STORYS.JP

神谷 朋彦

神谷 朋彦の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

神谷 朋彦の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

よう いんひょく
276
8

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 11

夢の続きへ これから、どんどん次の作品は出していかねばなりません。 もちろん僕も音楽の勉強はし続けていきますが、 予定していたTake 6の曲 は出さないことにしたので、今すぐに素晴らしいアカペラアレンジをすることが必要になったのです。 制作会社にもたくさんアレンジャーの方がいらっしゃいますが、ジャズピアノを習っていたときの先生とアカペラアレンジをしてみたところ、アカペラアレンジはやっぱり独特なもの
古田 博久
190
6

切断された父の指

私の父は、愛知県の田舎で小さな歯科医院を営んでいました。毎日同じことの繰り返しに見える歯医者の仕事は、当時の私には面白いと感じませんでした。しかし、現在、私が歯科医をしているのは、まぎれもなく父の影響です。 50歳を目前にし、父は右手親指に違和感を覚え病院に行きました。病気もせず健康だった父は、精密検査をはじめて受け、疲れていました。  「ちょっとした皮膚炎だろう」。しかし、下された診断は、予想にも
寳槻 泰伸
3250
109

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
長野 亘孝
914
2

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑤

どんな成果を手にしたのか? 編集部おすすめのストーリーに取り上げて頂きましてありがとうございました。 多くの方にも読んで頂けて嬉しいです。 「読んでよかった」ボタンもありがとうございました。 みなさんのおかげで書けました! 冒険①はこちらから 立ったまま気絶するほどやり込んだことには大きな意味がありました。 残酷な現実と無念さを感じ続けた日々に立ち向かった約300日。 真っ暗なトンネルで先が見通せず
長野 亘孝
1498
10

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険②

脳の障害ヤバいよ!ヤバいよ! それが早い退院を決めた理由でした。 脳の特殊な検査をする西宮の病院で最悪の評価を受けて、 生きる希望がありませんでした。 一般的にはこの検査は2時間もかからないそうです。 でも、この時一つ一つの検査が僕にとっての当時の体感ですよ。 それは、まるで50mの全力ダッシュを繰り返しているようなそんな疲労感でした。 つらすぎでした。 だから、連続で検査できず、中断とやる!を繰り
白石 悠
490
10

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話

2013年4月5日僕はインターネットカフェにいた。 二日目に突入したネットカフェでの滞在。 なんで俺はここにいるんだったけ? 仕事が出来ずうだつの上がらない僕は上司や先輩に毎日のように叱られ日々のサービス残業、そして溜まってゆく仕事に限界を感じていた。 自分が腐っていく感覚がわかった。 もう無理だ。 休み明けの朝、僕はその日出勤せず実家近くのネットカフェに逃げ込んで、ずっと「 痛くない自殺 」をキー
Mizuno Keiko
99
8

もしかしたら、母は中国残留孤児になっていたかもしれない・・・。 戦後の満州から幼子を連れて日本に帰国した祖母の話。今、私がここにいることの奇跡。後書き

終わりに・・・ なんとか、終戦の日に書き終えることが出来てよかったです。途中でたくさんの人に、読んで良かったとか、リクエストのメッセージを頂いたりして、励みになりました。読んで頂いた皆様には、私の長く、つたない文章にお付き合い頂きありがとうございました。 この話は、叔母の話をもとに、時代背景を自分なりに調べて書いたものです。時系列などはもしかしたら前後があるかもしれませんが、そこは素人の文章としてお

書きかけのストーリー

神谷 朋彦さんの書きかけのストーリーはありません

神谷 朋彦さんにもっと聞きたい話リクエストする

|