STORYS.JP

松 宅

松 宅の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

松 宅の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

イチゴラテ 生クリームのせ
50

鬱病を克服するためにナンパ師になったアラフォー男の話

それは、ハロウィンの頃。 私は夜な夜な繰り広げられる非日常的な仮装パーティーに酔いしれていた。 名古屋市緑区の坊主山という郊外で育った私は、学生時代から都会に憧れていた。 綺麗に着飾って、高級なレストランで、露出したワンピースを着て、シャンパングラスを片手に甘い言葉を囁いてくれるナイスガイとのデート。 代官山、六本木、恵比寿、広尾… 飯倉の交差点から高速に乗る マセラティのエンジン音が心地よくBGM
市川 英昭
47

ボクと彼女と就職活動

「ホタテノスシガデキタノ・・・」 長い沈黙を破りようやく零れ落ちた彼女の言葉を 都合良く脳内変換してみたが すすり泣く彼女の前で 現実逃避は無理だと直ぐに悟った。 土砂降りの中、天気予報を見るくらい 彼女が伝えたいことは明らかだった。 それでも受け入れ難い現実を少しでも遠ざけたくて 「えっ?何?」 と聞き返した。 涙声のせいで さっきより「ホタテノスシ」っぽく聞こえたが 無論彼女が言いたかったことは
馬場 猪木
12478

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 7

リストラを行なう側となって、自分の部下たちと面談をすることになったわたし。 わたし 週末は何してたの? 彼女 友達とディズニーランドに行ったんですよ! わたし ともだち??本当に、ただの友達なの? 彼女 そうですよー。彼氏とって言わせたいんですよね。 わたし そういや、彼氏とは最近どうなの?ぼちぼち結婚とか言ってなかったっけ? 彼女 まだそんなの考えてないですよ。向こうは結婚しようねとか言ってくれま

書きかけのストーリー

松 宅さんの書きかけのストーリーはありません

松 宅さんにもっと聞きたい話リクエストする

|