STORYS.JP

阿南 英樹

阿南英樹の肉体改造の知恵袋。筋トレや食事療法などいろいろ学び駆使して30代を乗り切っています。

ストーリーをリクエストする

阿南 英樹の人生のストーリー

私が体を鍛える理由

30代 を迎えたサラリーマン阿南英樹です。年齢は体に出ると言いますが本当に実感しています。20代の身体は本当に動きやすかったし、どんなに食べてもそこまで太る事は有りませんでした。しかし30代になった途端に身体の変化を感じました。元々体を動かすことが好きなタイプだったのでそれなりに鍛えていたから大丈夫と思ったのですが、まず体が途端につるような痛みが走る。特にディスクワークは肩や首、頭等におかしな痛みが

ジョギングの正しい走り方

キツイトレーニングを行っているのに効果が全くでない。そうなるとモチベーションが続かなくなり続行不可能で結局失敗に終わります。しかし、そのキツイトレーニングは本当に正しいフォームだったのでしょうか?正しい時間帯だったのでしょうか?正しい食事をとっていたのでしょうか?実は効果がある裏技等を阿南英樹が紹介して行こうと思います。今回は誰でも道具が無くてもトレーニングが可能な 『ジョギング』 をお伝えしていき

僕が健康オタクになった理由

2017年も体を鍛えていこうと今も奮闘しております! 今日は僕が健康オタクになった話をしていこうと思います。 就職氷河期と言われた中、僕は内定を貰う事に必死になっていました。今だからこそ正直に言いますが手当たり次第に面接へ向かい酷くなさそうな場所(勝手な自己判断です)にとにかく内定を貰えれば良いと思っていました。 今思うと、あの当時はやりたい職に就くことが難しい時代でした。私は営業サラリーマンとして

仕事と筋トレの繋がり

とある実業家の方が「仕事がデキるヤツは筋トレをしている」と豪語している方がいます。皆さん、仕事と聞いてどう思いますか?僕の個人的な意見ですが「ダルい」「面倒くさい」「行くまでが億劫」「到着しても億劫」という気持ちです。もちろん楽しい時も有りますが、波が有るので常にモチベーションが高い訳ではありません。対して筋トレと聞いてどう思いますか?毎日の筋トレが日課になっていない方で出勤前に朝早く起きて、仕事か

ダンベル一個で無限の可能性

 寒い日は無理をせず屋外でトレーニングをする事をおススメです。屋内のトレーニングは腹筋や腕立等をお決まりの動作をルーチンして行います。同じ動作を続けるとどうしても飽きてしまうのが人間です(阿南英樹は飽きます)。人間は道具を使い生活を豊かにしてきました。それと一緒で飽きてしまう同じ動作を繰り返す筋トレで道具を使って豊かに屋内トレーニングをしていきましょう! 【ダンベルの選び方】 まず絶対なのが握りやす

ダイエットとトレーニングの過剰は注意

 阿南英樹の友人には何に対しても持続できない方がいます。毎年、夏間近になると「海行く為に筋トレとダイエット頑張ろう!」と決意して過剰な筋トレやどこから影響されたのかよく分からない偏食ダイエットを行っています。もちろん続く訳もなく、全く変化の無い体型で海へと向かう。本人曰く筋トレをしていたと断言しながら語っていますが変化が見られないので信憑性が無い。見事に酷い内容の筋トレと偏食を行っていました。 大概

全身?部分的?どっちが筋トレに効果的?

筋トレを始めた方は理想の体型を想像してトレーニングをすると思います。その中には全身を鍛える人、部分的に鍛えたい人等様々だと思います。やっぱりキレイな身体を目指すなら全身を鍛えるのが一番だと思いますが、その時に全身をバランスよく鍛える方が良いの?それとも部分的に鍛えて全身を鍛えれば良いの?と疑問に思った事有りませんか? 【全身の鍛え方】 全身を鍛えると言っても動作別でグループ分けをした方が良いそうです

時代が進歩するにつれて筋トレが必要?

