STORYS.JP

百世 安里

いじめとPTSDの専門家

一般社団法人メンタルサポート・ジャパン 代表理事。
http://mental-support-jp.org/

インプロ+心の傷ケア=トラウマ解凍ワーク
http://www.mental-support-jp.org/#!trauma/comt
即興演劇(インプロ)メソッドを
心のキズにフォーカスしてデザイン。
記憶に直結する五感や体からアプローチする
健康的な演劇療法「トラウマ解凍ワーク」開発者

FBグループ「いじめ対策2.0」管理人
https://www.facebook.com/groups/116463155220816/
いじめへの取組み
http://www.mental-support-jp.org/#!ijime/cuzs

著書(百世瑛衣乎の名にて)
『社会起業家スタートブック』3刷り
『ブログ成功バイブル』6刷り2万2千部
『家事する男の作り方』日経新聞ほかメディア続出、講演多数
『いい妻リセット宣言』
『働くママで、よかった』など
http://plaza.rakuten.co.jp/gomomose/

母親バッシングの風潮に、マザハラ(マザーハラスメント)を造語。
ケータイ小説ジャンル1位。

いじめ被害者支援。
日本学校メンタルヘルス学会会員
日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン会員
日本メンタルヘルス協会基礎カウンセラー

【悩み辞典】 トラウマとPTSDの専門家として、
心の相談にお答えしています。
http://www.nayamijiten.com/profile/profile.php/38454


娘の保育園で、ある家庭の母親からストーカー的ないじめ被害にあい、娘への暴力、つるしあげ、6~7年間に渡る無言電話、嫌がらせなどの被害、警察、検察、裁判(勝訴)、心療内科・カウンセリングを経験した、いじめサバイバー(克服者)です。

いじめによるPTSDで、体と心の変調をきたしました。そこで、「アダルトチルドレン」はじめ100冊近い著書があり、日本を代表する精神科医・斎藤學先生のもとで、PTSD診断を受けて5年間治療、心理療法知識を深めました。

それでも細胞の一つひとつにまで悲しみや怒りが詰まったような感覚が残って苦しかった。
それをぬぐいたくて始めたのが、
演劇(インプロ)経験(20代で小劇団を主催・作演出)を活かして、
心の傷に焦点をあてて設計した「トラウマ解凍ワーク」です。

もっとくわしいプロフィールはこちら。
http://www.mental-support-jp.org/#!profile/c14bm

2009年5月~、ほぼ毎月「トラウマ解凍ワーク」を開催しています。
http://www.mental-support-jp.org/#!trauma/comt

ゲーム的なインプロを活用して、「感情の吐き出し」や「願望の実演」
「傷つき修復」する、安全なワーク。

親子関係・職場の人間関係・性暴力被害など、たくさんの方から
心のキズ(トラウマ)改善に大きな効果と感謝が寄せられてきました。

その喜びの声と使命から、
2012年、一般社団法人メンタルサポート・ジャパン(MSJ)を設立。

傷つき体験のない方向けに、人間関係やコミュニケーション、自己肯定感、チームビルディングの「メンタル・パワーupワーク」もスタート。
http://www.mental-support-jp.org/#!power/c1tgx

NPO団体とのコラボ、企業向け研修をすすめています。


*もともとの仕事はコピーライターを20年、長く執筆業を続けてまいりました。
意識と社会を変えるナビゲーター。

*ツイッターは、原発や社会問題を中心につぶやいています。
https://twitter.com/momose1000


かなり天然ボケな性格です。
人生は、マンジャーレ(食べて)!カンターレ(歌って)!アモーレ(愛して)!で。(^_^)

あ、20代のころ、小劇団やっていました。
いくつかの団体で役者(花椿うてな)とか演出助手をしてるうちに・・・なんか頼られて(笑)
「突撃オムライス」団長としては4本公演。
そのインプロ・メソッドをワークに使っています。若いころやってたことが、こんな風にリサイクルできるなんて!人生ムダじゃないね。

