STORYS.JP

福元 惇二

金融と教育
大手証券会社→大手保険会社→予備校運営のベンチャー企業

ストーリーをリクエストする

福元 惇二の人生のストーリー

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(1)

証券会社の営業マンにとって、新規開拓は月に1件開拓できれば普通。 2件開拓できたならば、月間の目標達成の世界なのです。 事実、私の務めていた証券会社の月間平均新規開拓件数が1件でした。 なのに、 私は新入社員の1年間で100件以上の新規開拓を行い、3億円の資金導入を達成しました。 しかも、東京や大阪や名古屋のような都市圏ではなく、縁もゆかりもない 群馬県 で。 どうして、このような結果を残すことがで

2013年の新卒で入社した証券会社の営業マンストーリーです。
新規開拓で悩む営業マンの参考になればと思います。

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(2)

配属先が決定。そこは、縁もゆかりもない「群馬県」 内定先から手紙が届きました。 配属地決定の手紙です。 大手の証券会社に就職が決まっていた私は、ぼんやりと、東京か大阪か名古屋あたりで働くことになると考えていました。 しかし、封を開けるとそこに書かれていたのは見たこともない地名。 「高崎市」 ん?? いったいどこだろう。 すかさずGoogleで検索。 。 。 。 群馬県!? よくインターネットで騒がれ

配属地決定編

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(3)

心を無にして電話帳の「あ行」から電話をかけていけ 飛び込み営業が終われば、次は電話営業です。 上司から言われた言葉が、 『心を無にして電話帳の「あ行」から電話をかけていけ』。 私は営業活動自体初めてでしたので、慣れない口調で、上司の言われたまま電話をかけ始めました。 新規の方に100件電話をかけて、話を聞いてもらえるのは1件くらい。 1日に200件は電話をかけました。 たまに、暇な人が相手をしてくれ

証券会社の社員に絶望

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(4)

誰にアプローチすれば良いんだ? 証券営業において、お客様選びは重要である。 お金を持っていない人にアプローチをしても、証券会社のお客様にはならない。 証券会社でわざわざ対面で取引をする人なんて、 普通の人ではない のだ。 サラリーマンが、インターネットでも売買できる株式を、わざわざネット証券の何十倍もの高い手数料を払って、取引をするわけないのだ。 サラリーマンに対して、いくら時間をかけてアプローチを

誰にアプローチすればよいのか

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(5)

無駄な電話営業や飛び込み営業は今後一切辞めよう 経営が上手くいっている工場の経営者にアプローチすることに決めたは良いものの、簡単に会うことができる方々ではない。 若者に人気のある業界でもなければイケイケベンチャーIT企業経営者でもないので、メディアに露出したがるわけでもない。 かといって、証券会社の営業マンが工場へ飛び込み営業を仕掛けても、社長にすんなり会わしてくれるわけがないのだ。 普通の方法では

どうやってアプローチすればよいのか

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(6)

税理士先生へのアプローチ。いったい何すれば? 群馬県の税理士先生へのアプローチをしていくには、まず何をしたらいいんだ? まず、目的をきちんと整理しよう。 要は、税理士先生とWIN-WINの関係になれば良いのだ。 税理士先生が 「こいつと仲良くなれば自分にとってもメリットがある」 と思われるようになれば良いのである。 では、どうすれば僕にメリットを感じてくれるのか? 物でも渡すか? おすすめの株でも教

決意

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(7)

どうやって税理士にアプローチするのか馬鹿な僕には全くわからない 税理士にどうやってアプローチすればよいのかを悩んでいた。 何度も言うが、僕は大した人間ではない。 ただの新卒1年目のサラリーマン。 特別な知識や能力なんて皆無なのだ。 とにかく、税理士の方々の役に立って、僕という人間が群馬県にいることを知ってもらいたい。 高崎市(群馬県で一番栄えている市)だけでも税理士は約300人いるようだ。 彼らの役

アポが取れた!

