STORYS.JP

中村 義弘

中村 義弘の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

中村 義弘の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Shono Maho
915
26

第11話 人生を変えた旅ペルーⅡ【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

前回の話→ 第10話 人生を変えた旅ペルーⅠ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第4章 リョニーさんとの日々 朝、目が覚める。 窓のブラインドから朝日が差し込んでいた。 いつもと違う部屋の空気、 布団の匂い。 ーあれ?ここどこだ? 一瞬どこにいるのか分からなかった。ぐるりと部屋を見渡す。 ーそうだ、ペルーだ。私は今ペルーにいるんだ。 だんだんと意識がハッキリしてくる。 昨夜リョニーさ
Shono Maho
2872
45

第9話 コップの水はどれくらい入っている?【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

あなたのコップの水はどのくらい入っている? 作家さん これは、まほちゃんのコップだよ。 まほちゃん自身の、うーんそうだな、 人間のコップ、という感じかな? 作家さん 今のマホちゃんは、今の自分は、 どれくらい水が入っていると思う? 私は、机に置かれたそのコップを見つめた。     ー私のコップの水.....? 今私は、仕事もしてないし何も頑張っていない。 社会的には何も役に立ってない、下の下の方にい
室田 泰文
574
10

『0点なんて最高じゃん!』何でも遊びにすることで、高3の半年で偏差値が31から75まで上がってしまった話 ~顔が輝かないようでは実力は発揮できないよ~

「勉強する暇はありません」 高校時代、自分はバドミントン部に所属していた。丁度数年後にオリンピックの正式種目にもなるという噂もあり、自分はそれに出るぞ!とトレーニングをしていた。 自分は 熱中するとそればかりやる傾向があり、授業中も筋トレをしていたりと朝から晩までトレーニングばかり 、、、 そんな自分は当然、成績はよろしくなかった。 心配してくれた担任の先生は個人面談を開いてくれた。 先生 「このま
伊佐 美奈子
632
9

どうしてあなたはセックスするのですか?

うーん。 ふっと思えば・・自分しか体験していないこと、体験からたくさん気づいたこと、学んだことがたくさんなんで、少しづつ書いてみます。 そんな私・・第二のターニングポイントとなる・・・第一のターニングポイントは13歳なんですが、今回ははしょります。(笑) 17歳の時(高校2年)沖縄から1年間アメリカのケンタッキー州へ交換留学に行きました。 親にお金がないから留学をあきらめなさいと言われ・・ だったら
Shono Maho
2981
35

第7話 アルケミスト【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

離れる道 maho けんちゃん、私もう就職しないことにした。 けんちゃん そっか。いいと思うで!じゃあ卒業したら何するん? 携帯から聞こえる声は電波が悪くて少し聞こえにくい。 卒業を目前にしたその頃、けんちゃんと私は アフリカと日本の遠距離恋愛になっていた。 もちろんけんちゃんがアフリカ。 3.11のあと、けんちゃんは福島へボランティアへ行ったり、 自転車ひとつで全国の農家さんを訪ねたり、一緒にいな
Shono Maho
3081
18

第6話 ワクワクで生きる。【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

第六話 ワクワクで生きる maho …申し訳ございません!辞退させて下さい!! 深く頭を下げたその足は、小刻みに震えている。 緊張と不安で胃がキリキリした。 ーうん。これでいいんだ。 震えるからだとは別に、心はしっかりしていた。 この日、私は自分の人生で大きな決断をした。 それは7年間追いかけてきて、そして自分の全てだった "デザイナー"になるという夢を捨てた日だった。 そして、"自分を生きる"と決
Handa Naoto
47964
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
成瀬 望
863
30

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

旅、前日 なんでもない日常のなんでもないある日。 寝る前、明日の朝に旅立つことを決めた。 高校2年生の梅雨の季節。 明日、突然いなくなる。 親も先生も友達もクラスメートも誰も、ぼくが旅に出た理由はぜったいにわからない。 前後の脈絡なしに突然、失踪したようにしか見えないだろう。 それがいい。 ぼく自身、何のために、どこに行くか何も決めていない。 つまり、明日からぼくがどうなるか、本当に誰も知らない。
Suzuki Takuya
18084
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
高原 響
1402
17

マタニティマークの話。

マタニティマークをつけていると、いろんなドラマがある。 私が十月十日の妊婦生活の中で印象に残った、あるオジサマの話をしたい。 いまお腹にいる子どもが大きくなったときに 「あなたはこんな人にも守ってもらってたんだよ」 と伝えたいから、書き残しておこうと思う。 自分がなってみて初めて分かったけど、妊婦は本当に身体がしんどいことが多い。 個人差があるけど、多くの人が 初期はつわりでツライし、 安定期を越え

書きかけのストーリー

中村 義弘さんの書きかけのストーリーはありません

中村 義弘さんにもっと聞きたい話リクエストする

|