STORYS.JP

伊藤 好美

伊藤 好美の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

伊藤 好美の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

嶋津 桂子
5205
40

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

結論から言うと、 遺失物法 (落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、 遺失物 (落とし物)の 拾得者 (拾って警察に届けてくれた人)によって、 所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、 とても危険な法律 である。 ……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。 ―――――――――
Yamauchi Nobutaka
295
4

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

 ここまで読んでくれてありがとう。 まずは、最初から読んでいただいた方 途中からでも読んでいただいた方 お礼を申し上げます。 ほんまにありがとう。 今回このストーリーを書くにあたり 人の死をどこまで描くか? 俺のことをどこまで話すか? ショッキングな話題についてきてくれんのか? 暗い話でうんざりせぇへんか? 様々な苦悩がありました。 嘘は書いていませんが 読みやすくするために俺なりに あった場面のカ
吉田 大輔
228
1

「腹黒い」と言われて、目をキラッキラさせる者たち

こんにちは、腹黒の会会長の吉田です。 と、いきなり言われても意味不明だと思いますが、 「腹黒の会」 というコミュニティを主催しています。 腹黒の会の名前を出した瞬間の反応は、大きく2つに分かれます。 腹黒の会っていうのを主催してます! こういった時の反応の1つ目は、 完全に嫌な顔をされるパターンです。 ちょっとこの人・・・何か嫌なことでもあったのかい? と思わされるレベルで、顔が引きつります。 でも
m m
9464
133

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・後篇

※ このストーリーは「5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇」の続きになります。 前篇はこちら… http://storys.jp/story/7157 【後篇の全文字数:約11,000字】 15.2007年9月6日 16.6週間の休暇 17.職場復帰 18.腎臓の病気を発症 19.夫の浮気 20.入院の夜 21.心が離れた理由、そして離婚 22.再婚と出産
Numata Yumi
183
6

世界一周の途中で親友になったカンボジア人を日本に連れて来ちゃった話。

「私もいつか、ユミみたいに世界の色んな国に旅してみたい!!」 レアのその一言が、全ての始まり。 2009年、大学を休学して念願の世界一周バックパッカー一人旅に出た。 当時21歳。 生まれも育ちも田舎だったので、親元から離れる大学時代には、自分の好きな事をやりつくしたかった。 幸い親の理解も得られ、大学2年時にはオーストラリアに一年間留学へ行けた。 留学帰りにボランティアのため立ち寄ったカンボジアがす

書きかけのストーリー

伊藤 好美さんの書きかけのストーリーはありません

伊藤 好美さんにもっと聞きたい話リクエストする

|