STORYS.JP

Kita Akinori

Kita Akinoriの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Kita Akinoriの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

足利 忠
102

出張整体師はみた! オフィス内の攻防戦

出張整体で伺う場所というのは、ご自宅やホテルに限りません。 時にオフィス等へ定期訪問といった形もございます。 とある女性営業員さんの多いオフィスにお呼びいただいていたときのお話です。 毎週、ある曜日のお昼過ぎにそのオフィスに伺いまして、空いた会議室に ポータブルの施術台を持ち込み臨時会場として待機して、外回りから お戻りになる営業員さんと、仕事の切のいいところになった内勤や 管理職の方が順番にお受け
大橋 美紀
75

16人生の岐路 / 映画製作が嫌いになったわけ

電車に揺られながら、大学二年生の思い出を振り返っていた。 これまで赤裸々に綴っていたけど、その方向性で大丈夫かなと不安になった。 映画製作については嫌いになったけど理由がしっかりあることを覚えておいてほしい。 正直、苦しかったし、逃げたかった。 けれども、学んだことは多かった。 では書いて行く。 ゼミ制作だけでなく、もう一つ、大きな出来事があったのだ。 記憶から抹消していたから思い出せなかっただけ
笠井 レオ
3242
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Kato Yuki
4718
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが

書きかけのストーリー

Kita Akinoriさんの書きかけのストーリーはありません

Kita Akinoriさんにもっと聞きたい話リクエストする

|