今回はもしかしたら更に重要視される筋トレを阿南英樹なりにお伝えしていこうと思います。 筋トレは原始人や太古や戦国に生きる祖先達には必要はありませんでした。身体を動かす生活が基本である為、生きる為に生活をしていけば自然と筋肉が発達していきます。時代が進歩して生活や仕事が変わり体よりも頭を働かせる事が多くなりました。そして食べ物も他国の文化や食材が豊富になり様々な料理が増え続ける豊かな日々・・・ 運動不

身体の症状、実はあの部分と繋がっている!?

肺と心臓のように密接に繋がりがある関係性のように身体のある部分が悪くなると、繋がりある場所も悪くなってしまう。今日はあまり知られていない体内の繋がりをお伝えして置きます。※異論もあり有りますので、完璧に繋がりが無い情報では無いと思うものだけを抜粋しました。 【肩と心臓】 血行不良の症状で心臓との繋がりが深いようです。心筋梗塞も肩凝りが原因でなる場合も有ります。酷い肩凝りは無視をせずに病院へ行った方が

過ごしやすい季節は登山をしてみませんか

季節によっておススメしたいトレーニング法があるとしたら春は真っ先にジョギングやウォーキング、登山をお勧めします。雨が降る事も少なく気温も過ごしやすく、防寒や水分補給に差ほど気を使わなくて良い季節です。ジョギングやウォーキングは均等に筋肉やシェイプアップが可能ですが、どうしても動きが一定で中々距離を伸すようなストイックな調整は難しいと思います。その為、頂上から下山に掛けて目的が定まっていて身体を全身使

身体を柔らかくする利点

「突然ですが、前屈をしてみて下さい」と言われた時「無理」と挑戦すらせずに終わらせてしまう方、いらっしゃると思います。ダイエットをする際、ジョギングなどの有酸酸素運動を行うと思いますが、柔軟運動を行う事で更にダイエットに効率が良い運動が可能になります。 冬はダイエットに適した季節でしたが、もうすぐ春になります。「冬が過ぎたらダイエット効率が悪いから、もうダイエット止めた!」と季節のせいにしてはいけませ

身体を柔らかくする利点

「突然ですが、前屈をしてみて下さい」と言われた時「無理」と挑戦すらせずに終わらせてしまう方、いらっしゃると思います。ダイエットをする際、ジョギングなどの有酸酸素運動を行うと思いますが、柔軟運動を行う事で更にダイエットに効率が良い運動が可能になります。 冬はダイエットに適した季節でしたが、もうすぐ春になります。「冬が過ぎたらダイエット効率が悪いから、もうダイエット止めた!」と季節のせいにしてはいけませ

筋トレと入浴を上手く使いこなそう!

ジョギングや筋トレをした後、汗をびっしょりかいてしまい、一刻も早く温かいお風呂に入って不快な感じを拭い去りたいと思う方は多いと思います。しかし、暫く経ってから入浴をした方が良いと知っていますか?今日はトレーニングと入浴に関する話を阿南英樹がしようと思います。筋トレやジョギングをした後、身体が火照った状態になっています。これは体中の筋肉が炎症を起こしている状態です。この状態で身体を温めないで冷やした方

春はデトックスの季節

冬は筋トレの季節でしたが春は?・・・と、いう事で阿南英樹春のおススメは健康促進の為に『デトックス』はいかがでしょうか?「何故デトックス?」と思う方は多いと思いますが、実は春が旬の食材はデトックス効果が高いのです。冬は体温を高めるために脂肪を付けて凌いで、春は余分なモノをデトックスさせるには適した季節になっています。言い方を変えるとダイエットに適した季節と言っても間違いでは無さそうです。 春野菜の『キ

知っていました?頭のコリ

肩や首、腰等のコリは有名です、頭もこっている事はあまり知られていないようです。実は日常で一番筋肉を使っていると言っても過言では無いのです。食事をする時に噛む動作や眉を上げたり下げたりシワを寄せたり表情を作るのも、瞬きするのも、笑顔や泣いたりするのも全て頭の筋肉を使います。頭の筋肉が皮膚を引っ張り滑らかな状態を保とうとしますがコリが酷すぎると・・・皮膚を引っ張る力が弱まり弛み始めシワの原因となってしま

食事の仕方を改めませんか?

