STORYS.JP

井上 美結

過去に現場監督として働いた経験から
そこでのハラスメントや嫌がらせをきっかけに建設業の働き方に疑問を抱く。
建設業で働く女性がストレスなくより働きやすくなるために
建設業女性に特化したマッチングサイトの運営を準備中。

ストーリーをリクエストする

井上 美結の人生のストーリー

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題

このストーリーを書くにあたって初めにお伝えしたいのは 私は建設業が嫌いではないし 現場監督という仕事が嫌ではないということ。 むしろものづくりの仕事は素晴らしいと思っているし そこで働く人を尊敬している。 ただ、建設業の働く環境には疑問を持っている。 これから書く私に起きた出来事は 特別なことではなく 当たり前に起きている現実である。 女性で建設業で働く方 家族に建設業で働く人がいる方 建設業で働く

現場監督という仕事の中身を少しでも知ってもらうきっかけになれば

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 3

問題が起きたのは朝礼だった。 工事現場の朝礼は 伝達事項とラジオ体操が定番だ。 正直夏場などは 朝礼の時間が長いと 立ちっぱなしでいるので 立ちくらみを起こしそうだった。 現場初日の私は手続等があった関係で 初めて現場に入る人専用のレーンに並びそこで朝礼を受けていた。 ラジオ体操が終わり 列に戻ろうとした瞬間だった。 朝礼当番 肩もみ始めまーす! 私 え!? そして知らない職人さんが 私の肩を掴んで

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 2

なぜか私だけが呼ばれた配属発表日。 この時間は緊張しかしなかった。 もし地方配属だとすると・・ 名古屋? いや、まさかの大阪? はたまた九州!? いろんな考えが頭をよぎっていた。 が、その考えを遮るように総務人事部長が口を開いた 総務人事部長 井上の配属先なんだが・・工事部になった。 私 え・・・? 頭が真っ白になった。 というのも自分の考えを超えてしまっていたから。 「工事部ってことは、私現場監督

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 4

仕事を始めてから発生した問題 それは 力の問題。 現場監督の仕事というのは 職人さんへの作業の指示出しだけではなく 資材の発注・搬入 施工後の試験や確認 図面作成 他業者との工程の打ち合わせ・・などたくさんある。 その中でも1番苦労したのは 足場の運搬作業だった。 現場では高いところを覗くのに脚立ではなく それより重たくて丈夫なタチウマという足場を使うのだが それを私1人で持ち運べなかった。 最初上

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 5

私の概念を変えた上司の言葉 それは 「俺たちは会社員ではない。 この現場という会社の社長なんだ。」 「だから現場を完成させるためなら休みだってなくて当たり前。 だって、会社の責任者なんだから。」 この言葉を聞いた時 私 「あー、私小さいなぁ」 と思ってしまった。 今まで会社員なのに・・とか 固定給のくせに・・ そんなことに振り回されていたけど 私のやってる仕事ってのは 普通の会社員レベルの仕事以上の

読んでよかったストーリー

明日の タケシ
1215
5

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

ひとりで生きていくという本当の意味を、理解するのは難しい。 それは、誰もがひとりでは生きていけないと思っているからであり、誰もがひとりで生きているのだと、信じているからに違いない。 僕が父子家庭になったのは、平成17年冬のことだった。 父子家庭という生き方が世の中に認知されるずっとずっと前のことで、それは思いがけずある日突然に訪れた。 その年のクリスマスにサンタさんがやってこなかったのは、子供たちが
寳槻 泰伸
29135
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
阪口 ユウキ
41476
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
大貫 恵
128301
16

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

暗い話ですいません。 最初に謝っておきます。 暗い話です。嫌な話です。 ですが死は誰にでも訪れ、それはどのタイミングでやってくるのかわかりません。 これは私の主人が脳出血を発症し、急逝した時の「私の行動と心情をまとめた話」です。 命に関わる病気をいきなり発症する確率は誰にでもあると思います。 もし身近な人にそれが起こったとき…この話が少しでも役に立てば…。 まずは、私の旦那がなぜ死ぬことになったのか
井上 美結
22

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 4

仕事を始めてから発生した問題 それは 力の問題。 現場監督の仕事というのは 職人さんへの作業の指示出しだけではなく 資材の発注・搬入 施工後の試験や確認 図面作成 他業者との工程の打ち合わせ・・などたくさんある。 その中でも1番苦労したのは 足場の運搬作業だった。 現場では高いところを覗くのに脚立ではなく それより重たくて丈夫なタチウマという足場を使うのだが それを私1人で持ち運べなかった。 最初上

書きかけのストーリー

井上 美結さんにもっと聞きたい話リクエストする

|