STORYS.JP

高瀬 葵

高瀬 葵の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

高瀬 葵の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

須ノ内 誠
189
1

世の中の癌と呼ばれて

「今日から私たちがあなたの親よ」 日本に来た1993年7月の事だった。 そのときの事ははっきりと覚えてる。 昨日まで自分は日本からはるか3万キロ離れたサンパウロ・ブラジルにいた。 僕が生まれて2週間後、母親は日本に行った。 出稼ぎ。 ブラジルの給料じゃ、生まれたばかりの子供を養っていくのは難しいという事で、日本に行けば当時のブラジル人の年収くらいの給料が一月で稼げてしまった。 僕の実の父親は、僕がお
神谷 純平
1222
22

”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

今日も一日、はじまるのか・・・ やっぱりつまらない。セブンイレブンで朝食を買う日課をこなしながら感じていた行き詰まり この仕事を続けている以上、毎日電車に揺られて同じ職場に行く日々が見えている。 やったら出来る。 日本で一番の営業成績。 そんな安心感と、華やかに見えていた生活も、これから出逢うある人から見ると、私の人生は完全に終わっていました。            ある人 (画像はイメージです。)
嶋津 桂子
608
13

新品のスポンジが泥水を吸ったらしい。―純粋だった少女が恋愛と酒とセックスで変わっていくお話3―

前回の続き。 婚約破棄を四回経験したときのはなし (の一回目)。 ******* 「ひとりでバーに来る女は狙い目」という都市伝説は、おそらく本当である。 バーはもちろん、お酒を飲む場所であるが、実は酒以外に、もうひとり主役がいる。「バーテンダー」だ。 居酒屋のような機械的な接客ではなく、プロのバーテンダーの、「その客」に合った臨機応変な対応……つまり、「気遣い」や「心遣い」のある接客は、商品と言って
大隈 明子
83
2

それは神がかり的な出会いから始まった~その8

着いてみると、そこはスゴイ場所でした。 多分、一般旅行者が入れる場所ではないです。 「こ・ここはっ!?」 「何?何?どうなっているの~~?」 「私たち、こんな所で食べていいんですかっ!?」 事情があって、場所も案内してくれた方々の 顔もお名前も出せないんです。 県のお偉いさん方しかいないところですね。 でも、雰囲気だけちょっと この方は、ドライバーの柳さんなので顔出しOK! 私たちがここに着いた時に
矢野 雄也
455
6

所持金3000円ホームレス男との共同生活で人生が変わった話

Suzuki Takuya
19079
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
大貫 恵
11359
133

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
大貫 恵
104715
13

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

こんにちは、おおぬきです。前編を読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。そしてここからは、なにも言わなくなった旦那と過ごす、私と家族の最後の3日間です。いま思い出しても涙が出てくるけど、頑張って書くので、最後までおつきあいよろしくお願いします。 旦那を一般病棟(個室)へ移してもらったのが、2月14日のお昼過ぎ。人工呼吸器を装着し、太ももの付け根から血圧を維持する薬を入れるためにカテーテルを挿
神谷 純平
2658
65

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

お母さんが言ってたの! 人生をワクワク生きる為には、 荷物を持つ不安よりも大切な ◯◯を持ちなさいって。 はじめまして。一年のほとんどを海外で旅しながら『好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活』を実践している神谷純平といいます。 いまから8年前、わたしはうつ病でベッドから立ち上がることが出来なくなっていた時期があります。 その時、同じアルバイト先のゴンちゃんから、人生を変えるきっかけを貰
大柴 貴紀
1272
10

16歳夏の忘れられない悲しい出来事

これまでの人生で最も勉強をした時期である中学3年の冬。僕の勉強机は家族の寝室の一角にあった。夜遅く勉強する時は部屋の電気を消し、机の蛍光灯だけで勉強した。傍らには家族が寝ていた。机の蛍光灯が寝ている母親の顔に当たらないように工夫したりした。この頃、母親の体調が急激に悪くなっていた。 母親の様子が少しおかしいなと気づいたのは秋くらいだった。これまで就寝時以外に横になっているのを見た事がなかったが、この

書きかけのストーリー

高瀬 葵さんの書きかけのストーリーはありません

高瀬 葵さんにもっと聞きたい話リクエストする

|