STORYS.JP

山田 奨

山田 奨の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

山田 奨の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kosuge Masayuki
502
2

28才大学生(実話)前編-サラリーマンから32才新卒就活まで

「大学って、何?」 「おまえギャグかよ!その年で大学行ってどうすんの?キャリアも無くなるし32才で新卒採用で取ってもらえると思ってるの?!」 同僚の厳しい論調はこの夜ずっと続いた。 今から8年前、2009年1月、ぼくはサラリーマンをしていた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ おかげさまで1万人以上の方に読んで頂きました。 誠にありがとうございます。 現在、書籍化プロジェク
黒川 文雄
181
5

伝説のメイドインJAPANゲーム「スペースインベーダー」が世界を侵略した日【後編】

「ブレイクアウト」を“崩し”にかかる ① 戦略の決定 さっそく西角は戦略を思案。 ブレイクアウトを超えるためには、 ブレイクアウトの 面白さを取り入れた上に、オリジナル性を出す ことが重要だと考えた。 ブレイクアウトの面白さは、やはりターゲットを一つずつ消していき、最後の一つを消した時の あの爽快感 だ。 次に、ブレイクアウトには無いオリジナル性の部分だが、 これは 「CPUを駆使した撃ち合い」 だ
小森 雅
5258
11

就活失敗して内定がもらえなかったからMBAにいったらスゴイことになった話

プロフィール 小森雅(こもりみやび)。1988年生まれで神奈川県出身。日本大学、商学部卒。大学3年から4年にかけて就活をするも全滅し、逃げ道として一橋大学大学院のMBAに進む。そこで大量の情報をインプットし、毎日優秀な人と議論し、課題をこなすことで実力を身につけ、2度目の就活では一流企業から複数内定を獲得することに成功。 はじめての就職活動 志望動機なんかねーよ 大学3年、後期の授業が始まり、10月
ぼん くぼ
3671

楽天でTOEIC700点とれやと言われた(2)

役員は全員800点以上とれなければクビ。 会社は役員自ら厳しい条件を課し社員を鼓舞した。僕に課された条件は700点だった。それがどれほどのものなのか僕には理解できてなかった。まずはとにかくTOEICを受けることだ。そう思いすぐに申し込んだ。2時間で200問。テストを受けることすら僕には過酷な条件に思えた。 最初のテストの結果が返ってきた。490点。あと、200点とればいいのかと思った。それがどれほど
Shono Maho
1483
14

双子の姉なっちゃんの話【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

※これは双子の姉、なっちゃんのstoryです 。  こちら から読むと、時間軸が同じで読み進めやすいです^^ その時私は、福岡でパッケージを作る会社のデザイン部署で働いて1年半が経とうとしていた。   いつか有名なアートディレクターになってやる!!! そんな夢や期待や野心を抱いて、ワクワクしながらこの会社に入ったのだ。 だけど、1年半経った今、私は憂鬱な毎日を送っていた。 お前この会社が最後の会社に
嶋津 幸樹
802
3

英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格

Chapter1 人生に転機を齎したオーストラリア短期留学 僕の部屋にはバベルの塔の水彩画が掛けられている。言語が分かれた原因ともいわれるバベルの塔だ。「言語」それは人間がコミュニケーションを図るために不可欠なものである。自分の人生の転機を齎したその バベルの塔 には深い思い入れがある。  高校2年の夏、日本の偏差値教育に苛立ちを感じ、また将来の展望が開けずにいた僕は、オーストラリアへのホームステイ
Kato Yuki
4863
109

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Kato Yuki
20170
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進
小泉 憲一
3097
38

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ
小泉 憲一
1383
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用

書きかけのストーリー

山田 奨さんの書きかけのストーリーはありません

山田 奨さんにもっと聞きたい話リクエストする

|