STORYS.JP

桂 裕子

桂 裕子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

桂 裕子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

田代 政史
2513
39

【リアルカイジ】元公務員K氏に教わった違法カジノで自分の人生がたった180日で○○になり、その後●●になった話

※ これからお話する内容には違法な内容がてんこもりです。 あくまでもフィクションという事でおさめて頂ければ幸いです。 遠くから微かに歌が聞こえる。 ♬ あなたに〜 会えて〜 よかった〜   あなたには希望の〜 匂いがする〜   つまずいて〜 傷ついて〜 泣き叫んでも〜   さわやかな希望の〜 匂いがする〜 ♬ 気づいたらいつもの公園にいた。 ここから見える景色はいつもとは全く違う。 もう、歩けない‥
Suzuki Nana
569
6

【娼婦の少女がみた青い空】父宛に贈られてきた娼婦の少女の物語・父の想い出②

父が仕事でシンガポールへ行った時のこと。   ホテルに戻ると、取引先の会社からプレゼントがあった。 それはなんと、一人の少女の娼婦・・・  よっぽど、日本人のビジネスマンにはそういうサービスが喜ばれると思われているのだろうか。 そう言えば、ずっと昔、バイトしていた時に、 俺の血をひく子どもがフィリピンのどこかにいるはずだ、 などということを、平気で自慢するように話していたオヤジを想い出した。 まった
Chinjyao Losu
379
6

公園で見知らぬ子供10人を説教していたら、親がぞろぞろやってきて…

■何げない休日 とある日の昼下がり 天気が良かったので、私は近所の少し大きめな公園でランニングをしていた。 ちょうどゴールデンウィークという事で、BBQをしている団体がおり人口密度は高かった。 BBQの煙がランニングコースに流れ、いつものコースと雰囲気は違っていた。 走っていると子供達が10人位で遊んでいるのが見えた。  私はこの公園で、ときどき10才位の子供達にサッカーを教えているので、 顔見知り
平川 菜々緒
242
21

人生最大の失恋3 長いぞ。

ハイドさんには女が沢山いた。 globeのねーちゃんみたいな銀髪やらエステシャンやら。 全部遊びらしい。今思えば一人に依存するのが怖かったのだと思う。 多分、捨てられるということはもう絶対に嫌なのだ。 ナナオはいつの間にか彼のポールポジションをとる。 が、浮気は止まらない。 ラブレターがしょっちゅうドアに挟まってる。 ハイド うお!エステシャンなんだよこれ。6000円のハンドクリームとかドアノブ
三上 優貴
405
9

大切な人を失った女の10年+αの話

今から十数年前。 3年と少し付き合ってる彼が隣にいる。 『彼』がそばにいること。 それはすでに当たり前になっていて、その当たり前がどんなに幸せかまだ若かったわたしにはわからなかった。 失うことなんて考えもしなかったし、この日常がずっと続くものだと思ってた。 お互い久しぶりの休日で、彼が趣味としているサーフィンをするために海へ向かってる途中。 移動が嫌いなわたしは機嫌が悪い。 わたし 『もっと近い海で
Yoshida Maiko
28

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第35話

忍び寄る影 《これまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店のナンバーワンを目指していた。ところが恋心を抱いていた佐々木が突然店を辞め、店を取り仕切る立場の玲子に裏切られていたことを知った桃子は、玲子をいつか見返すことを誓う。そして、ついにナンバーワンの座を手にした桃子はオーナーの川崎に取り入り、玲子をパテオから
Yoshida Maiko
44

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第34話

玲子の失脚 《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店のナンバーワンを目指していた。ところが恋心を抱いていた佐々木が突然店を辞め、店を取り仕切る立場の玲子に裏切られていたことを知った桃子は、玲子をいつか見返すことを誓う。そして、ついにナンバーワンの座を手にした桃子だが、それでは満足できず、本当の意味でパテオ
Yoshida Maiko
80
3

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第30話

《これまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな矢先、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が店を辞めショックを受けパテオを辞める決心をする桃子だったが、佐々木からの店を取り仕切る玲子に裏切られていたことを聞いた桃子は、玲子をいつか見返すことを誓い再びナンバーワンの座
Yoshida Maiko
88

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第29話

《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな矢先、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が店を辞めショックを受ける。やけ酒を飲んだ帰り、思わぬ母の訪問などあり、ついにパテオを辞める決心をする桃子だったが、佐々木からの電話で、店を取り仕切る玲子に裏切られていたことを
石郷 碧
2105
5

息子が20万人に一人と言われる難病と闘った話。たった9か月間の3人家族だった。

あの時の私は幼すぎてすべて甘かった。息子にこんな思いをさせずに済んだかもしれない。 私が妊娠したのは22歳の時。 妊娠した時はどうしようと悩んだけど、相手も喜んでくれたし、親も喜んでくれた。 でも、そのとき親が改まった表情で「話がある」と言われた。 その話とは兄と甥っ子のこと。 兄は2歳になったとき亡くなった。姉の子どもの甥っ子も1歳過ぎて2歳手前で亡くなった。 そのとき、「もしかしたら病気が遺伝し

書きかけのストーリー

桂 裕子さんの書きかけのストーリーはありません

桂 裕子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|