STORYS.JP

Abeshi Abelog

あべしの人生のストーリー
埼玉出身、85年生まれの元インフラSE。鬱病になり2014年5月末会社を退職。本を読み、動物たちと暮らすを目指して、ゆっくりですが、サスティナブルな生き方を構築中です。2016年に福島県に引っ越しました。ブログ『あべろぐぷらす』の中の人。BASE『しょくぱんかっふぇ』店長。いつか羊飼いになる日を夢見て活動中。
https://abeshi-syokupan.hatenablog.com

ストーリーをリクエストする

Abeshi Abelogの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

い のりこ
446
6

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

       それは桜の蕾がほころびはじめた三月、転勤の辞令がおりた時のことだった。 私を心配してくれている人達からのメールが届いた。 「異動先にB子さんいるよ。私が知っているだけでも、彼女と働いてうつ病で休職した人が一人、退職した人が一人いるから、気をつけて。何かあったらすぐ連絡してきてね。」 またA子さんについては、一緒に働いたことがある人の体験談を集めて、匿名にして転送してきてくれる人まであら
青峰 隆
262
14

青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(最終話)

青い空の下 青に囲まれながら 青Macで → 第一話 → 前回の話 財布を買ってから1年後、海外移住しました 結婚式が終わって 海外移住が決まって 新婚旅行へ行って 両親や友人に報告し すぐに移住と行きたかったのですが 会社に迷惑はかけたく無いと 引き継ぎを3ヶ月かけて行い 2012年8月31日。海外移住をしました。 青い財布に変えたのは 2011年8月1日。 財布を変えてちょうど1年程の出来事です
小宮山 由子
36

うつ positive. ④ 思うがままに過ごしてみたら…

マニュアル通り過ごす生活、というものが私にはハードルが高く再び引きこもってしまった。 外に出れない、というか 出たくない。 人に会えない、というか 会いたくない。 何かをしたい、というか 何も出来ない。 あまりにも無気力すぎて不甲斐なくて、ただただ一日の大半を泣いて過ごしていた。 去年の秋に産まれた姪と同じくらい、よく泣く。ならば、いっそ赤ちゃん返りしてみるか。 0歳児から人生をやり直そう 今日から
柏木 祥太
210
1

進学校に通っていた男子高生が、ドロップアウトして上京しフリーランスエンジニアとして働く話。(2)

プログラミングとの出会い もともと小学校を卒業する前、中学受験の為に学校を休みまくってて若干の引きこもりがちだった僕は、親父からWindows98(当時Windows Vistaが発売された頃だったのでかなり古い...)のノートPCを譲り受け、それでCDを聞いたり、Excelを触ったりして楽しんでいた。 小学校卒業後の春休みは受験期の反動もあり、ノートPCをひたすらいじっていた。そんなある日、Exc
Sakai Tomoko
3299
21

高校生で脊髄損傷になって、軌道修正した夫の人生

事故 高校2年生の夏休み、アルバイトの帰りに友人とバイクで走っていたとき、青で直進していた夫の前に工事現場からトラックがバックで出てきた。雨の夜だったためにトラックが出てきたのがよく見えなかった。ブレーキをかけたが遅く、トラックに突っ込んで下にもぐり込んだ状態で止まったらしい。1週間意識不明で、事故から1週間後に病室のベッドで目が覚めた。ケガは胸椎の骨折のみで、内蔵へのダメージはなかったらしい。目を
小財 優祐
57
1

エアギターで半年生活してみた件wwぱーと2

本業えあぎたー 最初は エアギターをやるにせよ おいら 週2、3回やってまぐれでお金もらえたらいーや! という軽いノリだった。 おいら まさかこれだけでメシが食えるほど世の中甘くねーよなww と。笑 しかーし。 楽曲(がっきょく)に合わせてエアギターをやっていくうちに どんどん 楽しく なってしまい おいら こうやって(空想上の)ステージで目の前にいる人に感動を与えているオレはカッコいい!! という
小財 優祐
211

エアギターで半年生活してみた件ww

みなさん。こんにちは! 私の名前は小財優祐(こざいゆうすけ)です。 Twitter @yskoza1116  Facebook Yuhsuke Yusuki Kozai 私は昨年オーストラリアにワーキンホリデーとして一年間滞在しておりました。 そこでの経験を少し述べていきたいと思います。 私は半年間路上でエアギターをしていました。 こーんな感じ。 ハッキリ言ってこれは カネでは買えない経験だった。
Shinohara Lisa
47

【11】パニック障害と診断された私が飛行機に乗って海を渡り、海外で4年暮らしてみた話。

【11.まだ帰れない】 仕事仲間であり、仲良しの友達だと思っていた人と絶縁状態となり、しばらく落ち込んだけれど、周りの友人に あなたが間違ってたわけじゃない、と励まされ、私のワーホリ生活は滞りなく順調に過ぎていった。 長く働くにつれ、任せてもらえる仕事は増え、ただのクリーナーだった私は、気づけばレセプションを任され、リッキーもマネージャーも不在の時は宿とカフェバーの経理までやっていた。 最終的には、
原田 弾
748
4

無職だった僕がまとめブログを始めて年収2500万まで上り詰めた話

小さな広告営業の会社で一サラリーマンとして働いていただけの僕が、会社を辞めてから2ちゃんねるのまとめブログをはじめたことで現在年収2500万円を稼ぎ出すことができるようになった話です。 高校卒業、就職へ 2009年に福岡県の高校を卒業した僕はそのまま地元の社員80人ほどの広告営業を営む会社に就職していた。大学に行くより就職したほうがいいと意気込んで就職活動をしてみたものの偏差値50ほどの高校の高卒で
木藤 勝則
109
14

続!病気に負けない!!2部

支えられているから生きていける!応援してくれるから前に進める!! 私のメッセージを沢山の方々が拝見くださって感謝しています。ほんとうに嬉しいです。この世に生を授かってから平凡な毎日を過ごしてきました。そして、突然の発病、それまで難病という言葉さえ知らずにいました。そして、身体の障害と色々苦悩しましたが、今はしっかりと受け入れて過ごせるように頑張っています。応援よろしくお願いします。 脱!車いす!!目

書きかけのストーリー

Abeshi Abelogさんにもっと聞きたい話リクエストする

|