STORYS.JP

俊平 福元

俊平 福元の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

俊平 福元の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

菱沼 真
599
10

中学2年の定期テスト3日前に右手首を骨折し全てテストを全て左手で受けた話

「青天の霹靂」 こんな有名な言葉があります。 意味:予想もしなかったような事件や変動が、突然起きること。 学校で習う有名なことわざの一つですが、 人生でこの言葉を初めて体感した日でした。 【事故は突然やってくる】 2学期の中間テストを3日後に控えた夕方、 当時テスト前だからと言って大して勉強なんかしてない僕は 「適度な休憩は大事」 と言い訳で自分を納得させ、近所の書店に毎週月曜恒例の週刊少年ジャンプ
阪口 ユウキ
40732
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
Kato Yuki
4748
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Kato Yuki
19896
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進
宇野 成人
750
18

ある人の「ひと言」で、まるで手品のタネ明かしを見たように理解できた、出来る人と出来ない人の違い

潜在意識がその人の行動の8割から9割を決める。 人間は、 普段の行動は自分では意識してない所(潜在意識)が深く関わっている という話を聞いたことがあるかと思います。 今日からダイエット始めるぞ! と、自分では思っていても潜在意識が 潜在意識さん 別に痩せなくてもいいじゃん って言ってると、不思議なことにどんなに頑張っても痩せない自分が居る・・・ みたいな事です。 しかも潜在意識は無意識なんで、なんで

書きかけのストーリー

俊平 福元さんの書きかけのストーリーはありません

俊平 福元さんにもっと聞きたい話リクエストする

|