STORYS.JP

青野 友哉

青野 友哉の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

青野 友哉の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Suzuki Takuya
19079
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
山崎 理恵みりえ
316
16

22歳で無計画に会社を辞め、無資金で学習塾を開いた、【無謀女子な結末】は○○

星が落ちてきたわけでも、 胃の弱いお局様に意味のないことをねちねちと言われ続けたわけでも、 前頭部がまるで発光しているような上司に セクハラされたわけでもない。 ただ、 みりえ あきた。 【☆彡1、ただ、あきた】  30年前、その頃ちょうど男女雇用均等法なるものができた時代だった。  女の子は短大に行くのがふつうで、その後事務OLになるのがあたりまえだった。  短大を卒業して勤めたところは、会社の頭
馬場 猪木
12900

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 7

リストラを行なう側となって、自分の部下たちと面談をすることになったわたし。 わたし 週末は何してたの? 彼女 友達とディズニーランドに行ったんですよ! わたし ともだち??本当に、ただの友達なの? 彼女 そうですよー。彼氏とって言わせたいんですよね。 わたし そういや、彼氏とは最近どうなの?ぼちぼち結婚とか言ってなかったっけ? 彼女 まだそんなの考えてないですよ。向こうは結婚しようねとか言ってくれま
馬場 猪木
11607
6

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 6

来週になればリストラのための話し合いをしなくてはならない部下たちと、 中途入社者の歓迎会を開催するために夜の街へと繰り出した。 週末でなくても人々でごった返す街。最近、名前を変えたメインストリートは、 若者たちでにぎわっていた。喧騒を抜けて少しだけ静かになる一角に、 幹事である部下が予約した店がある。その幹事ですら、数か月後には自主退職 を迫られるのであるが。。。 開始時間を15分ほど遅れて店に入る
馬場 猪木
11929

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 5

正しいリストラの仕方を伝授され、死刑執行人へと成り下がったわたし。部下の待つ自席へ戻る足取りは重かった。 所属部門の執行人たちと、道すがら簡単な打ち合わせがあった。 部下との面談は翌週から行なうことが決まる。 上司ごとに死刑囚を選んでいるが、対象者だけと面談を行なうことを避けるために、部下全員と面談することになった。 話し合いの上で本人の希望として退職を導かなくてはならず、 狙い撃ちするような見え方
馬場 猪木
12481
4

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 4

会社はリストラに対して、辞めさせられる社員のためであるという大義名分を打ち出した。否定の声をあげられなかったわたしは、リストラ対象者の処刑人を請け負ったのだ。 頭のなかだけではなく身体中を駆けまわっていた怒りという感情は、 会社に向けられると同時に、無力な自分自身に向けられていた。 後に告げられる具体的な処刑方法について、相槌すらなく聞いているだけだった。 具体的な内容としてはじめに伝えられたのは、
Handa Naoto
50617
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
みかみ いちろう
137
2

成績をあげるための唯一の方法

みんな、勉強ができるようになりたいだろう?俺もだ。で、俺はずっと考えて来たわけだ。勉強がどうやったらできるかってことをだ。 俺は塾の先生をやっている。 それも優秀な高校生ばかりを教えている。 東大のような難関大学や医学部を受けるような生徒達だ。 なのに俺は工業高校を卒業している。 工業高校を卒業した俺が、普通のヤツらと違う方法で勉強をして来て、そして勉強について考えまくったことを書いてみたいと思うの

書きかけのストーリー

青野 友哉さんの書きかけのストーリーはありません

青野 友哉さんにもっと聞きたい話リクエストする

|