STORYS.JP

Hiranishi Mai

岡山市出身。2歳年下の妹ががんになりました。
二人三脚でストーリーを書き上げると決めました。
https://rebooorn.amebaownd.com

ストーリーをリクエストする

Hiranishi Maiの人生のストーリー

英語の仕事をするという目標を10年かけて叶えた私が、英語で仕事をしたいと考えているあなたへ伝えたいこと

どうして英語で仕事をしたいと思い始めたのか、今ではほんとうによくわからない。なんとなく興味があった外国文化のおしゃれな感じを、将来の日常生活に取り入れたいというようなぼんやりとした想いがあったのは事実だと思う。さほど努力をしなくても、英語の成績だけはわりよよかったこともあり、流れで英語英文学科のある大学へ入学して、卒業した。 当時は、英語英文科を卒業したし、語学留学の経験もあるから、せっかく学んだこ

【10月1日ピンクリボン】がんになった妹とわたしが、初めて一緒に取り組んだ再生のストーリー

2歳年下の妹ががんになった。  わたしは幼稚園にもいかない頃から遊びの天才で、妹は泣き虫だった。待って待ってと泣きながら追いかけてくる妹を全力でまくと、庭や、裏山にあるすべてを所有する王様になった。小川に足をつけて魚を探したり、ダムを見に行ったりしていた。遊び尽くして家に帰ると、母親と妹がぴったりくっついてクッキーを食べながら、おしゃべりをしていた。だから、妹を、絶対にどこにも連れていってあげないと

カテゴリー

読んでよかったストーリー

寒川 友貴
629
11

ちくわに母を殺されたハタチの大学生の話

大好物 僕(寒川友貴)の好きな食べ物はおでん、特に味がしっかり浸み込んだ、ちくわが大好きだった。 あの日が来るまでは…。 突然すぎる別れ … 2016年12月27日夜、僕はJR東京駅の新幹線ホームにいた。 大学が冬休みに入り、実家のある神戸に帰省するためだ。 のぞみに乗る前、駅で晩メシとお土産の東京ばな奈を買い、予定よりも1日早く今から帰ることを伝えようと母に電話した。 なぜか母のケータイにも家電に
小泉 憲一
519
6

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

数年前のある夏の日、1通の手紙が届きました。 30度を超えた、めちゃくちゃ暑い日だったけど、 クーラーがキライだった私は窓を全開にして パソコンに向かって仕事をしていました。 郵便やさんがポストに郵便物を入れた音がしたので、 汗を拭きながらトントンと階段を降りて、 冷凍庫から取り出したアイスをくわえながら、 郵便物を取りに行きました。 ポストに入っていたその手紙を見て、 心臓が止まりそうになりました
土田 ひとみ
1162
11

【末期がんの父に贈った病院ウエディング】めげない心が起こした奇跡

「国語も算数も全部できなくていい。 ただ、 これだけは誰にも負けないという たった一つの道を見つけなさい」 小学生になったばかりの私に、父が言った。 普段、こんな真面目なことを言わない人だったから、 この言葉は、私の胸にグッと刻まれた。 それからいつもこの言葉は胸にあった。 だけど、 「たった一つの道」は見つからないままだった。 だって、簡単に見つかるものじゃなかったから。 もう、探すのも辞めようか
よう いんひょく
205
2

今は全力でグラミー賞の夢を追いかけている、高校の頃は、特に将来したいこともなく、特に行きたい大学もなく

韓国で生まれ日本に渡る 1987年3月2日、韓国ソウルの一般的な家庭、どっちかというと中流階級くらいの家庭に、僕は生まれました。 ソウル郊外で住んでいた僕は、親の仕事の関係で小学校4年生の時に日本に渡り、3年間愛知県春日井市で過ごしました。その後中学校はまた韓国へ戻ります。 3年間外国にいたので、言葉が母国語が少し未熟なのもあり、まぁ、だらしない性格もあり、勉強についていけず、学校の成績がよくなく、
春明 力
72
2

目の前で、自転車で転倒する子供を見たおかげで、怖がらず行動できるようになった話

「10年後はどうなっていたいですか?」 その質問は、あの頃の僕が一番嫌いだった質問。 張り切って起業したのに、給料は0って日々が続いて・・・ やっと仕事がとれだしたのに、お客さんの関係は悪かった頃。 その日その日を、その月その月を、なんとか生き延びるのに必死でした。 それなのに、世の中は 「10年後、20年後にどうなっていたいですか?」 って質問が流行ってるように感じてました。 僕自身も、やたらとそ
板越 ジョージ
971
7

僕がジャニーズを辞めた理由

 僕の知人に有名な演出家がいる。彼はよく言っていた。学校では成績が悪く、進学したい学校に行けなかった。就職しようとしてもいいところに就けない。そして彼は どうしても人には選ばれないようなので、選ぶ立場の人間になろうと思ったという。 大学受験失敗、決意  確かに僕も日本の大学受験は思うようにいかなかった。当時の日本はというと、いい大学に行き、いい大企業に就職するという図式しか無く、そうでもなければ出世
家子 史穂
76
1

「たった1つの天職」探しをやめて気づいた大切なこと/肩書きの数だけ、未来が拓ける/スラッシュに生きる

『自分にとって天職といえる何かの専門家になりたい』  物心ついた小さなころからずっと、そう思ってきました。大学に入学してサークルに没頭し、3年生からゼミで勉強の面白さにようやく気づき、卒業論文を書いたところで就職。医療機器メーカーに入社しました。そこでは商品企画部に配属され、ゼロから仕事を覚えました。しかし若気の至りもあり2年半で会社を飛び出し、転職。次の会社では広告制作をゼロから覚え、約7年仕事に
Kato Yuki
905
5

ひとり旅でフラフラしていたら、超偶然に、某有名旅雑誌のモデルに現地スカウトされてしまった話

「キミ、ひとり旅かい?」 「え?はい、そうですけど・・・?」 「『旅の手帖』という雑誌の記者なんだけど、実は今書いてる記事のテーマが『ひとり旅』でねえ。キミ、良かったら、記事のモデルになってくれないかい?」 「・・・・!?」 超偶然に、こんな事が起こったのは、こんないきさつだ。 2010年当時、私はとある事情で大学を休学し、東京に住んでいた。 ある日時間ができたので、ふと自由にきままに、どこか遠くへ
小林 慎太郎
432
11

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

■ラブレター代筆はじめました 「仕事」は楽しいものではない。 苦しくて大変で、時にちょっとだけ楽しいのが「仕事」というもの。 ちょうど1年ほど前、10年以上特に疑いを持たずにいたこの考え方に、ふと疑問を抱くようになった。 つらいことを歯を食いしばってやり続けることは尊く、楽しいこと・楽なことだけやるのは怠慢。 物心ついた時からそのような価値観で育ってきた35歳の男が、「あれ?誰がそう言ってたんだっけ
水田 くるみ えだまめ
443
13

女の子の可愛いは、女の子にしか作れない。私がカメラマンになった理由

モデル: micha えだまめ 「インターネットにいるカメラマンって、女の子を廃墟とか路地裏とか、暗いところで撮っているのが多いよね」 友人 「みんなセーラー服を着て、悲しそうな顔で、露出をしたりしている」 インターネットの闇 そんな話をしたのは、今年の4月頃だったと思う。 私はインターネット、特にツイッター、さらに言うとサブカルが大好きで、いつもパソコンにかじりついていた。 その中でも特に「被写体

書きかけのストーリー

Hiranishi Maiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|