STORYS.JP

村上 隼人

村上 隼人の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

村上 隼人の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Yoshida Maiko
164
2

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第18話

罠 《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ 大学生の篠田桃子はあることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている。葛藤や苦難を乗り越え徐々に野心に目覚め自分の居場所を見つけ出そうとする桃子。そこへ突然、大学の助教授、苗代がパテオへ顔を出す。表向きは学生想いの優しい先生である彼は、桃子に脅迫じみた言葉を言いパテオに通うようになるのだった。 春になり、私は無事に3年生へと進級した。 同じ学科の
Yoshida Maiko
165

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第15話

恐るべき未来へと 《これまでのあらすじ》初めて読む方へ 普通の女子大生だった篠田桃子はある出来事をきっかけにショーパブで働き始める。野心に目覚めた桃子はそこに居場所を見出し、恋人と別れクラスメートからは避けられても、挫けず着実に地位を築いていった。そんな最中、ホステスの中で唯一友達だったミホが事件を起こし店から消え、桃子は不安と寂しさでいっぱいになるのだった。 その手は憎悪そのものだった 嫉妬や妬み
Yoshida Maiko
196

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第12話

疎まれ蔑まれても 《これまでのあらすじ》初めて読む方へ ごく普通の女子大生篠田桃子はあることをきっかけにショーパブで働くことに。知らず知らず野望を持ち、ここに自分の居場所を見つけようとする桃子。それをはっきりと自覚した桃子は恋人の拓哉に別れを告げる。 「杏さん、前に出てきてください」 場内がざわついた。 私は立ち上がり、厚みのある茶封筒を手に微笑んでいる玲子のそばまで進み出た。 いくつもの驚きと鋭い
Yoshida Maiko
285

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第9話

闇に染まる 《これまでのあらすじ》初めて読む方へ ごく普通の大学生、篠田桃子はあることがきっかけでショーパブでアルバイトすることになる。最初は乗り気ではなかったが、ショーと幼い頃憧れたバレエの舞台とが重なって見えた桃子。少しづつ指名も取れ、いよいよショーに出演する日が来た。でも心のどこかでそれを躊躇し不安になる自分もいたのだった。 あの日のことは 今でも鮮明に思い出せる それは夢のように美化され、霞
伊東 勉
64

出会い系サイトで裸を売る女の話(みすず)

※以下、一部にアダルトな内容があります。苦手な方は、他のページに移動してください。 私は、幸せな生活をしている。と自分では思う。 朝起きて仕事に出て、疲弊した体を晩酌と睡眠で誤魔化し、そして次の日また仕事に向かう。 1ヶ月働いて、日々の生活と少しの貯金が出来る。もう何十年も家と職場の往復と、たまの休みという生活を続けている私は、これはこれで幸せと思っている。 性の対象として自分の体を切り売りし、生活
堀口 悠冴
3693
1

ブラック会社の最高経営責任者になった。12回目

経費削減とは「安く」買うことではなく「少なく」買うことにある。 製造原価の削減は経営において最優先課題であったりする。この原価計算というものが行われてないままの売上至上主義の中小企業は実に多い。家計簿レベルの個人事業主であったり、中小企業であっても、 経費削減を声高に言わねばならない会社はまず間違いなくまったく買う必要のないものを購入している。余剰在庫を抱えているのだ。 例えば、一個100,000円

書きかけのストーリー

村上 隼人さんの書きかけのストーリーはありません

村上 隼人さんにもっと聞きたい話リクエストする

|