STORYS.JP

Keiji Aoki

現在、フィリピンのセブ島で英会話スクールを経営しています。海外生活、海外起業、セブ島情報、イギリス情報、セブ島留学等、お気軽にお問い合わせ下さい。

ブログ:セブ島で現地ビジネス(ホンネの話)
http://cebuapprentice.com/

英会話スクール:セブ英語倶楽部
http://cebuec.com/

ストーリーをリクエストする

Keiji Aokiの人生のストーリー

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(1)押し寄せる危機感

   2012年の8月1日にイギリスに渡ってから、かれこれ4年9ヶ月が経とうとしている。渡英してから2013年の9月までの14ヵ月間をイギリスで過ごし、その後の約3年半をここフィリピンのセブ島で生活している。いわゆる、「海外移住」というやつだ。「海外移住」、この言葉にはどこか甘美な響きあり、憧憬に似た感情を掻き立てる力がある。引退後は海外に移住してのんびり、こんなことを夢見る人たちも多い。しかし、海

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(2)40歳転機説

 実は30代中盤頃から、40歳という年齢を強く意識していた。人生80年の時代。そう考えると40歳はちょうど半分、まだ半分、たかが半分。ストレートの大卒が22歳で社会に出て、60歳の定年まで働くとして(あくまでも仮定の話)、働くのはたった38年間。そして、その中間地点は41歳。そう、ますます40歳という年齢の重みが増してくる。そして、ある尊敬する経営者の方から言われた一言、「40歳って人生のターニング

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

 実は私が以前働いていた会社には、数人の外国人社員がいた。アメリカ人、スコットランド人、イタリア人。そして、英語が話せる社員も多数。更に、クライアントも外資系やや多め。何故か「英語縛り」の会議に巻き込まれることもしばしば。CCに英語のメールが入ってくることなど日常茶飯事でした。一方、私生活においても、なぜか英語が話せる友人ばかり。中には帰国子女もいましたが、基本的には社会人になってから必要に駆られて

読んでよかったストーリー

Keiji Aokiさんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

Keiji Aokiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|