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(8)

どんなに君が良い人間で優れた知識を持っていたとしても、大事な顧問先である経営者を紹介はしない チャリンコに乗って、全力疾走中は何も考えていなかった。 とにかく、アポが取れた、税理士と話せる機会ができたという事実だけで頭がいっぱいになったのだ。 S会計税理士事務所に着いた時、僕は名刺すら持ってきていなかったことに気付いたが、そんなことはどうでもよかった。 僕 こんにちは! 先ほどお電話させていただきま

S先生との出会い

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(9)

よろしければ、アンケートに答えていただけませんか。決して、商品の売り込みはございません。 僕はとにかく税理士に電話をかけまくった。 今までの電話営業は、相手が営業の電話と察知すれば、すぐガチャ切り。 話を聞いてくれる人なんてまずいなかった。 だけど、今回の電話はあくまでもアンケートが目的。 電話が代表の税理士先生に繋がれば、 「○○証券の福元です。このたび、群馬県高崎市の税理士先生に対して何かお役に

営業が変わった

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(10)

証券税制の相談は○○証券の福元へ! 証券税制の勉強は、簡単だった。 ある程度の知識さえ頭に入れておけば、なんてことない。 税理士は株式や債券、投資信託等に馴染みがないのか、仕組みがあまりよく分かっていないようであった。 とにかく、僕は会う税理士全員に 「証券税制でお困りのことや、クライアントにされた質問は全部僕にお電話ください!」 と言い回った。 もちろん無料だ。 少しずつ、色んな税理士から、 「外

証券税制は福元へ

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(11)

初めてのセミナーはもちろん大失敗。けど、不思議と惨めではなかった。 結論からいうと、セミナーは不様なものだった。 当然である。 何度でもいうが、僕は大した人間ではないのだ。 学生時代、何か人に自慢できるような経験をしたことも無ければ人の前に立って話した経験もないのだ。 大学のゼミで自分のレポートや研究を発表するくらいだ。 そんな僕が、50人以上の社会人(まして税理士事務所に勤めている方々)に対して、

セミナー編

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(12)

支店長からの呼び出し 税制の勉強を始めて数週間たったある日、直属の課長が支店長に呼ばれているのを目にした。 支店長とは、銀行や証券会社における、その支店で一番権力が高い人のことである。 僕ら社員からしてみれば、基本的に支店長は、社員全員の目標やノルマに対して進捗具合を管理するとても怖い存在である。 そして何より、支店長が言うことには支店の社員は絶対に逆らえないである。 仕方がない。 それがサラリーマ

また怒られる

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(13)

課長との同行訪問 課長は平成元年のバブルの時に入社した方で、営業畑で生きてきた人間である。 20年以上もの間、ずっと証券営業をしてきたのだ。 いわば、証券営業のプロフェッショナルである。 そんな課長と一緒に営業をするのだ。 普通に考えれば、百人力である。 普通に考えれば。 しかし、僕は課長に対して何の期待もしていない。 いつも部下を怒鳴りつけるばかりでろくに営業に出掛けない。 10分に一回は煙草に火

初めての同行訪問

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(14)

紹介営業の「重さ」 同行訪問が終わった明朝、僕は顧問先を紹介していただいたK先生に電話をかけた。 正直、かなり電話がかけづらくて、逃げ出したいくらいだったのだ。 けど、勇気を振り絞って電話を鳴らした。 僕 お世話になっております。 K先生 あー、君か。 この度はどうも。 実はちょうど電話しようと思ってたんだよね。 僕 ご紹介いただいた社長のことですよね。。。 K先生 そう。 社長から電話が来てさ、お

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(15)

謝罪。そしてまた紹介の重さに気づく 「先日は本当にすみませんでした!!」 工場に着き、社長に会うと同時に、僕は頭を下げた。 社長の顔は呆気にとられた顔をしていた。 そこで私は、K先生から社長の投資信託の中身を見て欲しいと言われていたにも関わらず、投資信託のセールスをしてしまったことを反省している旨を、順を追って説明した。 すると社長は、みるみる笑顔になって、私に語りかけてくれた。 社長 お前が俺にセ

読んでよかったストーリー

福元 惇二
739

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(9)

よろしければ、アンケートに答えていただけませんか。決して、商品の売り込みはございません。 僕はとにかく税理士に電話をかけまくった。 今までの電話営業は、相手が営業の電話と察知すれば、すぐガチャ切り。 話を聞いてくれる人なんてまずいなかった。 だけど、今回の電話はあくまでもアンケートが目的。 電話が代表の税理士先生に繋がれば、 「○○証券の福元です。このたび、群馬県高崎市の税理士先生に対して何かお役に
福元 惇二
743

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(8)

どんなに君が良い人間で優れた知識を持っていたとしても、大事な顧問先である経営者を紹介はしない チャリンコに乗って、全力疾走中は何も考えていなかった。 とにかく、アポが取れた、税理士と話せる機会ができたという事実だけで頭がいっぱいになったのだ。 S会計税理士事務所に着いた時、僕は名刺すら持ってきていなかったことに気付いたが、そんなことはどうでもよかった。 僕 こんにちは! 先ほどお電話させていただきま
福元 惇二
804