ストーリーをリクエストする

百世 安里の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

馬場 峻樹
198

とある駅で出会った、ダメ高校生とダメ絵描きの12年後 ③ 完結

その後も血液型botのフォロワーは増え続けた。 この時の僕はデザイナーだったが、アパレルの紙媒体ばかりやっていてウェブには疎かった。 Livertyでウェブに目覚める そんな僕にウェブの楽しさを教えてくれたのは  Liverty というモノづくりチームだった。 Livertyの活動の中で出会った鶴ちゃん(現 BASE 代表)の姿を見て、僕はどんどんウェブにのめり込んだ。 (Livertyに関しては
小島 英将
73
1

アニメが人を変えることもあるかもしれないという話。

去年の今頃の話になります。僕は挫折してうちのめされていました。 そこからなんやなんや1年間、一歩一歩を踏み出して、挫折からは完全に立ち直りました。 振り返るといろいろな要因があって、その一つ一つに感謝をしたいのですが、ふと、立ち直るきっかけのひとつに、あるアニメがあったことを思い出しました。 普段なら、なんとなく流す話ではあるのですが、「何がきっかけになるか、わからない。」という教訓?も込めて、この
大貫 恵
10937
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
金澤 はづき
195
7

ネットを居場所として生きる子供達 -ネットで生きた私から-

私のネット人生はこうして始まった。 父はパソコンを修理する仕事をしていた。 そのせいか、私が小学4年生の時点で自分のパソコンを持っていた。 小学校の時はインターネットには繋がってなく、 CD-ROMで英語の勉強をしたり、 アクセサリに入っているカードゲームをしていた。 その頃はそれで十分楽しかった。 けど、段々と物足りなくなっていった。 そして、私は中学に入学した。 中学に入学したら父はインターネッ
宮下 甲子郎
3546
20

学歴フィルターを無視してFラン大学の学生に内定を出した話

「うちはマーチ以上しかとらん!」 人事室室長が顔を真っ赤にして罵声を浴びせてきました。 営業を数年経験した後に、人事部に配属になった私は、はじめこそ上のやり方に従って採用活動をしていたものの、次第に会社のやり方は間違っているのではと疑問を持つようになっていました。 いつも人を見下したような態度をとる東大出の人事部室長は、学歴差別主義者で「学歴と仕事の出来は比例しとる」という考えの持ち主でした。大阪出
徳永 聡
476
6

あのとき、伝えられなかったけど。

受託Web制作会社でWebディレクターとして毎日働いている僕ですが、ほんの一瞬、数年前に1~2年ほど、学校の先生をやっていたことがある。 自分が卒業した母校である専門学校の先生。専門学校の、Web学科の講師。なんとなく当時のブログに書いていた日記をここに改めて書いてみようと思う。 あのとき、何が起きたのか。 あのとき、僕は何を考えたのか。 あれから、どうなったのか。 2008年03月10日22:08
笠井 レオ
3229
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
寳槻 泰伸
17626
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
Kuribara Kao
431
12

定時制卒が帝六の博士さまに娶られた話 その2 ~純朴と真面目と偽りのマッチングシート〜

  その1で結婚相談所に入った私ですがその時29歳。  考えてみると定時制高校を卒業して丸10年です。その間におつきあいした人は全くおりません(笑) 2年フリーター、5年学校、3年勤務のその間は今思うと嵐のように忙しく、恋がしたいと思ってもそんな時間も心の余裕もなかったのでした(笑) 唯一おつきあいと呼べるのは高校時代3か月だけ清く正しい高校生らしい(笑)お付き合いした元彼くらいでしょうか?    
石井 琢磨
325
9

一生、下半身麻痺と診断された父との約束

「鉄棒と水泳は俺がもらってもいいか」 父と2人で飲んだときに、言われた言葉だ。 鉄棒と水泳をどうしても孫に自ら教えたい。それを予約させてくれということだ。 父はアクティブでワイルドで、一カ所にジッとしていられない性格だった。 朝から川に行って魚を捕ってきたり、山で何か採ってきたりしていた。 公立中学の教師をしていたが、50代になっても運動会のリレーで走ったりしていたらしい。孫と公園で遊ぶときもダッシ

書きかけのストーリー

百世 安里さんの書きかけのストーリーはありません

百世 安里さんにもっと聞きたい話リクエストする

|