPTER 5 オックスフォード大学院合格までの長い道のり 17歳から英語を教え始め、これまでに500名以上の生徒に指導し3つの校舎を運営していく中で、自分の体力と英語力、そして会社を経営し人を動かすことに限界を感じていた。自分よ
嶋津 幸樹
785
3

英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格

Chapter1 人生に転機を齎したオーストラリア短期留学 僕の部屋にはバベルの塔の水彩画が掛けられている。言語が分かれた原因ともいわれるバベルの塔だ。「言語」それは人間がコミュニケーションを図るために不可欠なものである。自分の人生の転機を齎したその バベルの塔 には深い思い入れがある。  高校2年の夏、日本の偏差値教育に苛立ちを感じ、また将来の展望が開けずにいた僕は、オーストラリアへのホームステイ
Handa Naoto
50532
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
い のりこ
453
6

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

       それは桜の蕾がほころびはじめた三月、転勤の辞令がおりた時のことだった。 私を心配してくれている人達からのメールが届いた。 「異動先にB子さんいるよ。私が知っているだけでも、彼女と働いてうつ病で休職した人が一人、退職した人が一人いるから、気をつけて。何かあったらすぐ連絡してきてね。」 またA子さんについては、一緒に働いたことがある人の体験談を集めて、匿名にして転送してきてくれる人まであら

書きかけのストーリー

澤口 美季さんの書きかけのストーリーはありません

澤口 美季さんにもっと聞きたい話リクエストする

|