STORYS.JP

佐藤 藍

佐藤 藍の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

佐藤 藍の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

迫平 直幸
1204
2

私が大企業での出世の道から下りた本当の理由

(本題では無いのですが) それは、 30代・40代のビジネスパーソン(≒一定のキャリアや立場がある者)だからこそやるべきことがあるだろうと思ったのです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は40代を目前にして、 自分の遺産は1000年先までは残らないが、生き様や考え方は家族や子供、 その子孫によって受け継がれていくだろうなと思いました。 (自分だって、知らず知
Yoshimura Naoya
226
6

18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(後編)

駅のホームの立ち食いうどん屋さんで、注文してないのに出てきたおでんは、いままで食べたおでんの中で一番、美味しいおでんだった。  あのあばちゃんに会ってからも、僕はなんだかパッとしない気持ちの沈んだ日々を送っていた。  なんでこうなったんだろう。覚悟したのにストイックを貫くと決めたのに、そうもうまくいかない。とりあえず、講師がいうような予習とか復習とかはし始めたし、なんだかんだ勉強はするようになったけ
Kinoshita Izumi
285
11

大学入試前日にヒキオタニートの兄からもらったクリアファイルが宝物になった話

「ヒキオタニート」になって戻ってきた兄 私には3つ年の離れた兄がいる。 現在26歳、地元で不動産関係の小さな事務所で毎日遅くまで働いているが、 つい2年程前までは兄はいわゆる「ヒキオタニート」であった。 高校卒業後、東京の有名私立大学に進学し一人暮らしを始めた兄は、 勉強やサークル活動もそこそこに誰にも邪魔されない自分の城でオンラインゲームにハマるようになった。 ずっと家に引きこもっているものだから
神谷 純平
1222
22

”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

今日も一日、はじまるのか・・・ やっぱりつまらない。セブンイレブンで朝食を買う日課をこなしながら感じていた行き詰まり この仕事を続けている以上、毎日電車に揺られて同じ職場に行く日々が見えている。 やったら出来る。 日本で一番の営業成績。 そんな安心感と、華やかに見えていた生活も、これから出逢うある人から見ると、私の人生は完全に終わっていました。            ある人 (画像はイメージです。)
Yamada Risako
1453
20

偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

=================================== 「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」 家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る 「私がスーパー馬鹿だった時の話」 =================================== ◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D 」◆ それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母
古谷 紘司
145
2

学生時代、食べる物に困っていた時に触れた人の優しさ

学生時代に下宿して一人暮らしをしていた頃、学生の傍ら俳優の養成学校にも通っていた。 生活はそれなりに充実していたし学校も楽しかった、でもとにかくお金がなかった… 養成所の月謝や飲み代、遊びやらでお金を使い果たした翌月に残った食費は1ヶ月で1万円。。。 一日の食費が300円… とにかく切り詰めた。安いお米を買って炊いた、今まで自炊した事のなかった僕が炊いた。 一パックで5袋入っている298円のインスタ
中村 珍晴
446
3

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

19歳の夏、僕は首を骨折し、首から下の動きと感覚をすべて失いました。 -------------- 9年前、僕は大学に入学しアメリカンフットボールを始めました。 進学先に体育学部を選択するくらいスポーツが好きだったので、すぐにこの競技の魅力に惹かれ、無我夢中に練習に取り組みました。 そして、2007年9月1日、デビュー戦を迎えます。 前半が終わり14-7。僕らは7点差で負けていました。 「まだ逆転で
伊佐 美奈子
437
7

大学2年生、あなたは戦争に行くと決意できますか? ~55年歳の差の父から学んだこと~

私の父は大正生まれ、昭和、平成を生きた人です。平成14年に86歳の時に亡くなりました。 そして、当時の沖縄からは珍しく、10代の時に上京し、早稲田大学在学中に出兵し、満州、ロシア、カンボジアを経て、インドネシアにいたときに終戦を迎ました。   私は父が54歳の時に生まれました。(私は父との血の繋がりはありません) 父が55歳、私が1歳の時、養女として、伊佐家にやってきました。   父は小さいころの私
Sasaki Shin
2809
27

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

最近は就職活動が本格的になってきているようですね。私はリクルートという会社に勤めているのですが、ビル内でもリクルートスーツを身にまとった学生さんをたくさん見かけるようになりました。 そして同時に、学生さんから「リクルートについて話を聞かせてください!」とOB訪問のようなものを受けることが多くなりました。しかし、私はまだ26歳の新米ビジネスマンです。そう多く語れることもありませんし、良いアドバイスもし
KaDota RyoSke
289
2

現在弱冠18歳。高校2年の時に精神的に『目覚め』て人生が激変した人間のお話。

みなさんは、何をもって 『人生が変わった』と定義しますか? みなさんは、何をもって 『自分は幸せだ』と認識するのですか? みなさんにとって 『最高の人生』とはなんですか? この文章で語る『目覚め』とは、 『悟り』のことではありません (悟った人間はたくさん知っていますが…) 言葉にするなら 『自分の世界は自分が創っている』ということを身体で理解する、といったものです。 ……。 挨拶が遅れましたね、

書きかけのストーリー

佐藤 藍さんの書きかけのストーリーはありません

佐藤 藍さんにもっと聞きたい話リクエストする

|