STORYS.JP

matsu matsu

新米大学生。。。

ストーリーをリクエストする

matsu matsuの人生のストーリー

この世の中で誰にでも平等なものとは

それは時間に他ならないと思う。 でも、時間でさえそうではなくなっているのではないかと思う。 使い方によっては価値が変わってきてしまうからだ。 誰にでも当たり前にあるがゆえに、その大切さをきちんと理解している人は少ないと思う。 今日もすでに1/4が過ぎた。 今この瞬間を全力で生きようではないか。。。

「正直」に

皆さんは、自分の気持ちに「正直」に生きていますか? 「親が喜ぶから。。。」 「あの人に認めてもらえるから。。。」 なんて考えていませんか? 確かに、それらも頑張る動機付けにはなると思います。 でも、人生は1度しかないのに、自分の気持ちを押し殺すほどの価値のある瞬間などあるのでしょうか? 僕はいつも他人の目を気にしていました。 勉強、スポーツと自分のためではなく、「認めてもらいたいがため」にがむしゃら

失敗

諦めない限りは失敗ではないと思う。 成功するための過程に過ぎない。

ふと思ったこと

日本の大学は そこでのかりそめの自由を味あわせることで、社会に出て「奴隷」になることを受け入れさせるために存在するのではないか。

今日の一言

あなたの今の生き方は、 どれくらい生きるつもりの生き方なんですか? by 伊坂幸太郎

今日の一言

「世界を変えてやる」、くらいの意気込みがなければ、生きてる意味がないよな。 by 伊坂幸太郎

今日の一言

「お金よりもね、何かこう人生のうちで一度くらい、やったね、とか言ってやりたいじゃないですか」

今日の一言

「どうにもならないことを鬱々と悩み、天気予報に一喜一憂するくらいであれば、どんな天気であっても受け入れて、雨が降れば傘を差し、晴れたら薄着をしていこう、と構えているほうがよほどいい」 

今日の一言

「たとえばさ、自分には似合うけど安物のネックレスと、似合わないけど高価なネックレスがあったらさ、どっちを選ぶべきだと思う」

今日の一言

「今、目の前で泣いている人間を救えない人間がね、明日世界を救えるわけないんですよ」

今日の一言ンゴ

「議論で相手を言い負かして幸せになるのは、自分だけだって気づいてないんだよ。」 

今日の一言ちゃん

馬で行くことも、 車で行くことも、 二人で行くことも、 三人で行くこともできる。 だが、最後の一歩は 自分ひとりで歩かなければならない。  

今日の一言

「俺にとっての黄金時代は今ですからね。この今しかないんですよ。過去のこととか先のことはどうでも良くてね、今、できることをやるんですよ。」 

今日の一言

「人が生きているうちの大半は、人生じゃなくて、ただの時間、だ。」

今日の一言

「人間の最大の武器は習慣と信頼だ」

今日の一言

「練習の手を抜きたくなる時とか、試合で逃げたくなる時に、自分に訊くんです。『おい俺、俺は、こんな俺を許すのか?』って」 

今日の一言

「”if”なんてないんだ」

今日の一言

「いつか必ず死ぬことを忘れるな」

今日の一言コト

「人のため誰かのために流すその涙捨てないで」

今日のヒトコト

「今できることはすぐにやるべきだ。すぐやれば大抵のことはどうにかなる」

今日の HITOKOTO

「どちらに決めても、大差はないと思うよ。あの時ああしてれば、とか、こうしてれば、とかいうのは、結局どっちを選んでいても同じような結果になるんだって。」

今日の一言

「人を救うのは、言葉じゃなくて、美味しい食べ物なんだよね」 

今日の一言!!

「あまり気負わず、その日のことを、できることをこなしていけば、前に進んでいくんじゃないかな。」

今日の一言

「幸せだと人に優しくできる」

今日の一言

「俺はいつでも本音を言える、と思っていたら対人関係に対するビビリは格段に減る。」

一言!

「死に物狂いで生きるのは、権利じゃなくて、義務だ」 

今日の一言

「何もしなきゃ昨日と同じ明日しか来ないよ」

今日の一言

なにか新しいチャレンジをしたり、新しい場所に飛び込むとき、「自分はこれをやってて当たり前なんだ」って勘違いする力は大事だよなぁ

今日の一言!!?!?!

