STORYS.JP

近藤 昌弘

近藤 昌弘の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

近藤 昌弘の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

下山 純生
464

36才の時、転職活動で○○と○○をして内定7社もらった話

この話は実話ですが自慢話ではありません ここ数年、内定が貰えずに自殺する学生が年に百人以上いるというニュースを見て、少しでもそういう若い人たちを救うお役に立てれば、という思いで、これから就転職される人向けのアドバイスを交えて私の過去の転職ストーリーをお話しします。 この話は今から10年ほど前の話になります。 当時私は横浜のソフトウェア会社に勤めていました。 ブラック業界(当時は3Kと呼ばれていました
ワタナベ タカユキ
28

イノチノツカイカター日本編ーβ版

「学歴がない」「夢がない」「金がない」 誰かと同じように歩幅をあわせて生きる。 決まった時間に起きて決まった時間に仕事をする。 どんな車に乗ってるか? どんな家に住んでいるか? どれだけお金を持っているか? しんどい=頑張ってる と言う常識が僕を殺した。 諦めてばっかの僕はもう死んだ。もう一度立ち上がっていいですか? はじめに 27歳。初めて上京してきた僕は所持金4万円と携帯だけだった。 自分のでき
関根 秀和
38
2

ネットビジネスが違うと思ったとき 1

「ピーピーピープルルルル....ガッガガ...」 インターネットに接続するのに電話をかけていた...荒れ果てた荒野のようなサイトを自由気ままに歩き回り、Q2自動接続なんていう地雷を踏みそうになったりしていた、ぎりぎりインターネット第一世代?で、この頃が中学1年生ぐらいです。 そのころはGoogleなんて高級な物はない時代でしたが、インターネットの進化は凄く速くて、パソコン通信、モジュラージャックでつ
Sakai Tomoko
356
9

コネで適当に決まった就職がその後の生き方を変えた 最終回

新たなる夢の実現へ 専門学校2年生のときに、車いすテニスに出合った。これがきっかけで、将来夫となる人と出会うことになるわけだけれど。 8月のある日、有明テニスの森のテニスコートで、国内トップの選手の試合が見られるという情報をもらい見に行った。一般のテニスコートで決勝が行われたのだが、ひとりはいろいろな本でも目にしたことのある、国内ランキング1位のS選手だった。シドニーパラリンピックにも出場したのも知

書きかけのストーリー

近藤 昌弘さんの書きかけのストーリーはありません

近藤 昌弘さんにもっと聞きたい話リクエストする

|