STORYS.JP

Tsuruta Akiko

Tsuruta Akikoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Tsuruta Akikoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

阪口 ユウキ
1264
12

異国の街に大好きな恋人を置いてきた。その悔しさを晴らすためだけに起業した話。

こんにちは! WEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は23歳のときに会社を辞め、24歳のときにWEBで起業しました。 25歳のときに出国をして、それから海外を転々としながら、WEBサイトを作ったり、コンサルティングなどをしています。 しかしそれは、 社会にどんな価値を与えようだとか、どんな貢献をしようだとか、そんな立派な理由があってはじめたものではありませんでした。 僕が起
阪口 ユウキ
2832
20

【男が道に迷ったら】とある石油会社の重役に、利根川で鯰を釣りながら教わった人生の指針。

男はな、○○をしていないと、何を見つけることも、何を手に入れることもできないんさ。 こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している、阪口といいます。 今から3年半前、僕は重い鬱病で、半年ほど寝たきりになっていた時期があります。 そのとき、利根川の桟橋で、 とある石油会社の重役である「伊波さん(仮名)」 という方と釣りをする機会がありました。肩を並べて釣りをしながら、 男が道に迷ったときはどうす
阪口 ユウキ
41457
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
阪口 ユウキ
5119
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝
坂元 由貴
408
9

日本の企業、全体的にブラックかもしれない話

    いいかえると、日本の働く環境自体、ブラックなんではないかという話です。 オーストラリアに来て、そう思いました。 海外かぶれ、そう見えます?笑 いや、世界を知るってことは、すばらしいと心の底から感じてます。すてきなすてきな体験です。 早速ですが、なぜ私がそう感じたか、 オーストラリアの労働環境をお伝えします。 その1.  時給がべらぼうにいい。 日本人のワーキングホリデーの人がよく始めに働く場
わさだ なお
1192
6

男が女として生活していくまで物語

【はじめに】 私が初めて性別を超えた人たちを見たのは、TBSでやっていた 上岡龍太郎さんの番組だったと思います。 当時は今と違って報道の規制も緩かったため、ニューハーフが上半身裸で モザイクもなしにお茶の間のテレビに写っていた時代です。 そんな彼女達、ニューハーフは「女装が高じて手術までしちゃった男」 という扱いで、変人、変態扱いが普通でした。  ニューハーフに人権はないのか?  と、聞かれれば、当
近未来なぞなぞ なぞQ
11397
29

ゲイのおっさんにお持ち帰りされた話

当時26歳だった僕は、なぜかゲイのおっさんにお持ち帰りされてしまった。    ※僕はゲイではありません。 ※僕は同性愛否定派・反対派ではありません。 ※このストーリーに同性愛者を否定・中傷する目的はありません。 ☆★☆★☆100万PV突破☆★☆★☆ 本当にありがとうございます!!! この日は意中の女友達と食事の予定があった。 いわゆるデートだ。 19時に仕事を終え、いち早く会社を出る。 向かう先は”

書きかけのストーリー

Tsuruta Akikoさんの書きかけのストーリーはありません

Tsuruta Akikoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|