STORYS.JP

関口 采己

関口 采己の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

関口 采己の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

松本 真生子
128

50日間で、自分を壊した。

天の声 Q.50日間で、何ができると思いますか? 松本真生子 A.自分を変える・・・いえ、「壊す」ことができます 編集 本 当に、泣き虫だった。   インターン生になるための面接で、泣いた。 後日、議員は「面接で泣いた学生、はじめて」と仰った。 インターン生になっても、泣いた。 毎日忙しくて、無報酬で、何より自分の出来なさが悔しくて。 「なんで議員インターンシップに参加したんやろ」って思って。 ひ
浅野 大成
36

教科書だけでは学べないこと

インターンシップ参加まで 私は、大学3年生。 中学3年生、高校3年生というと学校生活最後の1年ということで、 いろいろイベントがあったり思い出づくりであったり、印象深い時間を過ごしていたような気がする。 しかし大学3年生というと、大学生活に慣れっきってしまっていて、 あと1年で学生生活が終わるという切迫感もなく、変わりばえのない生活に浸っていた。 私は、3年間軽音部に所属し、コツコツと音楽活動をして
梅本 雅大
82
1

熱中できる「何か」に出会えた幸せ

高校時代、野球ばかりしてきた自分には大学受験とか頭になかった。 ただ、一日一日を野球一筋でがむしゃらに走り続けた高校時代…。 そんな日々も終わりを告げ、気付いたら大学受験に向けて周りの友達はスタート切っとった。 置いてかれたみたいで、ホンマに焦るばっかの毎日やった。 勉強もしたないし、どないしたらええねんって気持ちばっかりが先走っとった。 そんな自分にも1つだけ大学に入る道があった。指定校推薦があっ
増田 未来
44

政治とかよくわかんないけど、議員インターンシップしてみた。

キッカケ 大学に入学して1か月、正直入りたかった学部ではなく、 勉強もつまらなくだらだらと毎日を過ごしていました。 このままではダメなんじゃないか…? そんなことを考えていた時、校門で1枚のチラシを受け取りました。 ~議員インターンシップ参加者募集!~ 「う~ん。政治とかよくわかんないけど、やってみよう!」 たしかこんなような気持ちで説明会に足を運んだと思います。 インターンをしてみた。 選考を通し
上白土 千紗
139

勇気を出すことから、始まる人生

「議員インターンシップ、やってみない?」 というメールが来たのは1年生後期のある日。 私の高校の先輩からのメールで、議員インターンシップを知りました。 高校の先輩は、スタッフをしていたのですね。 そこで後輩である私に声がかかったのです。 「うーん、法経政策学科だし、少し興味あるけど…。とりあえず説明会だけ聞いてみようかな。」 数日後、先輩に説明会をしてもらいました。 正直内容は覚えていません。 しか

書きかけのストーリー

関口 采己さんの書きかけのストーリーはありません

関口 采己さんにもっと聞きたい話リクエストする

|