「心を開くのって怖いもの。でも、開いてみたら、意外に良いことが起こるものなんだよ」

今日の一言くん

「お金よりもね、何かこう人生のうちで一度くらい、やったね、とか言ってやりたいじゃないですか」 

今日の一言

「誰でも昇れるようなところから景色を眺めても何の自慢にもならない」

一言です!

「真剣に生きている人ほど、くだらないことや些細な日常を大事にしている。」

今日の一言

「未来の自分を後悔させるな。過去の自分を裏切るな。」

今日の一言

「やりたくない事の”本当にやりたくない部分”は、実はすごく少ない。」

今日の一言

「今、この瞬間に集中せよ。」

今日の独り言

「将来を思い煩うな。現在為すべきことを為せ。」 

一言

「やるしかないじゃない。」

今日の一言!

「10年後の事を考えた時、わくわくしていますか?」

今日の一こと

「人間にとって最大の不幸は”孤独”だ。」

今日の一言

「正しいことが人をいつも幸せにするとは限らない。」

今日の一言

自分の弱さと向き合いたくないがためにカッコいい言葉を逃げ道に使うのはやめよう。」

今日の一言

「間違いを恐れること、それこそが”間違い”だ。」

今日の一言

「小さなことにくよくよするな。」

今日の一言

「本音で生きることこそが自分の人生を生きることだ。」

読んでよかったストーリー

中村 珍晴
389
1

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

19歳の夏、僕は首を骨折し、首から下の動きと感覚をすべて失いました。 -------------- 9年前、僕は大学に入学しアメリカンフットボールを始めました。 進学先に体育学部を選択するくらいスポーツが好きだったので、すぐにこの競技の魅力に惹かれ、無我夢中に練習に取り組みました。 そして、2007年9月1日、デビュー戦を迎えます。 前半が終わり14-7。僕らは7点差で負けていました。 「まだ逆転で
matsu matsu
13

今日の一言

「たとえばさ、自分には似合うけど安物のネックレスと、似合わないけど高価なネックレスがあったらさ、どっちを選ぶべきだと思う」
長野 亘孝
1829
8

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険①

あなたは高次脳機能障害のどんな事を知ってますか? アイムホームの木村拓哉さん演じる「家路久」で少し知っているかもしれませんね。 例えば、新しいことを覚えられない。過去5年がわからない。人とのつながりがわからない。 そして、1話ごとに鍵を通して記憶が戻っていく・・・そんなケースもあるのかもしれません。 ただ僕の場合、過去をほぼ失いました。めちゃくちゃ色んな能力が落ちました。 それから、この事故のストー
Onozawa Minako
19

私がお母さんに感謝できたとき

私は何も出来なかった 勉強も音楽も算数も 友達もいなかった いつもどんくさくて、一番後ろだった 男の子にいつもいじめられて、いつも泣いてた 授業参観でお母さんが来てくれた時、嬉しくて手を挙げたけど、計算が出来なくて何も答えられなかった ピアノが当たり前に弾けて、楽譜を読める子がたくさんいた 私は鍵盤ハーモニカすら触ったことなくて、歌も知らなくていつもいつも友達に「いいなー」って言っていた みんなが楽
matsu matsu

皆へ

おはヨッシーアイランド‼︎
matsu matsu

(^∇^)

today is the first day of the rest of your life.
イサカ アツコ
712
2

職人パパが、娘と難関私立小受験に挑戦した話

15歳で中学を卒業。 自分で見つけた、その道の師匠のもとに住み込みで弟子入り。 20歳で独立。 九州から、東京へ。 自分の腕一本で生きてきた、職人。 学歴フィルターとか、受験戦争とか、偏差値とか、 そういうものとは無縁に生きてきた。 生真面目に仕事に向き合い、 周囲の人との信頼関係を結び、 名刺さえ持たず、自分の技術だけを頼りに働いてきた。 そんな職人がパパになった。 娘に 「よい環境、よいお友達と

書きかけのストーリー

matsu matsuさんにもっと聞きたい話リクエストする

|