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(6)

税理士先生へのアプローチ。いったい何すれば? 群馬県の税理士先生へのアプローチをしていくには、まず何をしたらいいんだ? まず、目的をきちんと整理しよう。 要は、税理士先生とWIN-WINの関係になれば良いのだ。 税理士先生が 「こいつと仲良くなれば自分にとってもメリットがある」 と思われるようになれば良いのである。 では、どうすれば僕にメリットを感じてくれるのか? 物でも渡すか? おすすめの株でも教
福元 惇二
883

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(5)

無駄な電話営業や飛び込み営業は今後一切辞めよう 経営が上手くいっている工場の経営者にアプローチすることに決めたは良いものの、簡単に会うことができる方々ではない。 若者に人気のある業界でもなければイケイケベンチャーIT企業経営者でもないので、メディアに露出したがるわけでもない。 かといって、証券会社の営業マンが工場へ飛び込み営業を仕掛けても、社長にすんなり会わしてくれるわけがないのだ。 普通の方法では
福元 惇二
1029

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(4)

誰にアプローチすれば良いんだ? 証券営業において、お客様選びは重要である。 お金を持っていない人にアプローチをしても、証券会社のお客様にはならない。 証券会社でわざわざ対面で取引をする人なんて、 普通の人ではない のだ。 サラリーマンが、インターネットでも売買できる株式を、わざわざネット証券の何十倍もの高い手数料を払って、取引をするわけないのだ。 サラリーマンに対して、いくら時間をかけてアプローチを
福元 惇二
1182

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(3)

心を無にして電話帳の「あ行」から電話をかけていけ 飛び込み営業が終われば、次は電話営業です。 上司から言われた言葉が、 『心を無にして電話帳の「あ行」から電話をかけていけ』。 私は営業活動自体初めてでしたので、慣れない口調で、上司の言われたまま電話をかけ始めました。 新規の方に100件電話をかけて、話を聞いてもらえるのは1件くらい。 1日に200件は電話をかけました。 たまに、暇な人が相手をしてくれ
滝澤 太
48

「心理ゲーム」を使ってコミュニケーションを  高石宏輔著『あなたは、なぜ、つながれないのか――ラポールと身体知』を読んで思ったこと

 中学生ぐらいの頃からだろうか。僕は目的や結論のない話というものに、なぜか違和感を感じるようになっていた。だから、何気ない日常会話をしながら「どうしてこんな意味のない話をしているんだろう?」とどこかで感じていた。そして「こんなどうでもいい話をしながら、みんなそれに疑問を持っていないようだけど、なぜだろう?」とも思っていた。僕は、誰が好きだの部活がどうだのといった話もいいけど、もっと話すべき大事なこと
Fouret Mami
326
3

オーストラリア留学中にネット中傷被害に合い、裁判を起こした話(1)

2013年2月、私は知人にFacebookと出会い系サイトに自分の偽のアカウントを作られ、その偽のアカウントを使って中傷を受けるというとんでもない目に合った。オーストラリアのメルボルンでグラフィックデザインを学ぶ為に留学中の出来事だった。 嫌がらせは1ヶ月以上続き、その後も地元警察への被害届の提出、そして裁判所への申し立てと限られた留学生活の時間を事件の対応に費やすこととなってしまった。人生を変える
小林 慎太郎
419
11

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

■ラブレター代筆はじめました 「仕事」は楽しいものではない。 苦しくて大変で、時にちょっとだけ楽しいのが「仕事」というもの。 ちょうど1年ほど前、10年以上特に疑いを持たずにいたこの考え方に、ふと疑問を抱くようになった。 つらいことを歯を食いしばってやり続けることは尊く、楽しいこと・楽なことだけやるのは怠慢。 物心ついた時からそのような価値観で育ってきた35歳の男が、「あれ?誰がそう言ってたんだっけ
コレナガ カオリ
367
19

男の子は青。女の子は赤。

みんな、 私の着ているものを見て笑ったわ。 でもそれが私の成功の鍵。 みんなと同じ格好をしなかったからよ。   - ココ・シャネル -(1883年~1971年) フランスの女性ファッションデザイナー。 よく晴れた土曜日。 そう、今日は週末恒例のシューズ洗いの日だ。 一年生になった娘様は、週末になると学校で履くシューズを、小さな手でゴシゴシ洗っていた。 娘様 ママーーー お。仕上げかな? わたし はい

書きかけのストーリー

福元 惇二さんにもっと聞きたい話リクエストする

|