STORYS.JP

banakemi T

普段はAndroidアプリを開発したり、最近はweb系のことにも少しずつ手を出しております。ここ一年でニートみたいな生活からガラッと変わってスタートアップのお手伝いをさせていただいたり色々楽しい毎日です。

ストーリーをリクエストする

banakemi Tの人生のストーリー

ニート→エンジニア→???

結構前から存在は知っていたものの中々手を出せていなかったこのサービス。 結局、このストーリってやつは、人生に成功した気になって満足している人たちが上から目線で ドヤッ てするサービスなんでしょ?まだまだ早いしそんなのに参加したら恥ずかしくて赤面は免れないだろーなんて思っておりました。 けど、中身を見てみると結構いろんな苦悩を書いている人がいたり意外に自由で興味のあるものばかりで ジコマンの集い では

ニート→エンジニア→????②

びっくりした!!!めっちゃ読まれてんじゃん!3人も先が気になる人がいるだって??ちょっと面白いこと書けないので怖気づいています。。。 さて、今回の保険はこの辺にして。 今回は、エンジニアになる前に脱ニートを目指したちょっとありえない仕事の話をします。 タウンワークを見ていると上野で日給1万円!という求人を発見。確か、正社員になれば月50万円も頂けるとか書いてあった気がします。まぁ今にして思えば怪しす

ニート→エンジニア→???③

こわっ!めっちゃ読まれてる・・・<small style="font-size:1px">見出しの使い方あってる?<small> 上のhtmlは僕の気持ちです。 さて、なんか続きが読みたいと押される度に段々プレッシャーを感じるコジーです。 前回の続きとして 引っ越しのトラックで15h働いて怒鳴られて6k円エピソード、 夏場の草刈りパッカー車楽しい!7k円、 クリーニング屋の配送おばちゃんにモテモテ1

ニート→エンジニア→????④

次回???を明かすとか言ってましたが実は何もありません。。。。 ごめんなさいorz... ただ、ここのところ半分ニートになったこともあり考える時間はたくさんありました。 あぁ~楽しかったなぁサービス作るの・・・ やることは、沢山あるけどなんか心にスッポリ穴が開いたというか・・・ で、ですね。まぁ次の目標を語るのは自由なので、???の代わりに今後の目標を書ければと思います。 今後の目標。 私、結果的に

【地球の歩き方の注意コラムを実践したお話②】ホーチミンで軟禁されかけたお話【前編】

そして、ベトナムへ タイで、ちょっと怖い出来事から2週間程経ち 特にこれといった観光もしないまま 完全にまた脳天気モードになりながらベトナムへ入国。 タイも良い所だったので出来るならもう少し居たかったのですが、というか完全に 沈没 しかけてましたが(笑 でもビザも延長しなくてはならない為とりあえずベトナムへ。 余談ですが 余談ですが、ベトナムに行こうと決めてから実際に行くまで5日程かかりました。 チ

【地球の歩き方の注意コラムを実践したお話①】微笑みの国で銃を突きつけられたお話

旅行者が注意すること。 知らない人にはついて行かない 危なそうなところには近づかない 夜は出歩かない こんなところでしょうか。 けど、こんな旅行面白く無いですよね。 大学は卒業絶望、友人達は単位問題なし将来お先真っ暗(たったこれだけで)半ば自暴自棄にバックパッカーをやっていた頃のお話です。 とりあえず、よくわかんないけど久しぶりに海外に行ってみるか!と思いたちせっせとバイトをしてバックパッカーの聖地

【地球の歩き方の注意コラムを実践したお話②】ホーチミンで軟禁されかけたお話【後編】

そして、14時のパン屋 明日たまたま誕生日 真っ直ぐにパン屋へ向かった迷子ちゃん 誕生日独りになる事は一目瞭然なのに異国に旅行に来てしまう。 爆乳 と、中々の高設定をベトナムで引き当てた私ですが途端に不安になってしまいます。 そう、あのタイで起きた事件を思い出したのです。 とかは無いので。脳天気にパン屋で待つことに。 14時になっても来ないので、あっちも面倒になったのかな? などと、勘ぐっているとタ

そういえば、小学5年生の時Whistlerで$1,000儲けた話①

皆さん!Whistlerは良いですよ!(クッキングパパ風 これは、僕が小学5年生の時に初めて一人海外した時のお話です。 えぇ。もちろん英語なんて微塵も喋れません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コトのキッカケは、夏休み前の5月ぐらいだったでしょうか。 オヤジ お前、一人で海外行きたい? 僕 え?よくわからないけどメッチャ行きたい! 友達

大学中退して好き放題したけど人生どうにかなってる話。結局人とのふれあい。

最近就活中の大学生と話すことが多いのでふと思ったので書き殴ってみる。 スペック。 年齢:25 性別:男 学歴:日東駒専のどっか三年で中退 職業:フリーランスエンジニア 年収:平均年収の1.5倍〜2倍程度 言いたいこと:誠実に生きよう。人情派で生きよう。 好き放題エピソード:他のストーリー見て欲しい。 エンジニア歴:3年? 大学中退してバックパッカーやったり警備員やったりニートやったりトラック運転して

読んでよかったストーリー

えぬ さん
82

世間知らずな僕が、ヒッピーに情景を抱いて海外で暮らす内に、冷却され、日本に帰るまでの話。

世間知らずで打たれ弱い僕が、ヒッピーに情景を抱いて海外で260日を過ごす内に、冷却され、日本に帰るまでの話です。閉塞感を感じて勢いよく日本を飛び出してみたけれど、どこに行っても息苦しさは解消されない。探し続けても、底無しの自由なんてものはない。代わりに発見したのは、自分を大きく見せようとする虚栄心へのシラケと、安定を求める揺るぎようの無い人間の自分でした。 一、 田舎の小学校からそのまま地元の公立中
平田 智夢
360
1

