STORYS.JP

大倉 みき

大倉 みきの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

大倉 みきの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

長谷川 邦義
123
1

◼️ハネムーンで世界各地の観光名所をドレス姿の嫁を連れて巡った話◼️

「ねー、見えるこの景色ー?!」 iPhoneのテレビ電話越しに僕が言った一言。 そこはイタリア フィレンチェ市の古い街並み。アルノ川にかかる橋と沈む夕陽を 遠く日本にいる彼女に画面越しで見せていた 15世紀のルネッサンス文化の中心となった街であり、街中が今でも石畳の道路で、屋根の色もオレンジ色で均一されている。 何百年前に建てられた建物ばかりが残り、 歴史文化都市にも指定されている街。 まるで絵手紙
馬場 猪木
1147
4

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 10

彼の目には、日増しに殺意が宿っていった(2)|関取くんの優しさに涙を堪えた日。 気弱な関取が自分の元にやってきて、数ヶ月の二人三脚により再生させた。 それから2週間後くらいだっただろうか。再びシコを踏み始めた関取の処刑を命じられたのは。 ■処刑リストのトップに名前のあった関取くん 関取くんとの祝勝会を終えた2週間後。わたしは、件の『自己都合を強要するリストラ』を命じられた。自分の部下を数十名、退職に
渡辺 忍
60
2

【ファイナル】セットアップにかかった日本人の救出作戦

ゲンさんがサインした供述書と私が用意した白い紙を見比べてみればその文字画は明らかに違ったものでした。なにせ、私が用意した白い紙に書いたのはゲンさんの本名では無く、私の名前だったからです。 両方の紙を持ち上げ警察官に高らかに「ねつ造」宣言をした私、奇を狙った作戦は相手に効果があるな先制パンチを放ったことには間違いありませんでした。次第に警察官の顔が赤くなり明らかに動揺しているようでした。 しかしながら
白石 悠
34

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の八

1、いざ!八ヶ岳へ!! 夜の21時ノリ君の車に乗り込みいざ出発!! だが「俺は寝る」と言っていたので早速爆睡させてもらうことに(笑) そして朝の5時に麓へ到着。 「白石さん!着きましたよ!」 んあ!?そういえば山登るんだっけ。。。 正直めんどくさくなってきた(笑) だが歩き出すとテンションは徐々に上がっていき、ノリ君の人となりも分かってきた。 山登りは基本的に一人ですることが多いらしい。 でも今回人

書きかけのストーリー

大倉 みきさんの書きかけのストーリーはありません

大倉 みきさんにもっと聞きたい話リクエストする

|