STORYS.JP

Uehara Akari

Uehara Akariの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Uehara Akariの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

黒川 彩子
71

【おしゃべりな胎児 〜エピローグ〜 】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

楽しい妊娠生活だったー♪ 気がついたら妊娠初期から臨月まで、 常に胎児とのコミュニケーションを取りながらの妊娠生活になりました。 おしゃべりな胎児ペルたん は 時に主張が激しく 時に優しく見守ってくれたり 寂しがったり ママを怒ってくれたり お調子者だったり かと思えばまるで神様のようだったり。 いろんな顔を見せてくれて(実際の顔は見えていなくても)飽きることはありませんでした。 でもずっと同じだっ
黒川 彩子
42
1

【おしゃべりな胎児 番外編 ~そんなことより~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆番外編◆ ~そんなことより~ 胎児の時のペルたんとの私のおしゃべりは "破水スイッチ" の時が最後となりました。 分娩中は対話するというよりも 陣痛に痛がりながらも不思議とペルたんの動きや様子を感じられるような気がしていました。 「今は様子見てる感じだな~」 とか 「あっ今は進もうとトライしてる!」 とか。 でもいつものようなペルたんとのおしゃべりという形ではなかったので お産中・お産を終えてどん
黒川 彩子
31

【おしゃべりな胎児22 ~うまれる~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第二十一話◆ ~うまれる~ 胎児(ペルたん) もう、いいでしょ おしゃべりな胎児による ”破水スイッチ” で始まった出産。 陣痛開始から分娩までは約6時間半でした。 初産で6時間半というと一般的には安産な方とも言われますが 楽なだけのお産ではありませんでした。 本当に本当に、ペルたんと私の身体が一体になるのを体感しました。 破水が起きてすぐに始まった陣痛。 助産師さんを含め、お産のベテランさん達に
黒川 彩子
44

【おしゃべりな胎児21 ~もう、いいでしょ~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第二十一話◆ ~もう、いいでしょ~ 夫 俺、今まで子供が嫌いって言ってたの 嘘だったかも。 俺、子供好きだわ。 私 えぇ〜〜〜〜〜っっ!!? それまでずっと子供が苦手と言い続けていた夫が突然言い出した言葉に 臨月の私はここで破水しちゃうんじゃないか!というほど驚いたのです。 夫は付き合う前から子供が嫌いで 「子供は欲しくない」 と公言していて 私と結婚したことをきっかけに 「子供はいてもいいかも」
黒川 彩子
38

【おしゃべりな胎児20 ~あとはママの準備だけ~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第二十話◆ ~あとはママの準備だけ~ いよいよ 正産期 に突入し、母子ともにいつ産まれても大丈夫な身体になりました。 最初の検診で 予定日 とされた日は約2週間後ですが お腹もパンパン、重さMAXです^^ これまでずっと早く産まれたそうにウズウズしていたペルたんが どんな感じなのかというと… 意外や意外、割と落ち着いています。 胎動は今でも元気にグニングニン動いているし 身体も大きくなっているから
黒川 彩子
39

【おしゃべりな胎児19 ~うまれてからも一緒だよ~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第十九話◆ ~うまれてからも一緒だよ~ あと2日で正産期(早産にはならない時期)に突入しようかという夜。 こうしてお腹の中でグニグニ動く感覚ももうすぐ終わりかと思うと お腹の胎児とおしゃべりする時間がなくなるのかと思うとやっぱりちょっと寂しい。 これまたセンチメンタルな気分に浸っていました。 臨月に入ってからはしょっちゅうこんなだったものだから ペルたんに寂しがり屋だとバレるのでしょう^^; 予定
黒川 彩子
48

【おしゃべりな胎児18 ~何のために生まれてきたの?~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第十八話◆ 〜なんのために生まれてきたの?~ 私は妊娠してからずっと眠気が続いていましたが 特に臨月に入ってからは、昼も夜も眠くて眠くて。時間があれば眠ってばかり。 その代わりに 逆に夜の眠りが浅かったりするのでなかなか寝付けなかったり。 出産後は夜も頻繁に授乳をするというし もしかしたら産後のためにカラダが準備しているのかもしれないなぁ。 寝付けない日はいつもペルたんが話し相手になってくれます。
黒川 彩子
59
2

【おしゃべりな胎児17 ~焦ってるのはだぁれ?~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第十七話◆ 〜焦ってるのはだぁれ?~ おしゃべりな胎児ペルたん とのちょっぴり不思議でおもしろおかしい共同生活を積み重ね ついに臨月に突入しました。 臨月に入ったとは言っても 助産院での分娩が可能な 正産期(37週~41週) に入るのはその翌週から それよりも1日でも早くなると 「早産」 に分類されるので病院での出産になります。 胎内記憶の研究では 赤ちゃんは自分の産まれてくれるところも産まれ方も
黒川 彩子
85

【おしゃべりな胎児16 ~ペルたん、〇〇に反応する~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第十六話◆ 〜ペルたん、〇〇に反応する~ ペルたんの出産は助産院でした。 助産院での出産は医療行為が行えないため、最初から何らかのリスクがあれば、そして途中で何かリスクが出てきた場合も病院での出産になると決められています。 私は基本的には引っかかっていなかったのですが、 "注意事項"の一つとしてあげられる「 低身長(身長150cm以下) 」に当てはまってしまっています。 助産師さん そろそろ総合病
黒川 彩子
75

【おしゃべりな胎児14 ~自分のうずから外れてるだけ~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第十四話◆ 〜自分のうずから外れてるだけ~ 妊娠9ヶ月 に入る頃になると 私自身の意識がどんどん自分の内側に向かっているのを感じていました。 心も身体もいよいよ出産に向けての準備を整える時期に入っていくようでした。 どういうことかというと 例えば今まではこまめにチェックしていたSNSやブログが以前ほど見ていられなくなっていったり。 テレビも見たくなくなったり。 産休に入って時間はあるにも関わらずな

書きかけのストーリー

Uehara Akariさんの書きかけのストーリーはありません

Uehara Akariさんにもっと聞きたい話リクエストする

|