STORYS.JP

鎌田 岬

Hola!I like Singapore,HongKong,Cuba,Korea!!

ストーリーをリクエストする

鎌田 岬の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

山口 夏未
737
1

女子大生が世界一周を仕事にする話〜ベタベタ東南アジア編〜

こんにちは。山口夏未です。 はじめに。  この本は、就職活動を目前に控えたとある女子大生が、 「フリーランス」 という生き方を知ったことがきっかけで、もっと幅広い生き方を知りたい!人と違う生き方がしてみたい!と休学し、(ほぼ)毎日書いていたブログを再編したものです。  どうせなら日本より海外行きたいし、パスポートせっかくあるんだで使わなかん!という単純明快かつ名古屋人らしい考え方で、休学中に世界一周
タケ いくぞう
77
2

関西の有名大でGPA4.8を取った僕が、コンサルでの就活で二ヶ月に二度もフルボッコにされた話。

早いもので、もう4月になった。 就職活動を終えた新社会人と、これから就職活動を迎える就活生。 街中にあふれる彼らの姿を見て、自分にも就職活動に打ち込んだ時代があったのだとしみじみ思った。 僕は、関西の立命館大学出身。 関西の名門私立大学群である、「関関同立」の一角として知られる。 関東の方には、 関西の「MARCH」 と言えば分かりやすいだろうか。 自分で言うのは何なのだが、僕はこの大学で優秀な方だ
白石 悠
100
3

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の六

1:首都!!!! 富士山を降りたあとは神奈川県に入り、そして東京都へとやってきた。 「東京やーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」 達成感が半端なかった。 神奈川と東京の県境を越えた瞬間、旅を始めた時の事を思い出した。 「広島あたりで帰ってくるんじゃない?」 その一言がずっと頭にあった。 しかし僕はやってやったんだ!! みんながお前には無謀だと言っていたことをやってやったんだ! 勿論こ
白石 悠
107
1

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の五

1:今日からお前は富士山だ! 静岡県富士宮市へやってきた。 そこでやっと富士山を拝むことが出来た。 「俺そう言えば生まれて初めて富士山見たな。。。」 本や、雑誌、テレビなどで完全に見た気になっていた自分がいた。 世の中のものほとんどがそんな風に見た気になってるものばかりなんだな。 景色は特に人によって捉え方が全然違う。 ある人が 「あそこよかったよ!」 といっても自分には微妙なこともあるし、その逆も
白石 悠
48

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の七

1:真夏の魔物 帰ったらシャワー浴びて、クーラーと扇風機つけてアイス食べながら携帯いじって、お菓子を食べて、晩飯は出来立てのご飯食べて、柔らかい布団で寝る。 そんな当たり前のことが何一つ出来ない。 千葉県を抜け、茨城県に来るまで夜はかなり涼しかったのに、三日間ほど熱帯夜が続いていた。 そのまま寝ると汗だくで、蚊が大量にくるのでテントを張ると暑くて全く眠れない。。。 それでも蚊に襲われるよりましなので
Izumi Unimam
19

「ちょうどいい感じ」って難しい?マツコさんに学ぶこと。

オネエと呼ばれるタレントさんは多いが、マツコ・デラックスさんは果たしてオネエなのだろうか? 綺麗にメイクし、女性の格好をしているが、私はマツコさんの中にある「男性」こそ「彼女」の魅力だと感じている。 初めてマツコさんの魅力を発見したのは、月曜深夜に放送されている「月曜から夜ふかし」という番組がきっかけであった。 関ジャニの村上信五さんとマツコさんが2人でトークする番組なのであるが、これがまた面白いの
白石 悠
117
1

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話  其の四

1;旅を始めて② 旅に必要な物はそんなに多くない。 テレビ、パソコン、車、言うなれば携帯もいらない。 そんなものよりも楽しいことが沢山待ってる。 そして、人生を変える出会いが待ってる。 朝起きたら言ってやるんだ! イヤッホー!! 今日も最高の一日が始まるぜ!! って 2:充実感 愛知県の国道を歩いてると後ろからバイクが追い抜いていった。 ライダーが左手を伸ばしてgoodのポーズ。 後ろに乗ってた小学
I am ばーみつ
68

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その9:ニセ韓国人のユジン】

突然現れた謎の男 謎の男 コンニチワー 片言の日本語が背後から聞こえた。 私は音のするほうを振り返った。 サングラスをかけた怪しげな小太りの男が立っていた。 ガイド ワタシハ ガイドデス。 ニホンジンデスカ? と話しかけてニヤッと笑った。 やばい、やばい。 こんなときは。こんなときは。 と頭の中でグルグルして、とっさに わたし WHAT?(真顔) と返した。 男は私を日本人だと思って近づいてきたので
キョウダイ セブン
12

第七十二章 こうやって、英検1級に合格しました

第七十二章 「こうやって、英検1級に合格しました」 Youtubeやブログにいろいろ言ったり書いたりしたけれど、ザックリ言うと目の前のことを全力でやったということ。具体的には、日本生まれの日本育ちのため高校までは「受験勉強」をやっただけ。 「受験英語ができても英語は話せない」  と言うのはそのとおりだと思うけれど、役には立つ。  大学入学後は、大学のLL教室やらネイティブのクラスやらに出席したけれど
キョウダイ セブン
30

(6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?

第七十一章 「英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?」   小さい頃に英語がペラペラの人を見たときに、不思議に思わなかったろうか。ワケのわからない記号の羅列を読めてしまう。ワケのわからない音声が、ちゃんと意味を持って聞こえているらしい。 「あの人の頭の中はどうなってんの?」  と思った。その不思議を解明したかったが、英検1級に合格した頃に理解できるようになった。  たとえば、2つの経験をお話し

書きかけのストーリー

鎌田 岬さんの書きかけのストーリーはありません

鎌田 岬さんにもっと聞きたい話リクエストする

|