STORYS.JP

Ann Aoki

Ann Aokiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ann Aokiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

西澤 良磨
82

アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話③

あ〜戻ってきた 4ヶ月ぶりのアメリカ。 って言っても、16時間で着いちゃった。 24時間あれば、世界中どこでも行けそうだね。 便利な時代だ。 アメリカに戻った俺は、日本語を教えるというバイトをやり始めた。 バイトをしながら、空いた時間で情報を求め、インターネットで色んなことを調べていた。 終わったら授業へ。 それから身体を鍛え、バスケをするという毎日。 何一つとして、不自由のない日々。 更に香港人の
Sakai Tomoko
345
9

コネで適当に決まった就職がその後の生き方を変えた 最終回

新たなる夢の実現へ 専門学校2年生のときに、車いすテニスに出合った。これがきっかけで、将来夫となる人と出会うことになるわけだけれど。 8月のある日、有明テニスの森のテニスコートで、国内トップの選手の試合が見られるという情報をもらい見に行った。一般のテニスコートで決勝が行われたのだが、ひとりはいろいろな本でも目にしたことのある、国内ランキング1位のS選手だった。シドニーパラリンピックにも出場したのも知
池上 まさこ
114
3

子持たずの記(6・終)

 明治の初め珍しくもなかったろうが、私の母は兄弟姉妹あわせて九人の、五女であった。幼くて亡くなった姉、結核でなくなった兄、六人目の男の子の出産で亡くなった姉、結婚してから亡くなった弟など、全員が揃って成人した訳ではないが、私には叔父、叔母、いとこたちが大勢あって、寂しい思いをあんまりしないで済んだのは幸いであった。子福者の叔父伯母たちの中で一番若い叔父夫婦だけには子供が無く、父を戦争で亡くした私は、
小泉 憲一
2619
38

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ
亀貝 康明
769

第3回 日本の会社を辞めて中国上海で働くまでの経緯。

僕は4月下旬上海に飛んだ。 大学生の時、僕は初めて海外に行った。 中国北京だった。 電波少年の猿岩石の影響が強く自由に放浪するような旅にあこがれていた。 そのためツアーではなく、地球の歩き方を持って自由きままに仲間と2人旅をした。 そのときの印象、北京はエネルギーあふれる街だなということ、 そして留学してもよい、住んでもよいと思ったぐらい肌に合った。 その後大学在籍中に中国で言えば、上海、杭州にも訪
Suzuki Nana
572
6

【娼婦の少女がみた青い空】父宛に贈られてきた娼婦の少女の物語・父の想い出②

父が仕事でシンガポールへ行った時のこと。   ホテルに戻ると、取引先の会社からプレゼントがあった。 それはなんと、一人の少女の娼婦・・・  よっぽど、日本人のビジネスマンにはそういうサービスが喜ばれると思われているのだろうか。 そう言えば、ずっと昔、バイトしていた時に、 俺の血をひく子どもがフィリピンのどこかにいるはずだ、 などということを、平気で自慢するように話していたオヤジを想い出した。 まった
間部 理仁
3036
57

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
Love Juri
75

嫁姑問題 〜姑との戦争に終止符を打ったペンキ塗り!〜

なにせ私は日本人。 ナイジェリア人の姑は息子にナイジェリア人のしかもイボ族の女性と結婚して欲しかったらしい。お見合い結婚の話も盛り上がっていた時に日本人の彼女が出来た息子が理解出来なかった彼女、怒りのやり場がなかったのか私は息子を出産する1ヶ月前まで彼女に会わせてもらえなかった。というか旦那の住んでいるところも教えてもらえなかった。 これはかなり辛かった。当時結婚していなかったが妊娠していたため不安
室田 泰文
631
10

『好きな事しかしないが、それには情熱を傾ける』自分の性格を人事部の部長が認め、富士フイルム入社後に何でもありになった話~退社までの流れ

このstoryは 『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』 の後編です。 【前回までのあらすじ】 ”好きな事しかしない”ヤスは大学時代、バスケットボールや語学学習(英語やドイツ語など)に明け暮れていた。化学が専攻だったのにもかかわらず、化学に関してはあまり勉強していなかった(その割に大学院まで行っていたが、、)。富士フイルムの入社試験で
平城 寿
381
15

貧乏時代

大人になっていくにつれて、 実は自分の家が『貧乏』であったことを徐々に感じるようになった。 私は宮崎県の生まれだったが、一応一戸建ての持ち家に住んでおり、 クラスの中にはいわゆる『公団住宅』に住んでいる人もいたため、 さすがに医者の家庭とまでは行かなくても、クラスの平均以上の家庭だと思っていた。 しかし、よくよく分析してみると、 ・色鉛筆は手で握れなくなるまで使っている ・靴下に穴が空いたら、糸で縫

書きかけのストーリー

Ann Aokiさんの書きかけのストーリーはありません

Ann Aokiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|