STORYS.JP

石川 茜音

石川 茜音の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

石川 茜音の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kato Yuki
20065
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進
寳槻 泰伸
102
1

「耐える力」から「ワクワクする力」へ

「勉強がおもしろくない…」 誰もが感じたことのある不満だろう。 朝から晩までせっせと取り組んで、そのくせ将来役立つかもわからない。「だったらせめて面白かったら良いのに」と、誰もが不満を抱くもの。 それが「勉強」だ。 実際にその不満はデータにも表れている。 文科省が実施したアンケートによると、「勉強が好きか?」という質問に「嫌い」と答える割合は、小学生で半分以上、中高生で
ねこ ねこ
17

精神病と呼ばれて。また精神病の自分が結婚した事について。②

 俺たちは激しく恋愛をした。お互いが初めて出会った異性のように激しく求め合った。 親は猛反対をした。精神病で何も出来ない俺が結婚等とんでもないと。また発病するかもしれないと、親は断固反対の姿勢を崩さなかった。 その反対の意味は、離婚した後でようやく分かったのであるが、当時の俺は薬を辞め、断薬して一般就職した。 あるチェーンレストランの店長候補として入社した。そして入社して試用期間が終わったと同時に入
山崎 理恵みりえ
316
16

22歳で無計画に会社を辞め、無資金で学習塾を開いた、【無謀女子な結末】は○○

星が落ちてきたわけでも、 胃の弱いお局様に意味のないことをねちねちと言われ続けたわけでも、 前頭部がまるで発光しているような上司に セクハラされたわけでもない。 ただ、 みりえ あきた。 【☆彡1、ただ、あきた】  30年前、その頃ちょうど男女雇用均等法なるものができた時代だった。  女の子は短大に行くのがふつうで、その後事務OLになるのがあたりまえだった。  短大を卒業して勤めたところは、会社の頭
Miyoshi Hirofumi
657

不安の解消について~22年間自分探しを続けた私~5

これが,私が見つけた不安の正体です。恐ろしいことだと思います。 私は,かなり危ないところまで,思考を暴走させ,自分を追い詰めていました。このことに最初に気づいたときは,思考は悪魔の化身のように思えました。私を惑わすひどい存在のように思えました。 しかし,そこからよくよく見てみると, 思考自体はただのお節介ないい奴なのです 。どちらかというと,悪かったのは思考に頼りすぎていた自分だったということがわか
Miyoshi Hirofumi
710

不安の解消について~22年間自分探しを続けた私~3

続けながら少しずつわかってきたことがありました。 まず,今の私の問題は,何らかの技術(テクニック)では通用しないと言うこと。一つのテクニックはある想定された状態であれば有効ですが,ほかの場合では役に立ちません。必ず例外が生まれます。 私には,技術ではなく実感(気づき)が必要だと思っていました。 そして,これまでのやり方とは,何か根本的に違うあり方が必要でした。 その後,私はある先生と出会うわけですが
Azuma Y
965
13

どうしたら、ビバリーヒルズに住めるのか?ビバリーヒルズの住民にインタビューした。

気付いたら、ビバリーヒルズに住む富豪のメルセデス・ベンツに座っていた。 この記事は、自分のブログに転載いたしました。 下記リンクがその記事になります。 よろしければ、下記から読んでみてください。 「Be Excited」 人が面白がってくれるコンテンツを発信していきたい。 記事はこちら
Matsui Takahiro
154

自分の人生を真剣に生きたケンちゃんと、不真面目に「とりあえず」生きている僕の話

2006年6月のある晩、なぜか体が重く、部屋の中で動けなくなりました。特に体調が悪いわけでもなく、ただ動けませんでした。もうどうしても動けないので、その晩は早めに寝ました。 大学時代、僕にはケンちゃんという友達がいました。 ケンちゃんは、同郷の友達で1994年に進学のため上京した僕たちよりも一足早く、ミュージシャンになるために高校を中退して東京に来ていました。とりあえず高校卒業、とりあえず大学進学と
Love Juri
363
6

ナイジェリア人の旦那の為にアメリカの警察と戦った勇敢なる日本人妻

ある日の朝方3時半頃に車の警報が鳴り始めた。ナイジェリア人の旦那は自分の車の警報だと気付くとベッドから飛び起きた。するとなんとベランダの真下に駐車してある愛車から怪しい男がスピーカーを盗もうとしていたのだ! 旦那は直ぐに警察に電話をかけた後犯人を捕まえようと思ったのかアパートから飛び出て行った。私は当時3歳の息子が眠っていたので警察もくるし大丈夫だろうと様子を見守っていた。 しばらくすると警察が来た
小俣 智子
659
34

31歳で獣医をやめなんとなく絵を描き始めてから家賃0円のクリエイターズシェアハウスに受かるまでの話

日の当たる広めの部屋で画材や作品を十分に置くことができ、2メートルくらいの大きな絵が描けるアトリエがあって、1階の窓を通じて外からでも作品が見られるようなスペースがあったらいい。東京23区内で、川のそばがいい。人が遊びに来た時にゆっくり話せるようなリビングがあって、おしゃれな内装だといい。 しかもタダで。 そんなささやかな妄想が叶ったのは2014年6月だった。家賃0円のクリエイターズシェアハウスTO

書きかけのストーリー

石川 茜音さんの書きかけのストーリーはありません

石川 茜音さんにもっと聞きたい話リクエストする

|