周知している方が多いと思いますが早食いでの食事は身体の負荷が大きいです。何故ならお腹がいっぱいになる量を食べても満腹を感じる前に次から次へと料理を詰め込み食べ過ぎてしまう恐れがあります。フードファイターならその方式で胃などを鍛えると思うのですがプロでもファイターでも無い方は負担が多く、ただ食べ過ぎて中性脂肪を増やしてしまうだけなので注意しましょう。 早食いがダメならもの凄くスローペースで食べれば問題

疲れない身体を手に入れませんか?

疲労の原因は身体を動かし過ぎただけと思いがちですが、実はストレスの蓄積による原因もあるようです。簡単な話ですが、ジョギングが楽しいと思う方とジョギングをやってみたいけどやらない方の意見を聞くと大概ですがその原因が分かります。「ジョギングをすると体力が付くからオススメだよ!」と「他が忙しくて、疲れてしまって出来ない」という双方の意見に対する矛盾が出てきたりします。ジョギングという行為にストレスを感じる

ふくらはぎは大切です!

女性の皆さんも、男性の皆さんもふくらはぎを大切にしていますか?大切にしているならふくらはぎを揉んでみましょう。ここで激痛が走った方・・・大切にしていると嘘つきましたね? 「第二の心臓」と言われるふくらはぎ。筋トレや鍛える事が大好きな方なら絶対に聞いた事が有ると思います。「ふくらはぎは絶対に鍛えた方が良い!」 目立ちやすい上半身を気にし過ぎて「ふくらはぎなんて後!!」と考えてしまう方も多いと思いますが

雨の自律神経失調症に立ち向かえ

春の移り変わりが激しい天候、これから夏が始まる梅雨。雨の日は気持ちがズッシリして憂鬱、そして体調が悪くなる方も多いと思います。雨を降らす低気圧が原因で身体の不調が出てきてしまう方が多いと思われます。 精神的、肉体的にも低気圧がダメージを与えてきます。そのダメージに負けてしまうと微熱が続く、ほてる、多汗、だるい、疲れがとれない、偏頭痛、不眠、動悸、めまい、気分が落ち込む、イライラ、やる気が出ない、憂鬱

この夏は水中ウォーキングにチャレンジしてみませんか?

身体に負担が少なく健康に良いと始めたウォーキング。しかし、意外に腰や背中に負担が掛かってしまい思うように続けられない。だからこそ水中で行い身体の負担を減らして健康や美容の為に継続して行う事ができる水中ウォーキングを行ってみませんか? もちろんウォーキングですので泳ぎが苦手な方も簡単に行えますし、単純な動きなので直ぐに行えます。今日は阿南英樹の簡単水中ウォーキングをお伝えします。 まずは水中にいる時の

言霊『面倒くさい』の話

今回は健康と言うよりも、どちらかと言うとメンタル面の話です。運動不足が続くと体力が落ちて行き、そのまま歳を重ねると身体を適度に動かしていないと自由が効かなくなり、『面倒くさい』と思う事が沢山増えてくるそうです。この『面倒くさい』は言霊になるそうです。『面倒くさい』と呟けば呟く分、次々と『面倒くさく』なる事を増やしていくそうです。 『面倒くさい』に囲まれてしまうと次第に自分の事しか考えなくなります。そ

丹田を意識しませんか?

お腹に丹田という場所があります。へそと恥骨の間と肛門を三角形で結びその中心、腹筋奥にその丹田はあります。その丹田を意識するのと、しないとでは鍛え方や姿勢が違うとされます。これだけだと丹田は筋肉の一部の名称?と思う方もいるかもしれません。実際は筋肉ではなく体内の部位です。 この丹田は普段僕等にどんな影響を与えているのか調べてみると精神的な効果が高いようです。「肝が据わっている」という言葉はこの丹田から

夏は胃腸と体温を守りましょう!

真夏になると外は暑く、屋内は涼しい場所が増えて外に出たく無くなりますね。今日は夏という季節が僕等の体内にどのような影響を受けているのか阿南英樹がお伝えしていこうと思います。 『夏バテ』という言葉があるように、夏の猛暑は身体と精神を怠くさせてしまいます。そして気温が上がると身体が自然と涼しくさせるために汗をいっぱい出します。すると何もしていないのに体力を消耗させてしまいます。何もしていないのに体力が消

読んでよかったストーリー

阿南 英樹さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

阿南 英樹さんの書きかけのストーリーはありません

阿南 英樹さんにもっと聞きたい話リクエストする

|