STORYS.JP

知花 薫

子連れで世界を楽しむ
耳が聞こえないママ★薫です

わたしの人生を面白いと言ってくれたある人からの一言で書いてみました
わたしにしか出来ないことを思う存分やっていきますので、
応援よろしくお願いいたします。

ストーリーをリクエストする

知花 薫の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

知花 薫
52
1

何度堕ちても再生してきた ドラマのようなジェットコースター珍生

波瀾万丈だ とよく揶揄されるわたしの珍生 それを面白がってくれる人が少なからずいて わたしは落ちぶれずに済んでいる 北海道の右側に在する 湿原が有名な地にわたしは誕生した 当時 父は祖父の代から経営していた清掃会社を継いで社長として忙しく動き回っていた かと思ったら趣味の社交ダンスにも没頭していた 数年後には自ら社交ダンス教室を造ってしまったのである!! 現在、60歳を過ぎてもなお ロータリークラブ
中村 珍晴
2261
5

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート4

これまで歩んできた四半世紀の人生を振り返ってみて、僕は、「強さ」の本当の意味を勘違いしてたと思います。 昔から、自分の弱い姿を見せることが苦手で、辛いことがあってもいつも強がっていました。 中学、高校生のときは友達にも自分の悩みをほとんど相談することなく、しんどくても「しんどくない!」と振舞い、周りから期待される 「中村珍晴」 を必死に演じてたように思います。 そして周囲から褒められることで安心して
Yamada Risako
1448
20

偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

=================================== 「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」 家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る 「私がスーパー馬鹿だった時の話」 =================================== ◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D 」◆ それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母

書きかけのストーリー

知花 薫さんの書きかけのストーリーはありません

知花 薫さんにもっと聞きたい話リクエストする

|