STORYS.JP

水島 青

水島 青の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

水島 青の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

石郷 碧
2422
5

息子が20万人に一人と言われる難病と闘った話。たった9か月間の3人家族だった。

あの時の私は幼すぎてすべて甘かった。息子にこんな思いをさせずに済んだかもしれない。 私が妊娠したのは22歳の時。 妊娠した時はどうしようと悩んだけど、相手も喜んでくれたし、親も喜んでくれた。 でも、そのとき親が改まった表情で「話がある」と言われた。 その話とは兄と甥っ子のこと。 兄は2歳になったとき亡くなった。姉の子どもの甥っ子も1歳過ぎて2歳手前で亡くなった。 そのとき、「もしかしたら病気が遺伝し
Matsui Takahiro
34
2

ストリートチルドレンと我が息子の話

セブのコンビニの前で、息子が飲みきれないで持て余しているジュースを、ストリートチルドレンの男の子がくれと寄ってきました。その手には腐敗して変色したマイス(トウモロコシの粉を加熱したもの)が入ったビニール袋が握られていました。 息子がそのジュースを手渡すと、その男の子はお礼を言うでもなく目の前で必死にジュースを飲み干しました。息子と男の子と僕とでコンビニの階段に腰掛けました。 そのあと、その男の子が「
溝部 拓郎
257
7

資本主義は富の格差を、ソーシャルメディアは幸せの格差を生む。

意外に『詳しく聞きたい!』が押されたので、ぱぱっと書いてみます! SNSがもたらしたもの 皆さん、今日も元気にソーシャルメディアを利用していますか?(^^) Twitter, Facebook, mixi, etc....沢山のソーシャルメディアの台頭によって、私達は世の中の情報を瞬時に共有する事が出来るようになりました。 しかし、とは言っても、ほとんどの人の使い方は、ボストンで発生したテロの最新情
Himeno Sanae
307
1

蛇にピアス(芥川賞)に魅せられて、女子高生が舌にピアスをあけてみる話

(違った意味での痛い話が入りますよ) 二人の書く小説が好き。 2004年芥川賞を受賞した若い女性二人の作品。(19歳とか20歳とか) 綿矢りさ先生の受賞作品は「蹴りたい背中」だが好きじゃないので1作品目「インストール」pickup。 綿谷りさ先生 インストール 映画化:上戸彩 女子高生が、小学生男子に斡旋されて出会い系のサクラのバイトを、彼んちの押し入れにドラえもん並みにこもってやる話。 ドラえもん
山下 昌志
143
4

4年目の3.11に想う、僕が予備自衛官を志すまで

3.11に想う まるで船に乗っているような、ゆったりと長く、奇妙な揺れだった。 大学3年も終わりに近づき、ひたすら家賃の安い家に引っ越そうと決め、不動産に敷金の交渉をしに行った時の事だった。 「東北で震度7らしいです。」不動産の受付の女性が、パソコン画面を見つめながらつぶやく。2時46分、奇妙な横揺れが僕の住む町を揺らした。 幸い震度は4程度でたいした被害も無く、「たまにある、大きめの地震だろう。」
Himeno Sanae
195
1

犯罪心理専攻の私から見る『絶歌』

他: 吉原高級ソープ総額6万の面接体験 太田出版 絶歌 元少年A  酒鬼薔薇聖人 ※以下、読まれていない方には不親切な文章かもしれません。ご了承頂けますようお願い申し上げます。 あなた が子どもを殺されたらどうしますか? 私は現在社会人の20代です。大学時代は犯罪心理である非行心理や、心理検査法である投影法を学んでいました。正直、この事件に関する当時の記憶は・・・ほぼ、ありません。 しかしながら、こ
長野 亘孝
1855
8

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険①

あなたは高次脳機能障害のどんな事を知ってますか? アイムホームの木村拓哉さん演じる「家路久」で少し知っているかもしれませんね。 例えば、新しいことを覚えられない。過去5年がわからない。人とのつながりがわからない。 そして、1話ごとに鍵を通して記憶が戻っていく・・・そんなケースもあるのかもしれません。 ただ僕の場合、過去をほぼ失いました。めちゃくちゃ色んな能力が落ちました。 それから、この事故のストー
重信 誠
347
8

僕の母親はおばあちゃん

今日は母の日ですね。 皆さん日頃の感謝を伝えましたか? 少し照れ臭いけど、感謝を伝えるって素敵なことですよね。 僕は、実家の母親に花を贈りました。 母親って言っても、おばあちゃんなんですけどね。 僕の両親は、僕が小さい頃に離婚して、父方の祖父母の家で育てられました。 厳格な祖父と、優しい祖母。 おばあちゃんは僕の母親代わりとなって僕を育ててくれました。 朝ごはんを毎日作って、学校へと送り出してくれま
石井 琢磨
346
9

一生、下半身麻痺と診断された父との約束

「鉄棒と水泳は俺がもらってもいいか」 父と2人で飲んだときに、言われた言葉だ。 鉄棒と水泳をどうしても孫に自ら教えたい。それを予約させてくれということだ。 父はアクティブでワイルドで、一カ所にジッとしていられない性格だった。 朝から川に行って魚を捕ってきたり、山で何か採ってきたりしていた。 公立中学の教師をしていたが、50代になっても運動会のリレーで走ったりしていたらしい。孫と公園で遊ぶときもダッシ
Masato Miki
361
2

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 4・5日目

 俺の女に手を出すなっ! ヴァネッサが私のうちに来てからもう6日目。 できることなら、彼女との共同生活が永遠に続いてほしい。 しかし、世の中というものは思い通りにはいかない。 私の淡い期待をぶち壊す事件は、突然、勃発した。 貴船神社を後にした我々は、鞍馬山をハイキングしていた。 とても気持ちのいい天気で、しかも同伴者はヴァネッサ。 私は幸せの絶頂だった。 私とヴァネッサがおやつ休憩をとっていると、背

書きかけのストーリー

水島 青さんにもっと聞きたい話リクエストする

|