STORYS.JP

宮川 未来

宮川 未来の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

宮川 未来の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kawaguchi Yoshiki
273
1

才能がない、という才能|自分軸が見つかるまで

内申点は5.0だったけど、僕は芸大に進学した。 面接官の先生 なんでこの成績でうちに来たの? 日本大学芸術学部映画学科演技コース。 その入試の最終面接で、僕の出した内申書を見て面接官の教授は僕にそう尋ねた。 「(まぁ、当然の疑問ですよね)」と僕は思った。 僕のいた高校は都内でも(まぁ割と)優秀な方の進学校。御三家と呼ばれる開成・麻布・武蔵の滑り止めになるような高校で、生徒の進学先は大半が国立か医学部
宮本 佳実
534
5

SATCのキャリーに憧れていたOLの私が、週休5日で年収1000万円になるまで

毎日、ギュウギュウの満員電車の中で押し潰されそうになりながら、こんな風に思っていた。 「絶対に、この生活から抜け出してやる……」 来る日も来る日も、同じことを、飽きもせず考えていたあのころの私。 「あーあ、このまま結婚をして、子どもを産んで、家のローンができて……。 そうしたら、忙しい子育ての合間に家のローンのためにパートに出たりするのかな」 「どうせ働くなら、"自分にしかできない仕事"をしたいなぁ
ぎぶん そら
2083
13

本当にやりたいことを本気で、今日見つけたい人へ

私がやっと見つけた方法をおしえます! 自分は何をやりたいのかと悩んでいる人はたくさんいると思う。でも、本気で毎日それを見つけたいと日々努力している人は少ないと思う。 それはどうやってみつけたらよいかわからないからである。考えても、考えても、わからない、意見がまとまらない、人の意見を聞いても、セミナーに出ても、いろんな本を読んでも、自分がなにをしたいのかまったくわからない。だから、毎日を楽しく生きれば
斎藤 悠輔
554
12

TOEIC350点、貯金無し、今までパスポートすら作ったことの無かった大学生が実費0円で世界一周した話。

まだまだ一人前にもほど遠い未熟な学生ですが、このエピソードを通してお伝えしたいことがあります。 それは 情熱を持って自分のやりたいことを貫くことで、それが社会の共感を得られたら資金をはじめとした協力を得られる ということ。 学生は時間はあるけど、お金は無い。大抵の学生はやりたいことをお金という問題で諦めてしまうと思います。僕もそのうちの一人でした。 しかし、この経験を通してどんなに遠くてもコツコツ積
Ko Hidetaka
590
17

もしもパソコンを触ったことがない文系大学新入生がシリコンバレーに初海外一人旅をしたら........

「お客様 お客様 目的地に到着しましたよ!」という若い背の高い美人なお姉さんの高い声で僕は目が覚めた。目を開けた先に広がっていたのは「新しいセカイ」だった まず簡単な自己紹介をすると小中高とサッカーを10年以上続けていました。体育会系の人でした。だからもちろんパソコンも触ったことないに等しいし、英語も話せません。現地に知り合いも最初は0でした。 そんな自分がなぜいきなりシリコンバレーに行こうと思った
間部 理仁
3156
57

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
井上 祐巳梨
1632
12

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして
Kato Yuki
19909
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進
AONO YUJI
1895

一度社会のレールからダイブしてフリーターになった僕が、大手広告会社に内定を貰えた理由。 (前篇)

これは海外留学経験もなく、学生時代に起業を試みたわけでも無い、 ごくごく平凡な家庭に育った、ごくごく普通の青年が、ちょっとだけ勇気を振り絞ったときの物語です。 ※画像はイメージです。 僕のことを、簡単に。 僕は、現在26歳。社会人4年目だ。 4年間の社会人歴のうち、最初の2年と3ヶ月で会社を2度辞め、社会のレールから飛び降り、フリーター生活を8カ月ほど過ごしてきた。 そんな僕が半年前、3度目の転職で
Suzuki Takuya
18780
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書

書きかけのストーリー

宮川 未来さんの書きかけのストーリーはありません

宮川 未来さんにもっと聞きたい話リクエストする

|