20歳でニュージーランドにワーホリに行ったら、渡航2週間で貯金が底をついた件

2008年3月16日。 平田は大学3年生を休学しニュジーランドにワーキングホリデーとして単身、降り立った。 そもそも、ニュージーランドに渡航しようと思ったキッカケがあった。 2006年に関西学院大学に進学をし、入学をした学部は「神学部」。牧師を養成する学部だった。平田は望んで神学部に入学をしたもの、学部コンプレックスだった。大学で出来た友だちからは「神学部って何勉強してるん〜?ケラケラ」「毎日お祈り
本間 祥生
1

GO FOR YOUR STORY ショー君へ!!!

大塚さん しょーくん STORYS.JP卒業ですね。 STORYS.JPは、しょーくんのようなSTORYS.JPを愛する人たちに支えられて愛が詰まったサービスに成長していると感じています。NHKにいってもSTORYS.JPを愛してやってください!これまで、ありがとう! 川延”くん” 本間しょうがいたからここまでこれました。 NHKヤメタクなるくらいのサービスにするよう頑張るので、頑張って警察の動きを
宮川 耕
309
3

高校中退後に住んだ京大吉田寮

いつ頃の話ですか? 2000年~2002年の話です。 何が起こりましたか? 当時、大阪で共学のスパルタ進学校を中退した私は、大検取って大学に入ろうと思いつつも、生活費稼いで自立することにも興味があって、ふらふらしていました。 そこで巡りあったのが京大吉田寮。とあるきっかけで知り合った応援団員の方に案内してもらい、辿りつきました。 ちなみに、その応援団員の人はめっちゃいい人で、吉田寮の住人に麻雀に誘わ
篠崎 英恵
532
1

貯金残高192円『さぁ、結婚してみよう!』其の二

結婚式するか、否か。 それが、問題だ。 前回の記事に、私と主人の たーさん の馴初めの大体の概要は書かせていただきました。 追記するとしたら、 たーさん と私が出会った場所は某大手出版社の自社スタジオです。 たーさん は、グラビアアイドルの登竜門と言われる某有名青年誌主催の新人グラビアアイドルオーディションでカメラマンを担当していて、そのカメラテスト会場となっていたスタジオでその日にカメラアシスタン
Kuribara Kao
630
20

若年性脳梗塞になってみた  その8(終) ~ 小さくなったって末広がれば大きな幸せ ~

 一晩たってみると親に言われた言葉を真に受けた自分が恥ずかしくなってきました(笑)  第一今の自分の家族は誰でもない、夫です。両親や姉は夫の次の人。  そんな人の言葉に惑わされ、自分が生きる価値があるかどうかなんて考えるなんて恥ずかしいたりゃありゃしない!(笑)  第一それを決めるのは自分自身なのにね。  まあそれが血族ゆえの想いというか呪いというか・・・難しい心であることに違いはありませんでしょう
Ko Hidetaka
568
17

もしもパソコンを触ったことがない文系大学新入生がシリコンバレーに初海外一人旅をしたら........

「お客様 お客様 目的地に到着しましたよ!」という若い背の高い美人なお姉さんの高い声で僕は目が覚めた。目を開けた先に広がっていたのは「新しいセカイ」だった まず簡単な自己紹介をすると小中高とサッカーを10年以上続けていました。体育会系の人でした。だからもちろんパソコンも触ったことないに等しいし、英語も話せません。現地に知り合いも最初は0でした。 そんな自分がなぜいきなりシリコンバレーに行こうと思った
菱沼 真
818
34

人生で大切なことは全て小学校の校長室で学んだ

僕は小学生の頃、いわゆる「いじめ」で不登校になっていた時期がある。 「死にたい」 そう真剣に思っていたこともあった。 その窮地を救ってくれたのは、小学校の校長先生だった。 そして保健室登校ならぬ、「校長室登校」を経験した。 こんな話、人前でしたことなんてなかったが、当時の自分の素直な気持ちと、校長先生への感謝の言葉としてSTORYSに書きたい。 不登校 小学6年の時だ。 僕は不登校に陥っていた。 不
小林 佳徳
721
3

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(最終回)

体質改善を追求し、黒字化へ邁進 赤坂へ移転後も引き続き、不採算事業を1つずつ見直し、注力する部分には選択と集中を図った。 livedoorメールにGmail採用 「黒字化へ最後の一押し」 今でこそ、オリジナルフリーメールアドレス事業を継続しているところは少ないと思うが、2007年7月時点で潔くlivedoorメールサービスをGmailへ転換した。得意なところに、得意なことは任せる、という話だ。 何で
小林 佳徳
1481
6

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(10)

そして六本木から、次なる地へ 一番の理由は分からないが、六本木ヒルズから移転をすることを急遽知らされた。 まず、ヒルズへの移転当時、まだ全フロアが埋まっていなかったためか、多少値引きされて坪単価が確か4万円/月くらいで、 毎月1000万円くらいの家賃 を処理していた(事件後は自分が請求書処理担当だった) 高いと思うかもしれないが、近くのマンション(レジデンス)が200万/月の家賃の部屋もあるというの

書きかけのストーリー

banakemi Tさんにもっと聞きたい話リクエストする

|