STORYS.JP

京花 Kyoka

京花 Kyokaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

京花 Kyokaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

只石 昌幸
1419
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
北原 孝彦
253
4

僕の人生を変えた魔法の習慣 - 落ちこぼれが○○に気づいて3年で店長になった話

こんにちは。 美容室経営をしている北原といいます。 僕は小学生の頃からずっと落ちこぼれで、友達は一人もおらず、学校の勉強にもついていけませんでした。 そんな僕は社会人になっても落ちこぼれつづけ、先の見えない将来に強い不安を感じていました。 ところが、たった1つの魔法の習慣で人生がガラリと変わり、3年で当時働いていたお店の店長に就任するまでになりました。 ここでは、その時の話をお伝えさせていただこうと

書きかけのストーリー

京花 Kyokaさんの書きかけのストーリーはありません

京花 Kyokaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|