STORYS.JP

古谷 紘司

古谷 紘司の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

古谷 紘司の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

古谷 紘司
142
2

学生時代、食べる物に困っていた時に触れた人の優しさ

学生時代に下宿して一人暮らしをしていた頃、学生の傍ら俳優の養成学校にも通っていた。 生活はそれなりに充実していたし学校も楽しかった、でもとにかくお金がなかった… 養成所の月謝や飲み代、遊びやらでお金を使い果たした翌月に残った食費は1ヶ月で1万円。。。 一日の食費が300円… とにかく切り詰めた。安いお米を買って炊いた、今まで自炊した事のなかった僕が炊いた。 一パックで5袋入っている298円のインスタ
徳田 優華
903
12

私には「身体を売る」しかない。

「お母さんだけだったら、よかったのに。」力なく言う彼女は16歳から、繁華街にある性風俗店で働いている。  家族は、両親と妹2人弟1人。父は、昔から厳しく周囲から虐待を疑われる程、暴力でしつけをする人だった。中学生の時、父が友人に「こいつは、将来ソープでしか働けないような女だから遊ばない方がいいぞ」とよく言っていた。凄く悔しかった。  中学卒業後、居酒屋のバイトを始めるも、父はギャンブルに狂い、母は酒
阪口 ユウキ
40785
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)

書きかけのストーリー

古谷 紘司さんの書きかけのストーリーはありません

古谷 紘司さんにもっと聞きたい話リクエストする

|