STORYS.JP

あああ ううう

あああ うううの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

あああ うううの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

中野 晃子
355

12歳のときにインターネットとロリポップに出会った話、そしていまのぼくとペパボの話

「もうテレビを見てはいけません。」 父はぼくと1つ下の弟に無慈悲に告げた。 だが理由は明確だった・・・「世界まる見え」が終わったらテレビを消しなさいと何度も告げられていたのに、「世界まる見え」が終わった後の、なんとなくオトナな雰囲気のティーヴィープログラムに僕らは抗えなかったのだ。 ぼくは絶望した。 だってここは青森県南部の、人口1万人前後の小さな町。 小学校のクラスメイトの話題なんてほとんどがテレ
太原 大助
143
1

SEO内部対策のみでビッグワード1位を達成した話

新規ドメインで1年以内にビッグワードで1位を目指すことに ウチの会社で定期的に開催しているWeb集客の勉強会。 (↑セミナー会場として利用することがある、紀尾井フォーラム) 2012年11月の出席者の中にひときわ上品そうな男性がいた。 聞くと「レンタルサロン」なる事業を始めたいとのこと、その集客をWebでやりたいということで勉強会に出席してくれたようだった。 森さん 今度レンタルサロンを始めたいと思
m m
694
11

クラスでハブられ、恋愛依存、就活全敗コミュ障の私が、国の「IT講習会」のおかげで就職できた話

キモイと呼ばれハブられた中学時代 一人でお弁当を食べていた高校時代 恋愛ごっこの短大時代 自分の人生を否定された面接 失恋 IT講習会との出会い やりたいことを見つけたフリーター時代 現在、そしてストーリーを書いたきっかけ おまけ キモイと呼ばれハブられた中学時代  1995年。  楽しみにしていた「技術・家庭科」のコンピュータの授業で、私の 「ハミ子」 (仲間はずれ) は決定的なものとなった。  
Sasajima Kayo
279

アメリカ人元貴族との異次元交流(2)

 そして気分が高揚したままロスに飛びました。  さて、ビバリーヒルズへのふわふわした旅行記のように仕上げるよりは、そこで交わされた会話を通して、私の中の日本的価値観と何が違ったのか、そのあたりに焦点を絞ってお話しようと思います。結果的に私の失敗談が中心になりますね(笑)。 (1)他人に足の裏を見せちゃいけない  ビバリーヒルズの邸宅に到着し、作家ご夫婦は笑顔で歓迎してくれました。まず邸宅の中のすべて
笹嶋 政昭
174
12

イスラエルに行った時のこと

 入国時は国賓待遇、出国時は一般旅行者待遇。この差は大きすぎます。  もう4年近く前の話です。自営時代に知り合った元経済公使で、現在の政府の局長さんの人と知り合ったことがきっかけでイスラエルとご縁が出来ました。  最初、イスラエルのハイテク産業の導出先探索のお手伝いみたいなことをやっていたのですが、そのうちにお手伝いを超えるお付き合いに。もちろん怪しい付き合いじゃないです。  自営から会社勤めになっ
笠井 レオ
3242
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
阪口 ユウキ
40316
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)

書きかけのストーリー

あああ うううさんの書きかけのストーリーはありません

あああ うううさんにもっと聞きたい話リクエストする

|