STORYS.JP

鈴木 亜紀

鈴木 亜紀の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

鈴木 亜紀の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

室田 泰文
7

自分が『自分』でいられるのは、、、~愛あればこそ~ vol.5「受け止めてあげる存在に!」

誰でもOK! ここまで述べてきたとおり、自分にとって『あるがままに受け止めてくれる人』の存在は物凄く大きな意味を持っていました。 『受け止めてくれる人』は身近な人であるのが一番だと思いますが、実は誰でもOKです。たまに会う近所のおじいさんなんかでも大丈夫です。そして、、、生きてさえいない人でもOKなのです。心のなかには生きているというやつですね。 そして更に、人でなくてもOKです。というよりもむしろ
室田 泰文
12

自分が『自分』でいられるのは、、、~愛あればこそ~ vol.4 「まずは自分がやってみせる」

まずは自分がやってみせる 説明してもなかなか理解してもらえないことも多いかもしれません。そこで面倒になり、投げ出したくなるかも知れません。でも、、、そんな時に自分はこう思ったのです。 「あれ?わからないのかな?それは寧ろ面白い!」 説明して理解してもらえなかったとしても、実際にやって見せて「ビジョン」を共有できれば理解してもらえることは多い です。そのプロセスって凄いやりがいがあるんですよね!自分が
円山 嚆矢
418
5

『早稲田出ててもバカはバカ』投稿→電子書籍出版→大手出版社紙書籍化まで1年間の地殻変動 

商品紹介 http://www.amazon.co.jp/dp/4835628462 しがないサラリーマンに起こった2015年の地殻変動。 storys.jpに投稿してから今まで、怒涛のような1年間を振り返る。 誰にも語れなかった過去・・・ この度、「ぴあ」さんから出版する本の内容はこれまで家族にも友人知人にも絶対に語ることができないトップシークレットでした。 私は生まれて初めて仮面を外し、ありのま
Miyoshi Hirofumi
93
3

死んだ人のために生きる人たち

最近、戦争の特集番組を、NHKの深夜にやっている。 今年は終戦から60年だが、それほど戦争の話はなかった気がする。 先日は、沖縄戦の特集だった。 本土決戦までの時間稼ぎとして、地元の人を総動員させての総決戦となった沖縄。 アメリカに投降せず、洞窟で自決した多くの命。 ある女性が出演していた。 彼女の父親は、アメリカに投降していた折、残存した日本兵からあらぬスパイ容疑をかけられ、惨殺される。短刀を何本
Tommy 1031
1152
21

霊視で前世は〇〇な人と言われ、ネットで探してみたら実在しててギョっとした話

もし、あなたの前世がわかると誰かに言われたら、あなたはどう思うだろうか。 大抵の人は知りたい、と思うのではないだろうか。 本当かどうか、もちろん確かめようはないけど、でもちょっと聞いてみたい、って。 そんな軽い気持ちで聞いた自分の前世と言われた人物が、まさか Wikiに載ってる なんて、誰も予想できなかったに違いない(笑)。 そしてまさか、前世の魂と共鳴する体験をすることになるなんて、思ってもみなか
Kurosawa Yuko
635
16

お寺で育った幼少期、異国での日々、3.11での被災、ライターで食いつないだ東京でのじり貧生活...こわがりだった私の半生の中で、唯一ゆずれなかったもの

黒澤優子。 子供のころの夢は、作家になること。 それは、自分のイメージとして、ずっとあったこと。 だけど、どうやって作品を書いていいのか、 どうやって作家になったらいいのか、 まるでわからなかった。 ◇ 見ためもふつう、勉強もふつう、運動もふつう、 平凡を絵に描いたような子供だった私の、 唯一の特徴といえば“こわがり”だということだった。 そんな私が生まれそだった場所はお寺。 母の実家もお寺で、寺
Mami Yamazaki
729
23

地元から一歩も出たくなかった私が石垣島への移住きっかけに人生が様変わりした話

【引越し編】 1。ふられた まず、私がこの話で伝えたいことを書いておく。 ひとつめは、 何かを失うことはこわくないということ。 ふたつめは、 環境が変わることもこわくないということ。 みっつめは、 付き合う人が変わると世界が広がるということ。 私はあと半年で30になる冬。当時4年くらい付き合っていた彼氏にふられた。 ちょうどその頃、弟の結婚が決まっていた。 私はとにかく気を紛らわせるため、仕事とバイ
Mami Yamazaki
869
55

「思考の現実化」を身をもって体験した話

1。開き直ってみよう! わたし 好きなことしかしない!! 好きな人としか付き合わない!! ずっと旅が好きだったわたしは、正社員という安定を捨てて、 常に派遣とバイトというダブルワークに勤しんでいた。   しかし30歳をすぎたあたりから、 私はいつまでこんな不安定な生活を続けられるのか? という不安が常につきまとった。 家族の”不良債権”感がどうしても抜けない。 ひとつ下の弟は立派に家庭を持ち、両親と
mamita .
439
6

「時間を持つ生き方」ゲーム会社で4年働いた後、23歳で大学生になった

私の【20代前半に、してよかった生き方】は社員から大学生になって「時間を持つ生き方」をしたことだ。 23歳ぴかぴかの大学1年生。ストレートで入学した同級生とは5歳差。 まだ青春間に合う!とギリギリで駆け込んだ大学で、やっとのこと、遅いモラトリアム期間を得ることができた。もし私があのまま会社員として働き続けていたら、ものすごく歪んだ人格と、面白みのなく暗い人生になっていたことだと思う。 大学に入る前に
室田 泰文
59

『本当の想い』に気づいてないから悩むんだ! ~気持ちが切り替わることで症状さえも引っ込む~

わざわざ 千葉県から高校1年生(Y君)が一人でビヨンド自然塾の 個別指南 を受けに やって来てくれました。同じ境遇で悩む方などの参考になればとの思いで、ここで紹介させて頂きます。 ちなみに個別指南は家庭教師程度の料金を徴収させて頂いております。 (幸せになるための根本的支援に関しては無料でさせて頂くことが多いですが、お客様自身で学べるようなことに関しては有償で支援) 片道三時間かけて、しかも安くはな

書きかけのストーリー

鈴木 亜紀さんの書きかけのストーリーはありません

鈴木 亜紀さんにもっと聞きたい話リクエストする

|