STORYS.JP

森本 千鶴

森本 千鶴の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

森本 千鶴の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

遠藤 譲
2748
2

アウトドア初心者が、アフリカで中古車を買ってテントを張りながら100日間旅をしてみた話<3>「初日に失くしたもの」

旅の初日に失った(きっと)大事なもの いよいよ旅立ちの朝。 それまで住んでいた部屋のイタリア人大家さんがボクたちの旅立ちを見送ってくれた。 ボクと入れ替わりで住むことが決まっていた新しい居住者も、生活用品が詰まった段ボール箱の横で鍋を片手にボクがさっさと部屋を明け渡すのを待っていた。 二人に見守られながら車のイグニッションキーをゆっくりと回すとドアをカタカタと揺らしながらエンジンが掛り、サイドミラー
村田 悠
148
4

突然の望まない「さよなら」から、あなたを守ることができるように。

▼祈り 祈りを込めて、僕はこの文章を書く。 この文章を読んだ人が、交通事故でひどい目にあったりしないように。 あるいは、誰かを交通事故でひどい目にあわせたりしないように。 たとえ、明日事故に遭うことを何らかの存在に決められかけている人がいたとしても、僕がこの文章で、その宿命を祓う。それくらいの覚悟で、僕はこの文章を書く。だから、読んだ人は車を運転するとき、頭の片隅でこの話を思い出してほしい。 あなた
コトリ タロウ
1102
46

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

前回のお話では、私の生い立ちについて簡単に触れました。 その後、両親だけでなく、私の人生も上手くいかなくなっていました。 大学進学のために、家を出たものの、3年のときに、中退してしまいました。 外側の言い訳は、 「父親がリストラされたから家計の負担を減らすため。あと、このまま大学に残っても別に得るものもないだろうし。」 というような、かっこつけた理由を付けていました。 しかし、ホントのところの中退の
Yoshida Maiko
55
3

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第30話

《これまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな矢先、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が店を辞めショックを受けパテオを辞める決心をする桃子だったが、佐々木からの店を取り仕切る玲子に裏切られていたことを聞いた桃子は、玲子をいつか見返すことを誓い再びナンバーワンの座
Mizuno Keiko
92
8

もしかしたら、母は中国残留孤児になっていたかもしれない・・・。 戦後の満州から幼子を連れて日本に帰国した祖母の話。今、私がここにいることの奇跡。後書き

終わりに・・・ なんとか、終戦の日に書き終えることが出来てよかったです。途中でたくさんの人に、読んで良かったとか、リクエストのメッセージを頂いたりして、励みになりました。読んで頂いた皆様には、私の長く、つたない文章にお付き合い頂きありがとうございました。 この話は、叔母の話をもとに、時代背景を自分なりに調べて書いたものです。時系列などはもしかしたら前後があるかもしれませんが、そこは素人の文章としてお
嶋津 桂子
563
12

新品のスポンジが泥水を吸ったらしい。―純粋だった少女が恋愛と酒とセックスで変わっていくお話3―

前回の続き。 婚約破棄を四回経験したときのはなし (の一回目)。 ******* 「ひとりでバーに来る女は狙い目」という都市伝説は、おそらく本当である。 バーはもちろん、お酒を飲む場所であるが、実は酒以外に、もうひとり主役がいる。「バーテンダー」だ。 居酒屋のような機械的な接客ではなく、プロのバーテンダーの、「その客」に合った臨機応変な対応……つまり、「気遣い」や「心遣い」のある接客は、商品と言って
笠松 拓也
155
3

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

(5)最後に 最後に、このSTORYなどで伝えたかった、何よりも自分に伝えたかったこと。 ・・・ 本能を大事にすることでご機嫌になるよ 今、自分が生きている世界は、あらゆる前提のもと成り立っている。 地球上の地理・風土・宗教・経済・家庭・学校・職場 それぞれの論理で動いているからこそ、思うようにいかないこともいっぱいだ。 みんな好き勝手なことばっかり。煩わしいことばかりだ。 でも、一番大事なのは何?
Sato Masashi
110
2

【慶二郎】こんなんで勝てるわきゃーないよ

時系列はメチャメチャ。今日は日が日でもあるので少し重い事も含めて書く。 行軍 ビルマの森の中を歩く。木と草ばかりの森の中を。 慶二郎は機関銃を担当していて、分隊長という役割をもらっていた。大体10人くらいの猛者どもを部下にして、目的の場所まで延々と歩く。 「猛者ども」と彼はいつも自分の部下達をそう表現していて、自分が東京の下町で育ったもやしっ子的な見方をしていたようだった。実際サバイバル的な部分は猛
Matsui Takahiro
72

墓碑を読むとその街の歴史がわかるという話

墓碑を読むのが好きだ。墓地に行き、墓碑を読むことで、その土地の歩みを知ることができる。 長く滞在する土地では、必ず墓地に行き、葬られている人の墓碑を読んで歩く。ロンドンのグリニッジの墓地では大英帝国時代の墓碑が興味深い。バンコクでは中華系タイ人の墓碑がそのままバンコク発展の歴史を物語っている。 セブでも古い墓碑はほとんど中華系住民のものだが、それ以外に多いのは太平洋戦争の犠牲者の墓碑。爆撃により、艦
Yoshida Maiko
31

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第28話

知られざる顔 《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな矢先、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が店を辞めショックを受ける。やけ酒を飲んだ帰り元恋人の拓也に、振られた腹いせに桃子が売春していると噂を流したと告白されたり、実家の母の急な訪問で、桃子の心は揺れ動

書きかけのストーリー

森本 千鶴さんの書きかけのストーリーはありません

森本 千鶴さんにもっと聞きたい話リクエストする

|