STORYS.JP

豊里 勇太

豊里 勇太の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

豊里 勇太の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

只石 昌幸
1350
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
宇高 俊晃
36

「美容師として大事なことに気付かされた日々」【STORY5】~地球髪切屋~世界一周後、世界でたった一つの「鏡のない美容室」を作ろうとする変わった美容師の話。

美容師になった僕が、何を想い、何を感じ、どんな経験を経て今の僕になったのか。そんなことを綴ったストーリーです。 美容師になってもはや11年。 この日々がなければ今の僕はありません。 あなたの髪に触れるときの僕の想いを知っていただけたらと思います。 この日本には美容室が22万件もある。 コンビニで5万件、歯医者で8万件、なんなら信号機より多いらしい。 当たり前のように髪が伸びたら美容室に行

書きかけのストーリー

豊里 勇太さんの書きかけのストーリーはありません

豊里 勇太さんにもっと聞きたい話リクエストする

|