STORYS.JP

美野 晶子

美野 晶子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

美野 晶子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

長野 亘孝
1006
4

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険④

一番になりたい!なるためには? ①はこちらからどうぞ。 さて、秋から冬にかけて追い込みの時期がやって来た 僕が経済産業省の統計からいくつかの条件を設定して、導き出した業界の長期データが7つ残りました。その中から、実際に詳しく調べていく3つを選び出しました。 それが釘、パン、食酢の3業界を戦後以降の時代の変遷、経営など多角的に調べていきました。 そして、アポをとってインタビューもしていきました。 実際
寳槻 泰伸
3280
110

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
長野 亘孝
1226

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険③

修士論文を書き始めるも・・・ ①はこちらからどうぞ アイムホームのドラマで木村拓哉さんが「すぐ忘れちゃうんで」とよくメモを取るシーンがあります。 ご存知ですか? 僕もいつもメモ取っていました。(同じ後遺症やから、そらそーや!笑) 全ての高次脳機能障害のことはわかりませんが、悪気はなく本当に覚えられないんです。 相手の名前、話した内容、聞いたこと、全てがその場で消えてしまいます。 相手が覚えていても僕
長野 亘孝
1510
10

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険②

脳の障害ヤバいよ!ヤバいよ! それが早い退院を決めた理由でした。 脳の特殊な検査をする西宮の病院で最悪の評価を受けて、 生きる希望がありませんでした。 一般的にはこの検査は2時間もかからないそうです。 でも、この時一つ一つの検査が僕にとっての当時の体感ですよ。 それは、まるで50mの全力ダッシュを繰り返しているようなそんな疲労感でした。 つらすぎでした。 だから、連続で検査できず、中断とやる!を繰り
長野 亘孝
1842
8

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険①

あなたは高次脳機能障害のどんな事を知ってますか? アイムホームの木村拓哉さん演じる「家路久」で少し知っているかもしれませんね。 例えば、新しいことを覚えられない。過去5年がわからない。人とのつながりがわからない。 そして、1話ごとに鍵を通して記憶が戻っていく・・・そんなケースもあるのかもしれません。 ただ僕の場合、過去をほぼ失いました。めちゃくちゃ色んな能力が落ちました。 それから、この事故のストー
Handa Naoto
50094
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
櫻井 ジュン
425
1

ぼくは霊能者 霊能者への道

足の先から頭のてっぺんまでスピリチュアルな男櫻井です。 前回の「力が目覚めた瞬間」からの続き・・・ ドラマのような・・・ アニメのような・・・ そんな事が日常に起きた「修行」の日々を纏めました。 突然変異から・・・ 見える・聞こえる・話せる! これが日常生活だと生活ができない。 何かに追っかけられたり・・・ ついて来られたり・・・ 突然話しかけられたり・・・・ これをコントロールする方法はないのか?
中山 祐次郎
6817
44

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA

書きかけのストーリー

美野 晶子さんの書きかけのストーリーはありません

美野 晶子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|