STORYS.JP

田中 昂貴

田中 昂貴の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

田中 昂貴の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

室田 泰文
5451
11

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.1 ~懐疑からの始まり~

思考は現実化する?! 私は 精神世界などにはまるっきり興味なかったばかりか、『怪しい!!』と拒絶反応を示すほど だった。 そんな私が、いろいろあって『思考は現実化する』かどうかを真剣に確かめてみたくなった。 『確かめるしか無い!』 そういう衝動が沸き上がってきた のだ。 外に仕事にも出ていなかった 自分は、この探求をメインの活動にすることにした。 『これが本当だとしたら、、、、仕事なんてやっている場
toto momo
19

魂の声にたどり着くまでのカップルの話-2~解析編~

前回の続き。 (傷つけられた…。 こんなにつらい思いをさせたTくんに、 反省してほしい…。 自分のしたことのひどさに気づいて 「ごめんね」って言ってほしい…。) なぜ私は、こういう思いになるのか? それは 「相手が反省してくれれば わたしが感情をあらわにすることなく平和を取り戻せる」 と思い込んでいるから。 なぜ、感情をあらわにしないと平和になると思い込んでいるのか? 感情をあらわにすると、こちらの
松元 宏樹
1391
2

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

みなさんはタモリさんをしっているだろうか。 そう。あのタモリさんである。みなさんはきっと、「笑っていいとも」で毎日のように顔をテレビで見て笑っていただろう。いつも僕たちを楽しませてくれる人だった。 今日はそんなタモリさんにまつわる「絶対に夢をかなえる方法のお話」    タモリさんはある日、視聴者の方から、こんな質問をもらったそう。     "タモリさんは自分の番組をもってたくさんの人に幸せを与えて夢
だい ちゃん
10867
67

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

プロローグ これから、私が自殺未遂をした時の体験談をお話しようと思います。この物語はノンフィクションです。 私は腎臓が死亡してしまって、人工透析という延命治療を行っている1級身体障害者です。 週に三回、1日五時間の延命治療が必要で、その副作用として重度の睡眠時無呼吸症候群、欝病、強迫性障害(不潔恐怖症)、アトピーなどを発症して生活を送っていました。 私は自分が自殺未遂をするまで、 「死ぬ覚悟があれば
大西 明美
243
1

40歳を過ぎて、子ども子どもと女性に産む性ばかり求める男たちは全員精子検査してから主張しろっ

婚活の世界は、テレビ番組の影響をもろに受けることがある。例えば、芸能人の歳の差カップル(20歳以上離れている)などのニュースがあれば、男性から「若い女性と結婚したい」という問い合わせがしばらく殺到する。 入会前のカウンセリングにも40代後半の男性が平気で「32歳まで」とあつかましい希望年齢を記入してきたりもする。 うちは、10歳以上年を離れた人を基本的に紹介しないことになっています。それでもよろしい
芝 ケン
591

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)

今から約10年前、とある教授室で 教授 お前、食欲、性欲、睡眠欲って知ってるか? 私 はぁ。。。 教授 お前死にそうになったらどれをとる?! 私 えっ?! 教授 言うたらな、死にそうになった時に飯食うか、セックスするか、寝るか、どれや? 私 多分、空腹で死にたくないけん飯食いますね。 教授 よし、俺のゼミ『食品経済学』やから食品関係の会社に就職目指せ! 私 いやいやまだ就職なんてまだ先ですよ?! 教
芝 ケン
513

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『授業の意味』

教授 なんか思った事あるか? 友人 豚骨ラーメンがない! 友人 ラーメン小さい!麺の量普通の半分くらいじゃないですか? 友人 不味い! 友人 チキンスープ多くね?! などとゼミ生達が言いたい事を自由に言い合ってた中、教授が笑いながら答えました。 教授 お前らの言う通り!!笑 でもな、それにはちゃんとした理由があるんや。 海外では宗教で豚や牛が食べれない国もある。 そう言った国にはチキンスープを使う事
松草 達人
322
2

インドネシアで起業することを決めて2年が経つ。僕はまだ生きている。(前編) 〜最初の1年〜

今僕はインドネシアの首都、ジャカルタで生き抜いています。 この記事の読了時間は 「8分」 の間にちょっとずつ休憩が必要です。 2年前、渋谷のベンチャー企業のオフィスから海外でのビジネスに興味を持った29歳の見た目オッサンな僕は、1億円ほどの資本金を預かりインドネシアで起業をしました。 それから月日が流れ、あと少しで32歳になります。まだ独身です。ジャカルタでの生活は1年と少しが経過したところ。そんな
Yoshimura Naoya
561

18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(前編)

 僕が新しく生まれ変わることができたのは、あのとき、あの「おでん」を食べられたからだ。  あのとき、僕の気持ちはかなり深いところまで沈んでいた。肉体的にも精神的にも疲れ果てていた。  頭の中には常に不安、絶望、敗北感、劣等感など負の感情が入り交じり、現実から逃げたいとばかり考えるようになっていた。  そんな中、とぼとぼと駅のホームに向かい、ホームにあった立ち食いうどん屋さんに入った。お金もない。けど
春明 力
549
12

散々おごってもらった友達に「お返し」をした時に言われた言葉がシビれた話。

今から2年ほど前、僕は長崎の実家に帰りました。 「両親に会う」という目的もありましたが、 「友達に会う」 という目的でも帰りました。 だから、一泊を両親。もう一泊を友達と過ごしました。 「社会人になったら、学生の時の友達とは疎遠になりがち」 という言葉をよく聞きます。 だけど、僕らの場合、今でも電話し合ったり・・・ 僕が住んでいる東京まで友達が会いにきてくれたりもします。 地元の友達のほとんどが、高

書きかけのストーリー

田中 昂貴さんの書きかけのストーリーはありません

田中 昂貴さんにもっと聞きたい話リクエストする

|